「支度」と「仕度」の違いとは?意味や使い分けを例文で解説

「支度」と「仕度」はどちらも「したく」と読みますが、意味に違いはあるのでしょうか。本記事では、「支度」と「仕度」の違いについて、詳しく解説します。また、ご飯の「したく」、「身じたく」など、使い分けのポイントについて例文を交えながら解説します。



「支度」と「仕度」の意味とは

「支度」の意味は「前もって準備する」

「支度」とは、「前もって準備をする」という意味です。「支度」の「支」は、「ささえる」のほか「はかる」という意味を持つ漢字です。一方、「度」にも「はかる」の意味があることから、「支度」と重ねることで「計算する」というのが本来の意味でした。そこから転じて、「前もって準備をする」「あらかじめ計画する」という意味になったとされています。

「仕度」の意味は「支度」と同じ

一方、「仕度」の意味もまた、「前もって準備をする」「あらかじめ計画する」となります。この「仕度」は、「支度」という熟語の後に用いられるようになったとされていて、漢字も当て字です。そのため、「仕」の「つかえる」という意味は、「仕度」の熟語の意味には反映されていませんが、文脈では漢字の意味を考慮して使い分ける場合があります。後ほど詳しく紹介します。

「仕度」の使用には注意が必要

「支度」と「仕度」の意味に大きな違いはありません。そのため、どちらを用いても大きな問題は生じないでしょう。ただし、「仕度」が後からできた「当て字」ということもあり、ビジネスなどで広く使われているのは「支度」の方です。「仕度」は漢字の意味を考慮した上で、文脈を限定した使い方がされるのが一般的です。日常的には問題ありませんが、ビジネスシーンでは使用に注意したほうがよいでしょう。

「支度」と「仕度」の使い分けと例文

「仕度」は「誰かのために行うこと」に対して使う

「支度」と「仕度」は意味が同じなため、使い分けに悩むところですが、「仕度」は主に「誰かのために何かを行う」場合に使います。「仕度」の「仕」が、本来「つかえる(主人のためにはたらく)」という意味で使用される漢字であるためです。

例文
  • こどもたちの仕度を済ませる
  • お風呂の仕度が整いました

自分のことは「支度」を使う

一方の「支度」は、主に自分の身の回りのことに対して使います。同じ「出かけるしたく」でも、自分について話題にする場合は「支度」を、配偶者など家族について話題にする場合には「仕度」とすると、漢字の意味を考慮した使い方となります。

例文
  • 出かける支度をする
  • 冬支度を始める
  • お支度が整いましたらお声がけください

なお、「支度」を丁寧にした表現では「お支度」と「ご仕度」のいずれも用いられています。本来、漢語(漢字の音読みの言葉)には「ご」を、和語(日本固有の単語)には「お」をつけるというのが原則とされていますが、漢語には例外が多く、「支度」のような漢語に「お」をつけることも珍しくはないようです。慣例的にも「お支度」「ご仕度」のどちらでも許容されています。

「ご飯のしたく」は「仕度」を使うことが多い

「ご飯のしたく」という場合には、「仕度」の字を使うことが多いでしょう。家人に仕える人が食事を用意していたように、家庭の食事も「誰かのために」用意することが多いと考えられるからです。もちろん、自分のための食事を用意する場合には、「支度」を使っても差し支えはありませんが、慣例的に「ご飯の仕度」とする場合もあります。

ビジネスシーンでは「支度」の字を使った方が無難

「支度」と「仕度」は同じ意味であることから、上記に挙げた例以外に厳密な使い分けがあるわけではありません。しかし、「仕度」の「仕」が当て字であることから、「仕度」という漢字表記は誤り、と指摘されることもまれにあるようです。

また、誤解を生まないためには、似た意味の言葉である「準備」や「用意」といった単語に置き換えることも一つの方法です。様々な言い回しをうまく活用するとよいでしょう。

「支度」と「仕度」の英語訳

英語で「支度する」は「prepare」

英語で「支度(仕度)する」は、「prepare」を使います。「prepare」は、「準備をする・備える」などの意味を持つ動詞で、名詞は「preparation(準備)」です。たとえば、「prepare for winter(冬支度をする)」や「prepare for a journey/to make preparations for a journey(旅支度をする)」などと使います。

また、「支度する」という意味では、「get ready」という表現もよく用いられます。「get ready for a trip(旅支度をする)」といった使用が可能です。

まとめ

「支度」と「仕度」はいずれも「前もって準備をする」という意味の単語で、厳密な使い分けはありません。ただし、「仕度」の方が後に生まれた表記で、当て字であることから、ビジネスシーンで主に使われるのは「支度」です。「仕度」の漢字の意味から使い分ける方法もありますが、文脈・使用シーンを総合的に考慮して表記を選択するのがよいでしょう。