「co」は何の略語?ビジネスで知っておきたい意味を総まとめ!

「co」はインターネットサイトやビジネスシーンでよく見かけるアルファベットですが、いくつかの異なる意味があることを知っていますか?名刺に載っていたりメールアドレスにも使われているため、疑問に思ったこともあるでしょう。

ここでは「co」の意味ついて、分野別にわかりやすくまとめています。接頭辞の「co」を含めて、さっそく解説していきましょう。



「Co」の意味と略語としての使い方は?

ビジネスシーンで見かける「Co」から説明しましょう。関連する別の表現も併せて解説します。

「Co」の意味は英語の「Company」

名刺の裏側に記載されてある英語の会社名に「Co」という文字を見たことはありませんか?「Co」は「Company」を省略したものです。「Company」は「会社」を意味し、株式会社や有限会社などの類を表さない包括的な「企業体」を指す言葉です。

日本の企業で最も多く使われる英語表記は、株式会社を意味する「Co., Ltd.」でしょう。表記は「Co」の後にドット「.」カンマ「,」その後に半角のスペースが入ります。

「Ltd」は「Limited」の略称

「Ltd」は「Limited」の略称で「有限責任」を示しています。「有限責任」とは、万が一に倒産した際、無制限の負債を負わないという意味です。

「Inc」は「Incorporation」の略称

「Co」以外に企業で用いる会社の表記に「Inc」があります。「Inc」は「Incorporated」の略で、「法人企業」を表しているため、法人ではない中小企業や組織、機関などで使われることはありません。

「Corp」は「Corporation」の略称

もう一つ、企業名の末尾で記されているのが「Corp」です。「Corp」は「株式会社」のことで、日本の多くの企業で使用されています。企業によっては「Corp」と略さずに、「〇〇Corporation」と従来の名称で表しているところもあります。企業によって英語表記への考え方も異なるため、社風を表す一つの個性としても捉えることができるでしょう。

接頭辞「co」の意味と使い方は?

続いて、言葉の頭に置かれる接頭辞としての「co」について、意味と使い方、代表的な単語を挙げてみましょう。

接頭辞「co」の意味は「共に」「共通の」「補助の」

英語で「co」から始まる単語を見かけたことはありませんか?「co」は特定の意味を表す「接頭辞」の一つで、「共に」「共通」や「補助の」という意味があります。

接頭辞は必ずしも直接的に意味を特定するものではなく、別の単語と結びついて意味が派生するのが特徴ですが、数えきれないほど存在する単語の意味を根本的に理解するには、とても役立つ要素と言えるでしょう。

接頭辞「co」の使い方と単語例

それでは接頭辞「co」のつく単語の例を挙げてみます。

<coのつく動詞>

collaborate:協力する/commit:約束する/communicate:やりとりをする
compose:歌を作る/compute:計算する

<coのつく名詞>

communication:コミュニケーション/committee:委員会/combat:戦闘
compromise:妥協/colleague:同僚

<coのつく形容詞>

complex:複雑な/composite:合成の/connected:接続した
continental:大陸の/conversational:対話の

メールアドレスでの「co.jp」の意味は?

最後にメールアドレスにある「co.jp」について解説します。

「co.jp」は日本の法人会社が持つドメイン

日本の企業が持つメールアドレスでよく見かけるのが「co.jp」です。「co」は「commercial(商業)」の略語で、「co.jp」で日本の法人会社用のドメインとなります。このドメインを取得するには「株式会社」をはじめ「合同会社」や「有限会社」、また「合資会社」や「合名会社」であり、日本国内で登記することが前提です。

ちなみに、海外の企業でも日本国内で登記を済ませれば「co.jp」のドメインを取得することはできます。実際、日本の市場をターゲットとしている海外企業は、国内への販売促進や知名度を高めるためにあえて登記を行い、「co.jp」のドメイン取得するケースもほどです。

「co.jp」以外のドメイン

「co.jp」以外にも、日本のネットワーク提供者向けの「ne.jp」、日本の組織や団体向けの「or.jp」、また日本の政府や関係機関向けの「go.jp」などがあります。

まとめ

「co」の意味や使い方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?「co」には会社を表す略語、接頭辞、またメールアドレスなどで、それぞれ意味を持って使われています。

おおむね日本の株式会社は「co., Ltd」と称することがほとんどとなりますが、ビジネスシーンでは会社の形態を理解するのに「co」「ltd」「inc」「corp」の意味をおさえておくと良いでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

某私立大経営学部卒、大手旅行会社、商社を経て、豪州へ移住。米国PCメーカーのカスタマー部に勤務後、カンガルーやエミューのいるNSW州の片田舎で生活を開始。田舎暮らしをきっかけにフリーランス(ライター・翻訳)に転身し現在に至る。趣味はゴルフ、料理、ローカルとのゴシップ、キャンプ。