「上様」の意味とは?領収書の「上様」は正しい?使い方を解説

「領収書は上様で」というフレーズを聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。実は、領収書の宛名欄に「上様」と書いてもらうのは辞めた方がよい習慣です。本記事では「上様」という言葉の意味とともに、「上様」の由来について、また「上様」の使い方や領収書の正しい書き方について解説します。同じく、「上様」が用いられる「見積書」についてや「上様」の英語訳についても触れています。

「上様」とは?

読み方は「うえさま」、本来の意味は「尊称」

「上様」は「うえさま」と読み、本来は、地位や家柄が高い人に対する尊称として用いられた単語です。時代劇でも「上様」という表現を耳にすることがありますが、古くは「天皇」を意味し、江戸時代には「将軍」を指す単語として使われていました。現代では、もっぱら領収書の宛名として使われる単語として「上様」は知られています。

なぜ領収書に「上様」と書くのかは諸説あり

領収書の宛名に「上様」が用いられる由来については、様々な説があります。ひとつは、「天皇」や「将軍」を指す言葉であったことから、尊敬の意を込めて「上様」と記すようになったという説です。また、「上客」「上得意」の意味で「上様」と使うようになった、とする説もあります。この「上客」に由来するとする説では、「上様」を「じょうさま」と読むのも特徴です。

「上様」を使う際の注意点と書き方のポイント

領収書の宛名に「上様」は避けた方がよい

「領収書の宛名はどうしますか?」と問われた際に、「上様で」と返答する人がいますが、結論から言うと、領収書に「上様」と記入してもらうのは避けるべきです。正確な宛名が記載されていない領収書は、税務調査の際に経費として落とせない可能性があります。そもそも「領収書」とは、その金額を支払ったことを証明する書類です。「上様」という宛名では、誰が支払ったかが明白ではなく、税務署に認定してもらえないケースがありうるのです。

領収書の宛名は空欄も△、社名がベスト

「上様」がダメなら、いっそ宛名は空欄では?という声もあるかもしれませんが、宛名が空欄の領収書もおすすめできません。「上様」同様に、支払った人が明確ではない領収書は経費と認めてもらえないことがあるためです。
実際に、宛名がない領収書でも、小売業やバス・鉄道などの旅客運送業、飲食業、駐車場業など一部の事業は例外として認められていますし、宛名がない場合でも、「事業に関する支出の証明」があれば経費と判断されますが、やはり税務調査上はチェックの対象となることがあります。領収書には面倒でも、正式な社名を記載してもらいましょう。

「上様」と書かれた領収書の訂正方法

「上様」と書かれた領収書を使える領収書とするためには、発行元に依頼して再発行してもらうのがベストな方法です。簡単なミスであれば、上から二重線を引き、正しい文字を記載、訂正印を押す、という方法もありますが、トラブルを未然に防ぐことを考えると再発行してもらうのがよいでしょう。

「見積書」は「上様」でもOK?

「見積書」も社名や担当者名で記載するのが通例

領収書以外にも、宛名に「上様」が使われることのある書類に「見積書」が挙げられます。この見積書にも、「上様」という宛名書きは使わない方がよいでしょう。取引先の社名を記載するのがマナーです。なお、領収書とは異なり、見積書は会計上は必要ない書類ということもあり、社名だけでなく、部署名や担当者名を記載することもあります。

「見積書」では納期と納品内容を入念にチェック

見積書は会計書類ではありませんが、今後の取引のスタートとなる大切な書類です。スピーディに発行し受注に結び付けることも大切ですが、金額や納期、納品内容は受注後のトラブルの素になりかねないので、注意しながら進めたいポイントです。

「上様」の英語訳は?

「上様」の英語訳は「customer」

日本語で領収書に使われている「上様」は、英語では「customer」を使用します。「customer」は「顧客・お客様」という意味の単語で、「上様」のように領収書の宛名に用いられることがあります。また、英語では「上様(customer)」とは記載せずに、同様の意味で空白のまま使用することもあるようです。

例文

宛名には「上様」と記入していただけますか?

  • Could you put just “Customer” in the space for the customer’s name?
  • Can you put ‘Customer’ in the space for the customer’s name?

なお、「customer’s name」は「宛名欄」を意味します。また、「領収書をください(領収書を頂けますか?)」は「Could I have a receipt?/May I have a receipt, please?」と表現します。

まとめ

「上様」は「うえさま」と読み、古くは「尊称」として用いられた単語ですが、現代ではもっぱら領収書の宛名書きとして知られています。慣例として「上様」という領収書をよしとする企業でも、税務調査においては不備と認められる可能性があります。「上様」は空白と同様の意味にすぎないため、面倒でも社名をしっかりと記入してもらうのがベターです。