「元来」の意味とは?使い方の例文や「本来」など類義語も解説

「元来無口である」などと使う「元来」にはどのような意味があるのでしょう。この「元来」という言葉の詳しい意味と使い方について、例文を挙げながら解説します。いまさら聞けない読み方のほか、類義語や英語訳といった関連用語にも触れていますので、「元来」を使う際の参考にしてみてください。



「元来」の意味とは

「元来」は、日本語では「がんらい」と読みます。まずは、その意味から紹介しましょう。

「元来」は「元々」という意味の言葉

「元来」は、「元々(もともと)」という意味です。「初めからそういう状態(性質)である」という場合や「以前の状態」を示す場合に使います。「初めからの状態」と似たニュアンスになりますが、「生まれ持った性質」という意味も持っています。

「元来」の使い方と例文


「元来」という言葉は、どう使えばよいのでしょう。一般的な使い方を紹介します。

「元来」は書き言葉として使われるのが一般的

「元来」は、話し言葉として会話に登場するのではなく、書き言葉として使われるのが通例です。たとえば、以下のような使い方ができます。

  • 言葉の意味は時代とともに変わるものだが、元来の意味を忘れてはいけない
  • 元来、中高年をターゲットとしたブランドだが、近年では若い世代にも注目を集めている

「元来」は、「以前の状態」や「初めの状態」を表す際に使う言葉ですが、「以前からずっとその状態である」という風に、今も継続して続いている状態にも使うことが可能です。たとえば、先の例文でいうと、「以前から中高年をターゲットとしたブランド」であり、「今なおそうであるが、若い世代からも注目を集めている」という意味となります。

「元来無口である」のように性格・性質を表す際にも使える

「生まれ持った性質」を表す際にも使える「元来」という言葉は、人の性格を表す際にも用いられます。たとえば、「元来無口である」というと、「以前から無口」という意味に加え、「生まれつき無口な性格だ」というニュアンスにもなります。似たような表現としては、「元来の性格」という言い回しも可能です。

ほかにも、

  • 子どもとは、元来騒々しいものだ
  • 彼は元来、残業はしないタイプだ

と、本質的な事柄に言及する際に使用することができます。

「元来」を文頭で使うと「そもそも」の意味に

「元来」という言葉は、文頭で使うことも可能です。たとえば、

  • 元来、組織とはそういうものだ

と使うと、「そもそも、組織とはそういうものだ」という意味になります。「そもそも」は、話し言葉でもよく使いますが、話を原点に戻す際や理由を振り返って論じる場合などに使われる表現です。文章を書く際には、「そもそも」ではなく「元来」を文頭におくのもおすすめです。

「元来」の類義語

「元来」と似た意味の言葉にはどういった言葉があるのでしょう。「元来」の類語を紹介します。

「元来」の類語は「もとより」「生まれつき」「基本的」

「元来」の類語は、「もとより」「はじめに」など、「最初の状態」を表す言葉が挙げられます。また、「基本的」や「本質的」、「根本的」という言葉も、「元来」の類語と言えるでしょう。

他にも、「生まれつき」や「生まれ持った」といった言葉に置き換えられる場合もあります。

「元来」と「本来」は厳密にはニュアンスが変わる

「元来」は、「本来」の意味で使われることもあります。ただし、「元来」の言い換えとして「本来」を使う場合には注意が必要です。

「本来」という言葉は、「元々(もともと)」という意味の他にも「当然そうあるべき」「当たり前」という意味があります。たとえば、「本来ここにあるべきだ」というと、「ここに保管されていなければならない」という意味ですが、「元来ここにあった」とすると「以前はここにあった」という意味になり、ニュアンスには差が生まれるのです。

「本来」という言葉を使うと、「本質的に」という意味合いが濃くなるため、言い換えには気を付けたい類語です。

「元来」の英語表現

「元来」は英語ではどう表現すべきなのでしょう。「元来」の英語訳を紹介します。

「元来」の英訳は文脈で異なる

「元来」には日本語でもいくつかの意味があるように、英語でもその意味・文脈によって使用する単語が異なります。

まず、「元々は」「本来は」というニュアンスで使用する場合は、「originally」や「primarily」が適切です。たとえば、「These are primarily for study(これらは元来、研究のためのものだ)」と使うことができます。

「本質的には」という意味では、「essentially」を使用します。「in itself」や「really」を使用して表現することも可能です。また、「元来無口である」というように「生まれつき」と表現したい場合は、「by nature」を使用して「He is silent by nature」などとします。

まとめ

「元来」は「がんらい」と読み、「初めの状態」という意味の言葉です。転じて、「以前の状態」や「生まれ持った性質」に言及する際に使用することができます。ビジネスシーンでは、文頭に置き、「そもそも」の意味で使うこともあります。複数のニュアンスで使用される言葉ですので、文脈から適切な意味を当てはめることがポイントです。