「二面性」の意味とは?物事・人物の特徴や類語・英語訳も解説

「二面性」という単語は、「彼女は二面性がある」「二面性がある人は怖い」などと人に対して使うほか、「二面性を理解すべきだ」という風に物事に対しても使われます。本記事ではこの「二面性」という単語の意味について詳しく解説するとともに、その使用例を紹介します。また、「二面性」のある人の特徴や類語・英語訳など関連用語についても触れています。



「二面性」の意味とは?

「二面性」は「相対する二つの性格」を意味する

「二面性」とは、「そのものがもつ相反する二つの特徴・性格」を意味する単語です。物事に対して「二面性」と使う場合には「相反する二つの特徴・性質」という意味ですが、人の性質・性格に言及する場合には、「表面的には分からない裏の性格・特徴」という意味にもなります。

「二面性」の使い方と例文

「二面性がある人」は「裏表がある人」の意味

「二面性」はよく、人に対して「二面性のある人」「二面性がある」といった表現で用いられます。この場合、「裏表のある人・人によってころころと態度が変わる人」という意味となります。

例文
  • 二面性がある人は怖いとすら感じる
  • 二面性のある彼女と付き合ってから女性不信だ
  • どんなにいい顔をしたって二面性があることはすぐにばれる

「二面性がある」という表現は主にネガティブな意味合いで用いられますが、「二面性がある人」でもその裏の顔を知らない人から見ると、単なる「いい人」に見えることもあります。

「二面性」を物事に使うと「正反対の性質」の意味

人ではなく、物事に対して「二面性がある」というと「正反対の性質を持っている」というニュアンスになります。

例文
  • 損得の二面性を考慮して判断すべきだった
  • 表面的には分からなくても、物事に二面性はつきものだ

「二面性」がある人は怖い?特徴とは

男性・女性問わず、人によって態度が変わる

「二面性がある」と言われる人は、人によって態度が変わるのが一番の特徴です。たとえば、「Aさんには穏やかな口調で接するのに、Bさんには冷たい態度をとる」というのは「二面性がある」人の大きな特徴でしょう。もちろん、人間である以上、気分によって態度が変わることはありますが、目の前の人によって急に調子が変わる・変えられるというのがポイントです。

陰口を言うのも二面性がある人の特徴

「二面性がある」とされる人は、陰口が多いのも特徴として挙げられます。たとえば、「さっきまでAさんと仲良く話していたのに、Aさんが席を外した途端、周囲に悪口を言う」というような人は、「二面性がある」と言われます。表の顔と裏の顔、そのふたつがよく表れている例です。

「二面性を持つ人」との恋愛は裏の顔に気を付けたい

「二面性を持つ人」との恋愛は裏の顔に要注意です。自分が知っている交際相手は、表の顔であり、裏には異なる素顔を秘めているかもしれません。とはいえ、恋愛において「相手によく思われたい」と試行錯誤することは、誰しもよくあるものです。そのため、必ずしも「二面性を持つ人」とは言えないケースもあります。

「二面性」が人間関係を円滑にすることも

「二面性がある」と言われる人は、一般には「裏表のある人」というネガティブなニュアンスで使用されますが、人によって態度を変えることで、結果的に人付き合いがスムーズになるというよい効果が表れることもあります。また、「ころころと態度を変える」というその姿は、表現を変えれば「臨機応変に振舞える」という特長ともいえるでしょう。

「二面性」の類語

「二面性」の類語は「裏がある」「腹黒い」

人に対して使われる「二面性がある」という表現は、「裏がある」「腹黒い」と言い換えることができます。「裏がある」の「裏」とは、「裏の顔がある」と同義で、「表向きの態度とは異なる心中を持っている様」という意味の表現です。一方「腹黒い」には、「心の中に何か良からぬ企みを持っていること・陰険・意地が悪い」などの意味があります。

「八方美人」も似た意味の表現

「八方美人」とは、「誰からも悪く思われないように要領よく人付き合いをする人・誰にでもよい顔をする人」という意味の四字熟語です。一般にネガティブな意味で使われることの多い表現です。

「二面性がある人」は「良く思われたい」という心理から「八方美人」なふるまいをすることも多く、「八方美人」と「二面性がある人」は似たようなニュアンスで使われています。

「二面性」と「二重人格」はニュアンスが異なる

「二面性がある人」のことを、「二重人格だ」と表現することがあります。「二重人格」とは、「自分の中に二つの人格を持つこと」という意味です。一方、「二面性がある人」は人格はあくまでもひとつで、性格に「二面性」がある様を表しています。フランクな会話では、「人によってがらりと態度が変わる様」を「まるで異なる人格のようだ」という例えとして「二重人格だ」ということもありますが、厳密には異なると覚えておきましょう、

「二面性」の英語訳

「二面性」は英語で「two-faced」

「二面性」を英語で表現する場合には「two-faced」を使用します。たとえば、「彼は二面性がある」の英訳は、「He’s two-faced」となります。また、同様の意味では「have two faces」や「double sided(両面)」「double-faced(表裏がある・不誠実な)」という表現も可能です。

例文
  • Some people have two faces.(二面性を持つ人もいる)
  • Her personality is double sided.(彼女は二面性がある)

まとめ

「二面性」とは「そのものが持つ相反する二つの性質・特徴」という意味です。あらゆる物事に対して使うことができますが、人の性質に言及する際に「二面性のある人」と使うと、「裏表のある人」という意味のネガティブなニュアンスとなります。