「アウフヘーベン」の意味とは?使い方と例文や弁証法も解説

「アウフヘーベン」という言葉を知っていますか?哲学者ヘーゲルが使用した弁証法の概念を表す言葉ですが、実はこのアウフヘーベンはビジネスや身近な問題を解決するために取り入れたい優れた考え方なのです。

この記事ではアウフヘーベンの意味やその使い方を紹介します。ヘーゲルの「弁証法」についても説明しています。



「アウフヘーベン」の意味とは?

まずはじめにアウフヘーベンの意味について説明します。

「アウフヘーベン」はヘーゲルの「弁証法」の概念

アウフヘーベンとは、ドイツの哲学者ヘーゲル(1770年~1831年)が使用した哲学の概念を表す言葉で、「弁証法」という思考プロセスの最終段階を示す用語です。

弁証法とは、「テーゼ(命題)⇒アンチテーゼ(反命題)⇒ジンテーゼ(統合案)」の三段階のプロセスにより、より高次の思考段階に到達することを目指す対話の手法です。

弁証法は「正⇒反⇒合」、または「肯定⇒否定⇒否定の否定」とも表されます。対立や矛盾を包括しながら高い段階の状態にとどまることを「アウフヘーベン」といいます。

弁証法の過程を経て問題を解決することを「アウフヘーベンする」と動詞のように使われることが多いようです。

「アウフヘーベン」の原語はドイツ語の「aufheben」

アウフヘーベンの原語はドイツ語の「aufheben」です。「aufheben」には相反する二つの意味「否定する(捨てる)」「高める(持ち上げる)」があります。日常的には「持ち上げる」という意味で使われています。

「テーゼ・アンチテーゼ・ジンテーゼ」はドイツ語で「These・Antithese・Synthese」と書きます。

「アウフヘーベン」の日本語訳は「止揚」

アウフヘーベンは日本語で「止揚(しよう)」と訳されます。「aufheben」の訳語として作られた語であるため、一般的にはあまり馴染みのない言葉です。さらに馴染みのない「揚棄(ようき)」という訳語もあります。

「止揚」「揚棄」の「揚」とは「高くひらめき、あがる」という意味であり、「抑揚」「浮揚」などに使われている語です。つまり「止揚(止めて揚げる)」「揚棄(棄てて揚げる)」という言葉で、高い次元に引き上げられて全体の中に組み込まれるという意味を表しています。

「アウフヘーベン」は単なる「討論」や「議論」のプロセスではない

弁証法は単なる討論や議論とは異なります。討論とは、ある事柄について意見を戦わせることであり、議論とは、それぞれの考えを批評し合いながら論じ合うことをいいます。

それに対して弁証法は、対立した意見について議論することにより、思考を深め、高い段階へと進んでいく思考方法のことをいいます。そこでのポイントは、互いに対立・矛盾する二つのものに対してどちらも否定せず、両者を包み、統合するということです。

「アウフヘーベン」は「二つのものを超越する」「昇華する」という意味

「アウフヘーベンする」というときは、あえて簡単にわかりやすくいえば、「二つのものを超越する」「昇華する」という意味だといえます。

「アウフヘーベン」の使い方とは?

次に、具体的な「アウフヘーベン」の活用方法と言葉の使い方について紹介します。

「ビジネスの矛盾を調整する」ために使う

ビジネスを行う上で矛盾はつきものです。例えば短期的な利益を狙うと長期的利益が得られない、利益率を追及するとと品質が低下するなど、常に解決したい問題にさらされています。矛盾のどちらかに傾きすぎてしまった時にアウフヘーベンすることにより、一旦立ち止まり、よりよい方策を考えることができます。

「ビジネスの議論を深める」ために使う

ビジネスの議論の場で、Aという問題や提案について議論する時、あえて矛盾や対立するBという問題や提案を提示し、そのどちらも超越するCという結論を目指すことで議論に深みを与えることができます。

「身近な問題の解決」に使う

ビジネス以外でも、身近な問題を「アウフヘーベンする」ことにより解決することができます。例えば夫婦の意見が対立する時は、感情的になって機械的に相手の意見を否定してしまいがちです。そのような時は、両者の意見を尊重してよりよい第三の解決策を目指す「アウフヘーベン」の概念を知っているだけで、対話の質が全く違うものになるといえるでしょう。

「アウフヘーベン」の言葉の「使い方の例」を紹介

アウフヘーベンの言葉の使い方の例を紹介します。

  • アウフヘーベンすることで新たな価値を創造できる
  • 是か非かではなくアウフヘーベンを目指したいものだ
  • 原点の理念と未来の目標をアウフヘーベンして方針を決定する

まとめ

「アウフヘーベン」とは、ドイツの哲学者ヘーゲルが弁証法の思考プロセスとして提示した概念で、「二つのものを超越する」「昇華する」という意味です。

一人の意見に対して別の一人が違う意見を持つ時、それぞれの意見を否定するのではなく、お互いを尊重しながらあらゆる可能性を探るために深い対話を行うことで、二つのものを超越した、より高い次元の理解(結論)に至ることができます。この状態に至る過程、あるいはその結果を「アウフヘーベン」といいます。

アウフヘーベンの概念は、議論や対話を行う時の技術として取り入れることで、一方通行になりがちな対話の質を高めることができます。ぜひ活用してみてください。

■参考記事

「弁証法」の意味とは?ビジネスでの使い方や身近な例も紹介

「ヘーゲル」弁証法や思想とは?著書『精神現象学』や名言も紹介

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

趣味は読書とヨーロッパ旅行で、好きな場所は大きな図書館と美術館のカフェ。某大学の人間科学部とデザイン学部を卒業しました。人生が豊かになる知識の探索が心のよりどころです。