「鎧袖一触」の意味とは?語源から使い方・類語まで徹底解説

「鎧袖一触(がいしゅういっしょく)」という四字熟語は、勝ち負けを話題にする際に使う表現です。アニメでの使用で注目を集めたこともある「鎧袖一触」の意味や使い方について、解説します。あわせておさえておきたい、類語や英語表現も参考にしてみてください。



「鎧袖一触」とは

「鎧袖一触」という四字熟語はなじみがあるという人の方が少ない表現かもしれません。まずはその意味と由来から紹介します。

「鎧袖一触」は「簡単に相手を負かすこと」

「鎧袖一触」の意味を一言でいうと、「簡単に相手を打ち負かすこと」です。文字通りに解釈すると、「鎧(よろい)」の袖がちょっと触れるという意味で、「たったそれだけのことで相手が倒れた」という例えとして使われています。

そこから、「鎧袖一触」は「相手にたやすく勝った」「一撃でしとめた」というように、圧倒的な力の差を誇示するような表現となっています。

「鎧袖一触」の読み方は「がいしゅういっしょく」

「鎧袖一触」は「がいしゅういっしょく」と読みます。先にも少し触れましたが、「鎧」の訓読みは「よろい」です。四字熟語にした場合は音読みし、「がい」と読みます。

「一触(いっしょく)」とは、「ひとたび触ると」「ほんのちょっとでも触ると」という意味で使用されます。「一触即発」のようにほかの四字熟語でも使われる表現です。

語源・由来は日本の歴史書『日本外史』の一節にあり

「鎧袖一触」は、日本の古い歴史書である『日本外史』にあるとされています。そこに記載された、源為朝という人物が、敵方である平清盛の軍勢について「私の鎧がちょっと触れただけでも倒れてしまう」と豪語したというエピソードが「鎧袖一触」の語源となっているようです。

そこから、「簡単に勝てる」「たやすく打ち負かす」というような意味で使用されるようになったとされています。

「鎧袖一触」の使い方と例文

「鎧袖一触」はどういったシーンで使用できるのでしょう。使用例を紹介します。

「鎧袖一触」は勝敗を述べる際に使う表現

「簡単に打ち負かす」「圧倒的な力の差で勝つ」という意味のある「鎧袖一触」は勝負事に対して使う表現で、スポーツなどでの使用が一般的です。以下に例文を記載します。

  • チャンピオンの「鎧袖一触」の強さに、観客は度肝を抜かれた
  • 史上初の連覇を成し遂げたその強さは、「鎧袖一触」とも報じられた
  • 「鎧袖一触」で打ち勝ってやる!

また、スポーツだけでなく、ビジネスでも、企業間・スタッフ間での競争に対して使うこともあります。たとえば、

  • 業界最大手のA社は今期も「鎧袖一触」の状況だ

というと、「A社の業績が他の追随を許さない独走状態」といったニュアンスになります。また、

  • 自信があるのはよいが、おごっていると「鎧袖一触」の目に遭う

と、「相手を軽く見ていると圧倒的な差をつけて打ち負かされる」といったニュアンスでの使用も可能です。

「相手にされない」の意味で「鎧袖一触」を使うことも

「圧倒的な勝利」という意味合いを含む「鎧袖一触」は、「相手にされない」「話を聞いてもらえない」という意味でも使用されることがあります。たとえば、

  • 社長に進言したが「鎧袖一触」された

とすると、「耳を貸してもらえなかった」というニュアンスです。「聞いてさえももらえない」というやや強いニュアンスとして使うことができます。

「鎧袖一触」の類語

「鎧袖一触」はやや難しい四字熟語ですが、言い換えるとすればどういった表現があるのでしょう。類語を紹介します。

「鎧袖一触」の類語は「楽勝」「瞬殺」

「いともたやすく打ち負かす」という意味の「鎧袖一触」は、「楽勝」「瞬殺」といった単語が類語です。

「楽勝(らくしょう)」は日常会話でもよく使う表現で、文字通り「楽に勝つ」ことを意味します。一方、「瞬殺(しゅんさつ)」とは、「一瞬で相手を倒す」という意味でつかわれる言葉です。

他にも、「一撃でしとめる」や「あっという間に勝負をつける」などといった表現も、「鎧袖一触」と似た意味の言葉といえるでしょう。

「赤子の手をひねる」「朝飯前」も似た意味の表現

「鎧袖一触」の「簡単に」「たやすい」という意味を切り取ると、「赤子の手をひねる」や「朝飯前」といった表現も類語として挙げられます。

「赤子の手をひねる」とは、か弱い赤ちゃん(赤子)を例えとして用いた表現で、「実力が違いすぎて簡単に負かすことができる」という意味で使用されます。「赤子の手をひねるようだ」という表現が一般的です。

一方、「朝飯前」とは、文字通り「朝食をとる前のわずかな時間でもできるようなたやすいこと」という意味の表現です。

「鎧袖一触」を英語でいうと?

「鎧袖一触」は日本で生まれた四字熟語ですが、英語で表現するとどうなるのでしょう。

英語では「簡単に勝つ」「一撃で勝つ」という表現を使う

英語で「鎧袖一触」と表現する場合には、「簡単に勝つ」や「一撃で勝つ」という言い方をします。

たとえば、「We were able to win the team very easily(私はそのチームを簡単に打ち負かすことができた〔簡単に勝つことができた〕)」となります。「楽に」は、「easily」のほか「handily」という単語も可能です。また、「一撃で勝つ」は、「beat with a single blow」と表現します。

「鎧袖一触」の持つ「圧倒的勝利」の意味を英語で表現する場合には、次のような表現が可能です。

  • overwhelming victory(圧倒的な勝利)
  • crushing victory(圧倒的な、驚愕させるような勝利)
  • convincing victory(説得力のある、納得のいく勝利)
  • to win a great victory(圧倒的に勝利する〔great victory:大勝利〕)

まとめ

「鎧袖一触」は「鎧の袖が触れただけでも倒れてしまう」という力の差を示す表現で、そこから「いとも簡単に打ち負かす」「圧倒的な差を見せつけて勝つ」といったニュアンスで使用される表現です。主に勝ち負けに対して使いますが、ビジネスで競争関係にある間柄で使うこともあります。また、「耳を貸さない」「相手にしない」という意味もあるので、あわせて押さえておくと便利です。