「理詰め」の意味とは?使い方や類語・英語訳を例文で解説

「理詰めばかりする彼氏と別れたい」「仕事で理詰めされて疲れた」などに使われる「理詰め」には、どういった意味があるのでしょう。「理詰め」の読み方や詳しい意味とともに、使い方を例文で解説します。また、「理詰め」の類語や英語訳など関連用語も併せて紹介します。



「理詰め」とは

「理詰め」の意味は「理屈で押し通すこと」

「理詰め」とは、「議論などにおいて、論理や理屈で押し通すこと」を意味します。ここでいう「論理」とは、考え方や議論の「筋道」のこと、「理屈」とは、「物事の筋道」「現実を無視したこじつけの理由」のことです。これらから「理詰め」は、「議論において状況を度外視して、理屈を押し通す」という意味になります。

「理詰め」はネガティブなニュアンスの表現

「理詰め」という単語は、「論理」「理屈」というニュアンスから、少なからず知的な印象を受けるかもしれません。仕事がデキる人はやはり、論理的思考に基づいた判断を下すものです。

その一方で、「理詰め」の持つ「筋道を押し通す」というニュアンスは、やや強引な印象を与えます。「事情を考慮しない理屈重視」といったネガティブな印象を持たれることも多い言葉です。論理的であること・筋道が通っていることはビジネスでも重要なことですが、「理詰め」という言葉の持つニュアンスは使用する上での重要なポイントです。

「理詰め」の使い方と例文

「理詰めで話す」「理詰めで追及する」と使う

「理詰め」という言葉は、「話す」「追及する」「責め立てる」といった言葉とともによく用いられます。

例文
  • 理詰めで話す人はどうも苦手だ
  • 上司に理詰めで追及され、返す言葉がなかった
  • 理詰めで責め立てるのは得策ではない
  • 理詰めの決断がいつも最善の策とは限らない

「理詰めの決断」とは、「理詰めによって導き出された決断」という意味で、端的に言うと「論理的な思考・道理による決断」という意味になります。他にも、「理詰めの戦法」などと使われることもあります。

彼氏・彼女など恋愛関係の「理詰め」は嫌がられる

論理・理屈を押し通すことは、ビジネスにおいては冷静な判断につながることもあるかもしれませんが、男女の恋愛関係においてはことさら「理詰め」は嫌われます。「理詰め」で話をすることは、話をやや難しいものにしてしまうことがあるからです。また、相手の感情や事情を考慮しない、「理屈のみ」の話を聞くことは苦痛につながることもあります。思いやりに欠ける、などの印象を持たれるかもしれません。

「理詰める」とは使わない

「理詰め」は、「理詰める」という使い方はしません。「理詰めする」、あるいは先述したように「話す」「追及する」などの動詞とともに使うのが一般的です。

また、似た表現では「理を詰める」という言い回しもあります。「理を詰める」とは、「理を尽くす」と同義とされていて、「道理を尽くす」「道理を徹する」などの意味を持つ表現です。

「理詰めより重詰め」ということわざも

「理詰め」はことわざにも用いられています。それが「理詰めより重詰め」です。「理詰めより重詰め」とは、「理屈を押し通し、説き伏せるよりも、重箱に詰めたごちそうでもてなした方が事がうまく運ぶ」という意味です。転じて、「柔軟な態度で接したほうがうまくいく」という意味で用いられます。

「理詰め」の類語

似た意味の表現には「論理的」「理論的」

「理詰め」と似た意味の言葉には、「論理的である様」「理論的である様」を意味する表現が挙げられます。具体的には、「筋道を立てて話す」「理にかなっている」「筋が通っている」「一理ある」などです。ただし、これらの単語には、「理詰め」の持つような「押し通す」といったニュアンスはありません。

例文
  • 確かに、上司の話は論理的で、筋が通っている
  • 筋道を立てて話すことは、重要だ
  • 彼の論理的な話は聞き飽きた
  • 田中さんの話は一理あるが、そのやり方は強引すぎる

「理詰め」の英語訳

「理詰め」は英語で「logical」「theoretical」

「理詰め」は、「論理や理屈を押し通す」という意味の言葉で、ビジネスシーンはもちろん、あらゆる関係で用いられます。確かに、論理的に事を進めることが役立つ場合もありますが、ことさら、人間関係においては、お互いの事情や感情を考慮した対応が求められることも多いものです。「理詰め」の相手には苦戦することも多いですが、適当に受け流したり、いったんは相手の話に乗るフリをするのもうまくやり過ごす方法のひとつです。

例文
  • He does everything by logic(彼は何をするにも理詰めで行う)
  • He always reasons a problem out(彼はいつも理詰めで問題を解決する)
  • He reasoned her into apologizing(彼は理詰めで彼女に謝罪させた)

まとめ

「理詰め」は、「論理や理屈を押し通す」という意味の言葉で、ビジネスシーンはもちろん、あらゆる関係で用いられます。確かに、論理的に事を進めることが役立つ場合もありますが、ことさら、人間関係においては、お互いの事情や感情を考慮した対応が求められることも多いものです。「理詰め」の相手には苦戦することも多いですが、適当に受け流したり、いったんは相手の話に乗るフリをするのもうまくやり過ごす方法のひとつです。