「ヒアリング」の意味とは?ビジネスでの使い方・例文と類語を解説

「クライアントにヒアリングする」とは具体的には何をすることを言うのでしょう。「ヒアリング」の詳しい意味のほか、「ヒアリング調査」「ヒアリングを受ける」「ヒアリングシート」など使い方について、例文を用いて解説します。また、英語学習などで用いられる「リスニング」と「ヒアリング」の違いなど類語表現についても紹介します。



「ヒアリング」とは?

「ヒアリング」の意味は「聞き取り」「公聴会」

「ヒアリング」とは、元々、英語学習など言語教育における「聞き取り」や「公聴会」「聴聞会」という意味の言葉です。言語学習では、その言語を耳で聞き理解するための練習・試験などを指して使用されます。

「公聴会」とは、重要事項に関して利害関係者や学識者などから意見を聞く場です。「聴聞会」もまた似た意味の言葉で、行政機関などが利害関係者などからの意見を聞く場を指します。

ビジネスでは「情報収集」「聞き取り調査」の意味も

ビジネスシーンで「ヒアリング」という言葉を用いる場合はもっぱら、「情報収集」や「聞き取り調査」の意味になります。たとえば、面接・面談形式で相手の話を聞きだすことを中心とした情報収集が「ヒアリング」です。

市場のニーズを調べるマーケティング調査や取引先のニーズを聞くための営業活動などにおいて「ヒアリング」は日常的に行われます。

「ヒアリング」は「hear」に由来

「ヒアリング」は、英語の「hear」という単語に由来します。「hear」とは、「~が聞こえる」「~を聞く」という意味の英単語です。英単語でも「hearing」という単語があり、「聴覚」「聴取」「発言の機会」などといった意味を持ちます。

「ヒアリング」と「ヒヤリング」は言い換え可

「ヒアリング」と似た言葉に「ヒヤリング」が挙げられます。辞書で「ヒヤリング」の項目を見ると「ヒアリング」の項目に誘導されますが、実際にはどちらを使用しても問題はありません。同僚や取引先など、会話の相手が使用する方に併せて使用すると親切です。

「ヒアリング」の使い方・例文

「ヒアリングする」「ヒアリングを受ける」が一般的

「ヒアリング」という言葉は、「する」あるいは「受ける」といった表現が一般的です。ビジネスシーンでは、「ヒアリングする」というと、「相手の話を聞き情報収集をする」という意味になります。たとえば、次のような使い方が可能です。

例文
  • 顧客の意見をヒアリングする
  • キャリアプランについて人事部のヒアリングを受けた
  • 最初の段階でいかにヒアリングするかが営業のカギを握る

「ヒアリング調査」は「聞き取り調査」を意味する

「ヒアリング調査」は、市場調査などにおける「聞き取り調査」の意味で使用されます。

例文
  • 街頭でヒアリング調査を行う
  • モニター会員を集めてヒアリング調査をした

などの使用が可能です。単に情報収集を行うだけでなく、実態や動向を探るために行われます。

「ヒアリングシート」は情報収集の重要ツール

「ヒアリングシート」は情報収集を効率よく行うために用いられるフォーマットのひとつです。たとえば、営業スタッフが顧客のニーズを的確に把握できるよう、情報を聞き出すために用いられます。

「ヒアリングシート」には2つのパターンがあり、まず、顧客自らが氏名・住所・連絡先をはじめ、問い合わせ理由(来店理由)・予算・希望する商品の特徴などを回答するパターンが挙げられます。この場合は「アンケートシート」と同じ意味で使用されています。

もう一方は、営業スタッフが実際に顧客とコミュニケーションをとりながら情報を記入する「ヒアリングシート」です。顧客に見せるものではないことから、より詳細の項目を設定するケースも珍しくありません。事前に電話でヒアリングした内容を記入し、それを次の営業アクションに使うこともあります。

「ヒアリング」の類語とその違い

「ヒアリング」の類語は「インタビュー」「質問」「取材」

カタカナ語として使われている「ヒアリング」の類語は、「インタビュー」「質問」「取材」が挙げられます。いずれも、「人に話を聞くこと」を目的とする言葉です。また、「聞き取り」のほか「対話」も近い意味の言葉といえるでしょう。

英語「ヒアリング」と「リスニング」の違い

言語学習の聞き取りという意味では、「ヒアリング」以外にも「リスニング」という表現を使うこともあります。

そもそも、英語の意味として「hear」と「listen」には、ニュアンスに違いがあります。「hear(ヒアリング)」は、自然に聞こえてくることを意味するのに対し、「listen(リスニング)」には、自分の意思で聞こうとする行為を意味します。そのため、言語学習においては「リスニング」の方が厳密には正しいということになるでしょう。

英語の聞き取りを「ヒアリング」と呼んでも誤りではありませんが、近年では「リスニング」や「リスニング試験」といった表現の方が一般的となっています。

まとめ

「ヒアリング」とは、「公聴会」「聞き取り」という意味のカタカナ語で、ビジネスシーンではもっぱら「情報収集」を意味する言葉として使用されています。特に、営業では顧客のニーズを的確に把握した上でのアプローチが成功のカギともなりますが、その顧客ニーズに関する情報収集こそが「ヒアリング」です。その手法は様々ですが、「ヒアリングシート」を活用することもひとつの方法です。