「潮時」とは?語源や間違いやすい誤用と類語・英語も解説

「そろそろ潮時だ」というフレーズはドラマのワンシーンだけでなく、ビジネスでも使用される表現です。この「潮時」という言葉、単に「終わり」という意味の言葉ではありません。正しい意味と気をつけたい誤用など、「潮時」の使い方について解説します。



「潮時」の意味とは?

「潮時」の意味を「(物事の)終わり」と覚えている人も多いものですが、それは誤りです。正しい意味から解説しましょう。

「物事をするのにちょうどよい時」の意味

「潮時」とは、「物事をするのにちょうどよい時」「好機」という意味です。「潮時だ」というと、物事の終焉を意味することがありますが、単に「終わり」という意味ではありません。「終わり」のニュアンスで使用される場合も、正しくは「終わるのにちょうどよいタイミング」ということになります。

潮の様子を見て船を出したのが語源

「潮時」の語源は、「潮」の満ち引きにあります。古くは漁師が、潮の様子から船を出すタイミングを計っていたことが由来です。そこから、「物事を判断するのにちょうどよい時」という意味で使用されるようになったと言われています。

英語では「opportunity」「chance」

「潮時」を英語にすると、「好機」という意味を持つ「opportunity」や「chance」が該当します。たとえば、「wait for an opportunity」で「潮時を待つ」という意味になります。

また、「There is a time for everything(どんなものにも潮時がある)」という風に、「time」を使った表現もあります。

「潮時」の使い方は?

「潮時」を実際に使う際には、どういった点に気をつければよいのでしょう。使い方のポイントや使用例を紹介します。

「終わり」と決めつけるのは誤用

先にも触れましたが、「潮時=終わり」という意味ではありません。「潮時」は、「本意ではないのに、泣く泣くやめなければいけない」というようなニュアンスで使用されることが多いのですが、必ずしも終わりとは限らないのがひとつめのポイントです。

たとえば、「このビジネスはそろそろ潮時だ」というと、「ビジネスから手を引くのにちょうど良い時だ」という意味の場合もあれば、「ビジネスに取り組むのにちょうど良い時期」という意味の2通りの意味が考えられます。前後の文脈からた正しい判断が求められます。

「潮時かな」とはベストタイミングを指す

「そろそろ潮時かな」という表現は、ビジネスでは「ベストタイミング」というニュアンスで使われることもしばしばです。たとえば、「アジア展開するなら今が潮時かな」というと、「まさにベストタイミングである」「ベストタイミングがやってくる」というようなニュアンスとしても使うことができます。

恋愛中の「潮時を待つ」は結婚にも

「この恋も潮時だ」というと、ドラマで耳にする恋の終わりを告げるセリフのようですが、「恋愛」がテーマでも好意的なニュアンスで使用されることもあります。たとえば、「結婚の潮時を待つ」という風に、「結婚に良い時期を待つ(見計らう)」というようなニュアンスにもなるのです。

また、恋人との別れを意味する場合でも、「泣く泣く別れる」というのではなく、正しくは、「別れるのにもちょうどよい時期」「別れに適したタイミング」といった意味になります。

他にも「潮時を見る」「潮時を見計らう」などの表現も

「潮時を待つ」という表現の他、「潮時を見る」や「潮時を見計らう」といった言い方をすることもあります。また、「そろそろ潮時だ」という表現の他に、「またとない潮時(絶好の好機)」といった言い回しも使いやすい表現です。

「潮時」の類語は?

「潮時」は意味を誤認している人も多いため、場合によっては他の言葉を使う方が伝わりやすいケースもあります。「潮時」の類語にはどのような言葉があるのでしょう。

類語はチャンス・転機・頃合いなど

「潮時」の類語は、その意味としても紹介した「好機」の他にも以下のようなものがあります。

  • チャンス
  • 転機(ほかの状況に変わる次期)
  • 頃合い(ちょうどよい時期)

「引き際」も類語のひとつ

「潮時」を「何かをやめるのにちょうどよい時」という意味で使うのであれば、「引き際」も類語のひとつです。「引き際」は、引き退くとき・身を引くとき、という意味の言葉で、物事の終わりを意味します。

ただし、「引き際」は必ずしも「潮時」の言い換えとして使えるわけではありません。意味に合わせて使用するようにしましょう。

「潮時」の対義語は?

「潮時」の類語の次は、対義語を紹介します。「潮時」の対義語としては、以下の2つが挙げられます。

対義語は「危機」

「潮時」には「好機」という意味がありますが、その「好機」の対義語が「危機」です。「危機」とは、悪い結果になるかもしれない状況(状態)・危険で不安な状況(状態)を指す言葉で、ビジネスシーンでは「危機管理」などという言葉でも使われています。

「引き際」は対義語にもなりうる

「潮時」を「物事を始めるのにちょうどよい時」という意味で使った場合には、退くとき・やめるときを意味する「引き際」がその対義語となります。

他にも、「退き時」なども「潮時」の対義語です。

まとめ

「終わり」を意味する単語と誤解されがちな「潮時」という言葉ですが、実際には物事のちょうどよい時、という意味の言葉です。新規ビジネスへの参入・ビジネスの撤退のどちらにもちょうどよい時、「潮時」があります。幅広い意味で使える一方で、意味を誤認している人も多いので、適宜言い換えることも忘れないようにしたいものです。