「コンテクスト」の意味とは?ビジネスでの使い方・例文と類語

「コンテクスト」は英語で「文脈」を意味する言葉で、「コンテクストの生成」などと使われます。ビジネスシーンではマーケティングやIT用語としても活用されるカタカナ語です。本記事では、「コンテクスト」の意味と併せて、建築・デザインなどあらゆるシーンでの使い方を例文で解説します。また、「コンテクスト」の類語とその違いについても紹介します。

「コンテクスト」とは?

「コンテクスト」の意味は「文脈」「状況」

「コンテクスト」は、「文脈」「脈絡」という意味の言葉です。文章の流れによっては、「状況」や「前後関係」「背景」などの意味となることもあります。

「コンテクスト」はコミュニケーションの基盤となるもの

「コンテクスト」の意味する「文脈」や「脈絡」は、互いの文化の共有度によって左右されます。たとえば、英語は主語の後に動詞が続くため、相手の言わんとするところが理解しやすいのですが、日本語の場合は、文末に述語がくるため、言葉や相手の表情から「コンテクスト(文脈)」を読みながらコミュニケーションをとることが多い言語と言われています。

このように言語をはじめ、価値観・共通認識・体験などの共有度(理解度)はコミュニケーションの基盤となるものです。こうした「コミュニケーションの基盤・根幹を担う文化の共有度」といった意味でも、「コンテクスト」は使用されます。

英語では「context」、カタカナ表記は「コンテキスト」とも

「コンテクスト」は英語では「context」と綴ります。英語の「context」の意味は、「文脈・前後関係」など、カタカナ語としての「コンテクスト」と同じと言ってよいでしょう。

なお、カタカナでは「コンテクスト」以外に「コンテキスト」という表記が用いられることもあります。英語の場合、「テクスト」と「テキスト」に細かい意味の違いを持たせることがありますが、カタカナ語として使用される場合には大きな差はありません。

「コンテクスト」の使い方と例文

「コンテクストを読む」とよく使われる

「文脈・前後関係」の意味を持つ「コンテクスト」は「読む(読み取る)」や「共有する」などといった動詞とともに用いられます。

例文

相手の言葉から丁寧にコンテクストを読み取る
まずはプロジェクトのコンテクストを共有しておく必要がある

日本語ではよく「空気を読む」という表現を用いることがありますが、「コンテクスト」もまた、「会話の流れや前後の状況を読み取り、物事の判断材料とする」という似たようなニュアンスで使われることがあります。

「コンテクストの生成」は「文脈を作ること」

「コンテクストの生成」とは、簡単に言うと、「文脈を作る」という意味です。「生成」には、「ものができること」という意味がありますが、「コンテクストの生成」と使うと、「自らの解釈によって、その情報の文脈を再定義する」という意味になります。

ビジネス・IT用語としては「関連データ」の意味で使われる

「コンテクスト」は、ビジネス・IT用語としては「関連データ」を指すこともあります。ビジネスにおいては、根拠となる情報(データ)を用いて話を進めることは日常的な光景ですが、そういった「言語では伝わりにくい部分の背景・状況判断のための材料」を指して「コンテクスト」ということがあるのです。

また、ITの分野に関しても同様で、「状況に応じた動作を行うための判断材料・条件」の意味で「コンテクスト」ということがあります。

建築の分野では「建物のまとまり」を意味する

「コンテクスト」は建築の分野においては、「建物が作るまとまり」を意味します。たとえば、「建築する街のコンテクストを読んだ設計は基本中の基本だ」などと使うことができます。また、建築の分野では「景観の保存」という意味もあります。

「コンテキスト」に関する用語

「コンテキストマーケティング」は消費者目線に立った手法を指す

「コンテクストマーケティング」とは、消費者の心情などといった「背景」に目を向けたマーケティングのことです。すべての人に同じマーケティング手法を用いるのではなく、消費者の背景を考慮し、適切なタイミング・アプローチを考えるのが「コンテクストマーケティング」です。

「コンテクストデザイン」は「新しい価値をデザインすること」

「コンテクストデザイン」とは、「物事の背景に存在するであろうコンテクスト」をもとに、新たな価値をデザインすること」を指す表現です。たとえば、「この動画コンテンツが人気を博しているのは日常のあるあるネタが共感できるからだ」という「コンテクスト」を利用し、新たなサービス・コンテンツを創造するのが「コンテクストデザイン」です。

「ハイコンテクスト」は共有性の高い文化のこと

「コンテクスト」は、「ハイコンテクスト(文化)」「ローコンテクスト(文化)」という表現で、「文化の共有性」を表します。「ハイコンテクスト」とは、「コンテクスト」の共有性が高く、言葉による説明よりも「察しあうこと」を得意とする文化のことです。その代表的な例が「日本(語)」です。

たとえば、「仕事が終わらないなぁ」という発言に対し「手伝いますよ」という返答は、「ハイコンテクスト」のよい例です。手伝うように頼まれたわけではありませんが、発言の文脈や背景を察し、「手伝いますよ」と申し出ています。敢えて直接的な表現を避けたり、凝った表現を用いたりするのは「ハイコンテクスト」の大きな特徴です。

一方、「ローコンテクスト」とは、すべて言葉で説明するような文化のことを言います。たとえば、英語のように直接的でわかりやすい表現やシンプルな理論を用いた表現を使うのが「ローコンテクスト文化」の特徴です。

「コンテクスト」の類語

「コンテクスト」の類語は「文脈」「前後関係」「背景」

「コンテクスト」の類語には、「文脈」「前後関係」などが挙げられます。「文脈」とは、「文章の流れにおける内容のつながり・筋道」という意味です。

他にも、「コンテクスト」は、「状況」「背景」などと言い換えられる場合もあります。

「コンテクスト」と「テキスト(テクスト)」は違う

「コンテクスト」と似た語感の表現に、「テキスト(テクスト)」がありますが、この二つは全く異なる意味の単語です。「コンテクスト」は「文脈」という意味ですが、「テキスト(テクスト)」は「文章」という意味です。

つまり、「仕事が終わらないなぁ」という言葉(文章)そのものが「テキスト(テクスト)」です。一方で、「仕事が終わらない原因」などといった背景事情が「コンテクスト」に当たります。

まとめ

「コンテクスト」は「文脈」「前後関係」「背景事情」などといった意味のカタカナ語です。「コンテクストを読む」という風に使われる一方で、「ハイコンテクスト文化」「ローコンテクスト文化」という風に文化の特性を表す言葉としても用いられます。「コンテクスト」はマーケティングでも用いられる言葉ですので、これを機に覚えておくと便利です。