「つきましては」の意味とは?例文つきで正しい使い方と類語も解説

「つきましては」という言葉は、「~については」の丁寧語として使う場合と、文頭で「そこで」の意味として使う2通りがあります。その違いをご存知でしょうか?

今回は、ビジネスから日常までよく見聞きする「つきましては」の意味と使い方について、例文を挙げながら紹介します。漢字で書く場合の「就きましては」の説明や、「つきましては」と似ている類語表現もぜひ参考にしてみてください。



「つきましては」の意味とは?

「つきましては」には、二通りの意味があります。まずは言葉の成り立ちから、その意味を解説していきましょう。

「つきましては」の意味1:「~については」の丁寧語

「つきましては」は、「~について」「~については」を丁寧にした表現です。「その件につきましては」という風に、話題としている内容を指し示すような場合に使います。

「つきましては」の意味2:文頭で使うと「そこで」「そのため」

「つきましては」にはもうひとつの意味があり、文頭で使うと「そこで」「そのため」と接続詞のようなはたらきをします。「つきましては」は丁寧な表現なので、「そういうわけで」や「従いまして」という風に言い換えられるでしょう。

「つきましては」を漢字で書くと「就きましては」

「つきましては」を漢字で書くと、「就きましては」となります。改まった場でも漢字で書くことはまずなく、「つきましては」とひらがなで表記するのが一般的です。

「つきましては」の使い方と例文


「つきましては」にはふたつの意味がありますが、どう使えばよいのでしょう。ビジネスでの使用について解説します。

「つきましては」は目上の人にも使える

「つきましては」はビジネスシーンで広く使われているように、目上の人にも問題なく使用できる表現です。取引先へのメールでも問題ありません。

ただし、使用する際には、その文章全体が敬語表現であることが前提です。文章全体のテイストをそろえるようにしましょう。

依頼メールでは「つきましては、ぜひ~」

文頭での「つきましては」は、しばしば、何かを依頼する際に使われます。その際には「ぜひ」や「~いただきたくお願い申し上げます」といった表現とともに使われます。

たとえば、

  • 福利厚生の向上を目指しております。つきましては、ぜひ簡単なアンケートにご協力いただきたく存じます。

という風な使い方をよくします。

「その件につきましては」もよく使う

~について、という意味では、「その件につきましては」という言い方も、ビジネスシーンではよく使う定型句になっています。会話でも使える表現で、

  • その件につきましては、別途ご連絡いたします。
  • その件につきましてはただいま調査中です。

などといった表現が可能です。

疑問文での使用も可能

「つきましては」は、疑問文で使うこともあります。たとえば、

  • 下半期の営業目標について部内会議を検討しております。つきましては、都合のよい日程をいくつかお教え願えますでしょうか。

という風な具合です。先に事情や状況を説明した上で、「つきましては」を接続詞的に使っています。

文頭で使う場合は「改行」するのがベター

「つきましては」はメールや文書で使うことの多い表現です。その際、文頭で使う場合には、改行することをおすすめします。

「つきましては」の後にくる内容は、いわば本題です。改行することで、見た目にも分かりやすくなり、内容が伝わりやすくなります。改行しなくても誤りではありませんが、ぜひ試してみてください。

「つきましては」の類語


「つきましては」には、似たような意味の言葉がいくつかあります。類似表現とあわせて、英訳も紹介しましょう。

フォーマルな印象の「従いましては」

「つきましては」は、敬語とともに使用できる表現ですが、よりかしこまった印象を与えたいのであれば「従いましては」という表現も便利です。「従って」の敬語表現で、前に述べた事柄の結論を述べる際に使います。

たとえば、

  • この度、冬季キャンペーンが盛況のうちに終了しました。従いましては、次期キャンペーンにつきましてもご協力いただきたく存じます。

というような使い方が可能です。

人や社名に使う「おきましては」

「貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」とは、挨拶の定型文です。この「おかれましては」は、「おきましては」の尊敬語で、人や社名に続いて使います。

「おかれましては」は尊敬語なので、その前には目上の人(取引先の社名)が入ります。自分など身内を指す場合には、

  • 一部サービスにおきましては、営業時間が異なります

という風に「おきまして」を使います。

よりカジュアルな表現「関しましては」

何かを指し示す際に使う言葉に「~に関しましては」があります。「その件に関しましては」と言う場合、「その件につきましては」よりもやや砕けた印象になります。そのため、親密な関係にある相手に対して使うのが無難でしょう。

目上の方や不特定多数に向けて、敬意を表す形で何かを伝える場合は、「~につきましては」を使うほうが望ましいと言えます。

「つきましては」の英語表現

business team applauding business partners after signing the contract.the concept of cooperation

英語では「Therefore」を使う

文頭での「つきましては」と同じ役割をする英語は「Therefore」があります。「Therefore」は、「それゆえに」という意味の言葉で、

  • Therefore, I have prepared a plan for you.(つきましては、お客様に企画書をご用意してまいりました)

という風に使います。

「~につきましては」という文中での使用に関しては、regarding、concerning、as forなど、様々な表現があります。また、

  • Please read the attached reference for further information(詳細につきましては添付資料をご確認ください)

というように、英語では端的に表現されることもしばしばです。

まとめ

「つきましては」は、2通りの意味があり、文中で使うと「~について」、文頭では「そこで」「そのため」という意味になります。どちらも、丁寧な表現としてビジネスシーンで使用が可能です。メールなど文書ではもちろん、口頭でも使える表現で、汎用性も高いのでぜひ活用してみましょう。