「猜疑心」の意味とは?使い方や懐疑心・疑心暗鬼など類語も解説

「猜疑心の強い女」というとどんな女性をイメージしますか。この「猜疑心」という言葉の意味について、詳しく解説します。また、「猜疑心」の使い方や「猜疑心が強い人」の特徴についても触れています。類語や対義語、英語表現と併せて「猜疑心」という言葉についても解説していきます。

「猜疑心」の意味とは?

「猜疑心」とは「疑ったり妬んだりする気持ちのこと」

「猜疑心」の「猜」には「ねたむ(妬む)」という意味が、「疑」には「うたがう」という意味があります。そこから、「猜疑心」とは、「疑ったり妬んだりする気持ち」という意味になります。

「猜疑心」は、ただ単に「疑う」というのではなく、相手の行動によって「自分に不利益なことがおこるのではないか?」「自分に不利にはたらくのではないか?」などと疑う気持ちを表すのが特徴です。

「猜疑心」の使い方

「猜疑心を抱く」と使う

「猜疑心」は、「猜疑心を抱く」という表現が一般的です。「感情を胸に抱く」と同様の使い方をします。ほかにも、「猜疑心が生まれる(猜疑心が生まれた)」という表現をすることもあるようです。

人を疑ったり、妬んだりする気持ちは、誰にでもあるものですが、たとえば、心に不安や焦りがあり余裕がない・過去に裏切られた経験がある、というような場合に「猜疑心」を抱きやすいと言われます。

「猜疑心が強い人」とも使う

「猜疑心が強い人」という表現もよく使います。特に「猜疑心が強い」と呼ばれるような人には次のような特徴が挙げられます。

「猜疑心が強い人」の特徴
  • 自己評価が低い人[自分に自信がないため、周囲の反応を疑ったり攻撃的な思考になりやすい]
  • 競争心・ライバル心が高い人[負けん気が強く、負けることを嫌うあまり猜疑心につながりやすい]
  • 繊細な人[傷つきやすい性格ゆえに、予防線として相手を疑う癖が出やすい]

これらはあくまでも一例で、必ずしも「猜疑心が強い」と断定できるわけではありませんが、「猜疑心が強くなりやすい人」には上記のような特徴があると一般には言われています。

「猜疑心の塊」という表現も

「猜疑心が強い」ことを示す表現には、「猜疑心の塊」という言い方もあります。「猜疑心」はもちろん、目に見えるものではありませんが、それほどまでに「猜疑心」が大きく育っていることを例えた表現です。

例文

「彼女は猜疑心の塊だ」

・意味:猜疑心が非常に強い/猜疑心が見て取れるほど強い

「猜疑心に苛まれる」とは「猜疑心」に悩み苦しむこと

「猜疑心」は時に人を苦しめたり、悩ませたりすることがあります。そうした状況は、「猜疑心に苛まれる(さいなまれる)」と言います。「苛まれる」とは、悩み苦しめられる・追いつめられる、という意味の言葉です。

「猜疑心」があると、人を信用できずに人間関係に支障をきたしたり、コミュニケーションに難しさを抱えてしまったりすることがあります。このように「猜疑心」によってうまくいかずに悩んだり苦しんだりする様・状況が「猜疑心に苛まれる」と言えるでしょう。

「猜疑心」の類語・対義語とは

類語は「不信感」「嫉妬心」「懐疑心」など

「猜疑心」の類語は、疑ったり、妬んだりする気持ちを表す言葉が挙げられます。たとえば、「不信感(信用できない気持ち)」や「嫉妬心(妬む気持ち)」が「猜疑心」の類語です。

また、疑う心や信用できない気持ちという意味を持つ「懐疑心(かいぎしん)」も類語と言えるでしょう。なお、「懐疑心」は純粋な疑問や信頼できない気持ちに対して使いますが、「猜疑心」は相手の言動の裏を読んで疑うような場合に使う点が異なります。

四字熟語では「疑心暗鬼」が「猜疑心」の類語

「猜疑心」を四字熟語で表すと「疑心暗鬼」となります。「疑心暗鬼(ぎしんあんき)」とは、疑う気持ちがあるせいで、何でもないことまで疑ってしまったり、怖いと感じたりすることを言います。「疑う気持ちのせいで暗闇に鬼の姿が見える」という例えを用いた表現です。

「疑心暗鬼になってしまう」「疑心暗鬼に陥る」など、様々なシーンで使われる表現ですので、これを機に抑えておきましょう。

「猜疑心」の対義語は「信頼」や「親愛」

疑ったり妬んだりする気持ちを表す「猜疑心」の対義語は、「信頼」「親愛」「信用」などという言葉が挙げられます。「親愛」とは、「人に対して親しみや愛情をもつこと」という言葉で、「猜疑心」の対義語として使うことができます。

「猜疑心」を克服する方法とは

「猜疑心」の克服は自分と向き合うことが大切

「猜疑心」に苛まれた場合には、やみくもに自分の心を否定するのではなく、妬んだり疑ったりする気持ちを認めることも大切だと言われています。

「猜疑心」は誰の心にも少なからずあるもので、仕方のない感情とも言うことができます。そうした自分の感情をいったん受け入れることで、「猜疑心」から解放されることもあるようです。併せて、自分に自信を持つことも「猜疑心」を克服するための一つの方法です。

「猜疑心」の英語表現とは

「猜疑心」は英語で「jealousy」や「suspicion」

「猜疑心」を英語で表現する場合には、「jealousy(嫉妬)」や「suspicion(疑い)」という単語を使用します。また、「猜疑心が強い人」という場合には、「a suspicious man」、「彼は猜疑心が強い」は「He is suspicious of everybody (everything)」という表現も可能です。

まとめ

「猜疑心」は、「疑ったり妬んだりする気持ち」という意味です。「猜疑心が強い人」「猜疑心の塊」などということもありますが、多かれ少なかれ「猜疑心」は誰の心にもあるものです。「猜疑心」に苛まれる前に、自分の気持ちを受け入れて認めてあげることも、「猜疑心」を克服するためには必要です。