「オルタナティブ」の意味とは?例文や英語・反対語も解説

「オルタナティブ」は、ゲームやアニメでの使用をはじめ、ロック音楽のジャンルや「オルタナティブストーリー」「オルタナティブ教育」など多種多様な分野で使用される言葉です。この「オルタナティブ」の詳しい意味と使い方について、例文を交えながら解説します。また、カタカナ語「オルタナティブ」の由来である英単語や「オルタナティブ」の反対語も紹介します。

「オルタナティブ」とは

「オルタナティブ」の意味は「二者択一」「代案」

「オルタナティブ」は、「二者択一」「代案」「代替品」という意味のカタカナ語です。また、「代わりとなる新しいもの」という意味もあり、既存のもの・主流とされるものに代わる何かという意味も持ちます。

カタカナ語としては、「代案」「代替品」や「取って代わる何か」という意味で用いられることが多く、「二者択一」の意味で使用されることはあまりありません。

英語「alternative」に由来するカタカナ語

「オルタナティブ」というカタカナ語は、英語の「alternative」に由来します。英語の「alternative」には、形容詞と名詞の2種の意味があり、「二者択一の」「代わりとなる」や「二者択一」「代案」といった意味で使用されます。

なお、英語の発音から、「オルタナティブ」以外にも、「オルターナティブ」や「オルタネイティブ」といったカタカナ表記をすることもありますが、いずれも意味に違いはありません。

「オルタナティブ」の使い方と例文

ビジネスでは「オルタナティブな~」とよく使う

「オルタナティブ」は、ビジネスシーンでは「オルタナティブな~」という表現でよく用いられます。たとえば、現代の主流に取って代わるような働き方を「オルタナティブな働き方」、既存の案に代わるようなプランを「オルタナティブな案」と表現します。

例文
  • オルタナティブな働き方が求められている
  • オルタナティブな案が必要だ
  • オルタナティブを否定してばかりでは前に進めない

「オルタナティブな~」という表現は、「従来とは異なる~」「代替的な~」などと言い換えられる表現です。一方で、名詞として「オルタナティブ」を使う場合は、「代わりとなる新しいもの・代案」や「代わりの選択肢」といった意味になります。先の例文では、「従来に代わる新しいものを否定してばかりでは、前に進めない」という言い換えができます。

投資の分野では、通常の株式以外への投資のこと

投資・金融の分野で「オルタナティブ」を使う場合は、「オルタナティブ投資」の意味です。「オルタナティブ投資」とは、「通常の株式や債券以外の未公開株などへの投資」を指します。具体的には、不動産・未公開株・ヘッジファンドなどが「オルタナティブ投資」に該当します。

従来の主流とされる株式・債券ではなく、「これらに含まれない投資」「代替投資」という意味で「オルタナティブ」という言葉が用いられています。

医療の分野では民間医療を指すことも

「オルタナティブ医療」は「通常の医療に代わって行われる医療」あるいは「通常の医療に並行して行われる医療」を意味します。たとえば、漢方や鍼灸治療、民間療法などの代替医療と呼ばれるものが「オルタナティブ医療」です。

同様の意味で、「医学・薬」という意味のカタカナ語「メディシン」を使った「オルタナティブメディシン」という表現もあります。「オルタナティブ医療」とほぼ同義で、主に「西洋医学とは異なる医療」を指して使われる表現です。

「オルタナティブ」を使った言葉

「オルタナティブテクノロジー」は地球にやさしい技術のこと

「オルタナティブテクノロジー」は、再生可能エネルギーの利用技術をはじめとした省エネルギー、あるいは無公害な技術を意味します。「持続可能な社会」のために従来の技術に代わって選ばれるような技術を指す言葉です。たとえば、風力・太陽熱などのほか、生ごみを活用する技術なども「オルタナティブテクノロジー」のひとつです。

「オルタナティブエネルギー」は石油に代わる資源を指す

「オルタナティブエネルギー」とは、「代替エネルギー」のことで、主に石油に代わるエネルギー資源を指す言葉として用いられています。

「オルタナティブ教育」は隙間を埋める新しい教育

「オルタナティブ教育」は、これまで主流とされていた教育方法(教育機関)とは異なる教育を指します。その代表的な例として、不登校の生徒などを対象とした「フリースクール」が挙げられます。現行の教育制度では埋められないニーズを埋める、新しい教育を意味する言葉ともいえるでしょう。

「オルタナティブスクール」は自主性重視の教育法が特徴

「オルタナティブ教育」と似た意味の言葉に「オルタナティブスクール」があります。「オルタナティブスクール」とは、アメリカ発の教育改革の一種で、子どもが自律的・主体的に学べるようなカリキュラムを尊重した学校・教育機関を指します。「オルタナティブスクール」では、「教師」としてではなく、大人はあくまでも「サポート役」に徹するのが大きな特徴です。

「オルタナティブストーリー」はカウンセリング用語

「オルタナティブストーリー」は「もうひとつのストーリー」という意味で様々なシーンで用いられます。そのひとつが、カウンセリングです。

カウンセリングにおいては、既存の思い込みの物語・支配的な物語(ドミナントストーリー)に対し、見方を変えることで描く「オルタナティブストーリー」という概念があります。たとえば、「何をやってもうまくいかない最低な人生」の裏にある「オルタナティブストーリー」は、「小さな成功も大きな喜びに変えられる人生」ということができるでしょう。

「オルタナティブロック」は音楽ジャンルのひとつ

「オルタナティブロック」とは、音楽ジャンルのひとつで、「型にはまらないロックミュージック」「新しいタイプのロックミュージック」を表します。1980~1990年代に流行した音楽スタイルで、これまでの王道と呼ばれる楽曲に逆ったり、主流の音楽に対抗したりする姿勢が人気を博しました。日本では、「オルタナ」とも呼ばれます。

このように、ロックミュージック以外でも現代アートの分野では「型にはまらない」というニュアンスで「オルタナティブ」と称することがあります。

「オルタナティブ」の反対語

「オルタナティブ」の対義語は「オリジナル」「主流の」

「オルタナティブな~」が「主流ではない」「取って代わるもの」という意味であるため、その対義語は、「主流の」や「現行の」といった言葉になります。

また、カタカナ語では、「オリジナル」という表現が挙げられます。「オリジナル」とは「現物」「原作」などの意味を持つ単語で、「代案」という意味を持つ「オルタナティブ」の対義語と言えるでしょう。

まとめ

「オルタナティブ」は「二者択一」「代案」「取って代わるもの」という意味を持つ単語です。日本語ではもっぱら、「従来とは異なる~」「~の代わりとなるもの」というニュアンスで使用されることが多いのが特徴です。その使用範囲は広く、科学技術から医学、芸術まで様々です。よく見聞きする単語ですので、意味と使い方の両方を抑えておきましょう。