「クリティカル」の意味とは何か?ビジネスでの使い方も例文で解説

「クリティカルな問題」や「クリティカルパス」など、ビジネスシーンでは「クリティカル」というカタカナ語をしばしば見聞きします。この「クリティカル」の詳しい意味と使用例について、例文とともに解説します。

ビジネスでも用いられる考え方「クリティカルシンキング」のほか、ゲーム用語の「クリティカルヒット」や医療用語「クリティカルケア」など、幅広い使用例についても紹介します。

「クリティカル」の意味とは?

「クリティカル」の意味は「危機的」「批判的」

「クリティカル」とは、「きわめて危険である様・危機的」という意味と「検討し評価する様・批判的」という意味の二つの意味を持ちます。転じて、「重大な」「致命的な」といった意味で使用されることもあります。

「批判」という言葉には、「誤りや欠点を正すべきこととして論じる」という意味もありますが、「クリティカル」の場合の「批判」は「検討を加えて評価すること」の意味です。

英語のスペルは「critical」

カタカナ語の「クリティカル」は英語では「critical」と綴ります。「critical」は形容詞で、「危機」を意味する名詞「crisis」と「批評家・評論家」を意味する名詞「critic」の形容詞形として使用されます。

先述したように、「critical」の持つ「批判的」という意味は、必ずしも「否定」することを意味しません。「批評家・評論家」という単語に由来することからもわかるように、肯定・否定に関わらず、検討し客観的な判断を下す、というニュアンスを含む点が大きな特徴です。

「クリティカル」の使い方と例文

「クリティカルな問題」のように「危機的」の意味でよく使う

「クリティカル」はビジネスシーンでは「危機的」「重大な」の意味でよく使用されます。その代表的な例が、「クリティカルな問題」や「クリティカルな状況」といった表現です。

「クリティカル」を使った例文

  • クリティカルな問題になる前に、早急に手を打つ必要がある
  • 極めてクリティカルな状況にある
  • クリティカルな状況下でも冷静な対応が不可欠だ

「クリティカル」を使った関連用語

「クリティカルシンキング」は最適な答えを見つけ出す思考方法のこと

「クリティカル」を「批判的」の意味で使用する例では、「クリティカルシンキング」が挙げられます。「クリティカルシンキング」は、直訳すると「批判的思考」となり、物事を鵜呑みにせず、批判的にとらえ、吟味を重ねる思考方法のことです。

もう少し詳しく言うと、「これは本当に正しいのか」と疑問を持ち、考察・検討を加えることで、最適な答えを見つけ出します。「この点が間違っている」と粗探しをするのではなく、単に疑問を持ち客観的・論理的に思考するのが「クリティカルシンキング」のポイントです。

同様の手法には、対象となる文献を客観的に分析、評価し読み解く方法「クリティカルリーディング」もあります。

「クリティカルパス」は効率的なビジネス行程のこと

「クリティカルパス」は、マネジメント用語のひとつで、「最短でプロジェクトを完了するための全工程」を意味します。重要な作業をすべてスケジュールに入れることで、より効率的な作業を目的とするのが「クリティカルパス」の特徴です。

この「クリティカルパス」は、医療の分野では「診療計画表」の意味で使用されます。治療や看護に関して統一することで、質の高い医療を効率よく提供し、チーム医療の推進などを目的として作成されます。

なお、医療における「クリティカルパス」はあくまでも特定の病気・手術・検査ごとに行われる治療・看護についてまとめたにすぎず、順調に経過した際の見本となるものです。

「クリティカルマス」はマーケティング用語のひとつ

「クリティカルマス」は、ある商品が市場に登場した際の「普及率」について言及する際に用いられる言葉で、マーケティング用語のひとつです。

通常、新商品(新サービス)が市場に登場すると、イノベーターと呼ばれる先進的な消費者層から流行に敏感なアーリーアダプター、保守的な層へと順に広がります。その際、ある点を超えると一気に普及率が跳ね上がるポイントがあり、その分岐点となる普及率が「クリティカルマス」と呼ばれます。新商品(新サービス)が市場に定着するか否かの判断基準として用いられるポイントです。

「クリティカルケア」は医療用語

医療の分野では、命に危険が及ぶような危機的状態を「クリティカル期」と呼びます。その「クリティカル期」の患者に対して行われる治療や看護が「クリティカルケア」です。たとえば、「クリティカルケアではより一層慎重な対応が求められる」といった使い方が可能です。

「クリティカルヒット」はゲームでの致命的な一撃

「クリティカル」は、ゲームなど娯楽シーンでも使用されます。その代表的な例が「クリティカルヒット」です。

「クリティカルヒット」とは、ゲームにおいては「致命的な一撃」を意味します。通常よりも大きなダメージを与えるような攻撃をした場合などに用いられる表現です。また、「クリティカルヒット」という表現は、スポーツシーンでもちいられることもあります。

まとめ

「クリティカル」は「危機的」「批判的」の主にふたつの意味を持つカタカナ語です。ビジネスシーンでは、「危機的」という意味で「クリティカルな状況」「クリティカルな問題」と使われています。

一方で、「クリティカルシンキング(批判的思考)」に代表されるように、「批判的な(物事を検討し、評価する)」という意味で使われることもあります。「クリティカル」が意味する「批判的」とは、必ずしも「否定的」ではない点はしっかりと押さえておきましょう。