「杞憂」の意味とは?由来や使い方も解説(例文つき)

「杞憂」はプライベートではもちろん、ビジネスの成り行きに対しても使うことのある言葉です。この「杞憂」にはどういった意味・使い方があるのでしょう。「杞憂」を使った例文を交えて解説します。国際社会では欠かせない英語表現も参考にしてみてください。



「杞憂」の意味とは

そもそも「杞憂」とは、どのような言葉なのでしょう。その意味や由来などから解説します。

読み方は「きゆう」、意味は「いらない心配をすること」

「杞憂」は独特な漢字を使いますが、「きゆう」と読みます。その意味は、「無用の心配をすること」で、起きるかどうかわからないようなことを悪い方に考え、要らない心配をすることを指す言葉です。一言で表すと、「取り越し苦労」ともいうことができます。

「杞憂」の由来は中国にあり

「杞憂」の由来は中国にかつて実在した「杞」という国の人にあります。

杞さんが「”天地が崩落したらどうしよう”と心配していた」という古くから伝わる話があります。その心配する様子を表す「杞人憂天」を略して、「杞憂」という言葉が生まれたというのが由来です。

単に「心配する」とはニュアンスが異なる

「杞憂」に使われている「憂」という漢字には、「心配する」という意味があります。ただし、「杞憂」は、単に「心配する」とはニュアンスが異なります。

「杞憂」は「無用な心配をする」という意味が特徴的で、目の前の問題を心配したり懸念したりする場合には使いません。起きるかどうかわからないこと・不確実なことを悪い方に考え、心配する、というのが「杞憂」のポイントです。

「杞憂」の使い方と例文


「無用の心配」という意味の「杞憂」はどのように使うのが正しいのでしょう。実際の使用例とあわせて紹介します。

問題がなかった場合に「杞憂に終わる」と使う

心配していたものの、結果的には問題はなかった、大丈夫だったということはよくあります。そういう場合には、「杞憂に終わる」という表現を使います。「杞憂」を使った言い回しで最も多いともいえるほど、よく使う表現です。

たとえば、「重大なロスにつながるのではと心配だったが、実際は杞憂に終わった」や「台風の影響が懸念されているが、杞憂に終わることを祈ろう」といった使い方ができます。

「杞憂に過ぎない」とは「余計だ」の意味

無用な心配をしている人に対しては、「杞憂に過ぎない」という言い方をすることがあります。たとえば、「君の心配は杞憂に過ぎない」というと、余計な心配事以外のなにものでもない・杞憂なだけだ(実際には心配する必要はない)というニュアンスです。

他には、「私の心配は杞憂に過ぎないことに気づいた」や「健康診断の結果が気がかりだったが、杞憂に過ぎなかったようだ」という風な使い方もできます。

無事を願う場合には「杞憂であれば」とも

何か良くないことが起こりそうな場合には、無事を願うような意味合いで「杞憂であればよいのだが」ということもあります。無事かどうかわからない状態で使う表現で、「今心配していることがどうか起こりませんように」というニュアンスで使われます。

「杞憂する」とはあまり言わない

「杞憂」とは余計な心配事を指しますが、「杞憂する」という表現はあまり使いません。というのも、「心配している」当の本人は、余計な心配とは思っていないことが多いからです。そのため、「神経質な母はまたあれこれと杞憂している」ということはあっても、「私が杞憂している」とはあまり使わないのです。

また、「子どもの帰りが遅いとあれこれと杞憂してしまう」という言い方をされることもありますが、この場合の「杞憂」は言ってみれば当然の事です。「子どもの帰りが遅いので心配していたが、杞憂に終わってほっとした」という表現のほうが、「杞憂」の意味合いを正しくとらえた使い方と言えるでしょう。

「杞憂」の類語

「杞憂」はただの「心配事」ではなく、「余計な心配事」に対して使う表現です。「杞憂」よりも使いやすい類語をいくつか紹介しましょう。

「危惧」が類語のひとつ

「杞憂」の類語のひとつには、「危惧(きぐ)」という言葉が挙げられます。「危惧」とは、まだ起きていないものの、今後起こるであろう良くない事・悪い結果などを想定して心配することを指します。

たとえば、「危惧しています」という風に使われますが、当事者の発言というよりは、第三者の視点での発言によく用いられる表現です。

ビジネスでよく使われる「懸念」

ビジネスでは、「懸念点」や「懸念しています」という言い方をすることが多いですが、この「懸念」も「杞憂」の類語のひとつです。

「懸念(けねん)」とは、「心配事」という意味です。「心配」という言葉よりもやや堅い印象になるため、ビジネスではよく使われています。「杞憂」のように、なんの問題もなく終わった、という場合だけでなく、実際に何か問題点がある場合にも使うことができます。

「杞憂」を英語にすると?

「杞憂」を英語に直訳すると、「needless anxiety」や「imaginary fears」「unfounded fear」といった表現になります。ただし、実際の会話では、もう少し意訳した表現を使うのが一般的です。例文を紹介します。

「心配する必要はない」という表現を使う

「杞憂に過ぎない」や「杞憂に終わる」を英語表現にする場合には、「心配する必要はない」という表現を用います。英語では以下のように、様々な言い回しがあります。

There is nothing to worry about that.(心配することは何もない)
Don’t worry too much about it.(あまり心配しないでください)
Your fears are utterly groundless.(あなたの恐れは全く事実無根です)
I hope that it is a needless fear(杞憂であることを望みます)

また、簡単な表現では、「落ち着いて」という意味合いの「Chill out」を使うこともあるようです。

まとめ

「杞憂」は「余計な心配事」という意味の言葉です。そのため、「心配していたけど何もなくてよかった」というような場合に使うことが多いのが特徴です。一方で、実際に問題があるような場合には「杞憂」という表現は使用できません。誤用も多いので本文を参考に、正しい使い方を心がけてみてください。