「一考」の意味とは?「ご一考」や「一考の余地」も例文で解説

「ご一考の程お願いいたします」「この件は一考を要する」などに使われる単語「一考」について、その意味・使い方を解説します。ビジネスシーンでよくみられる「一考の余地がある」「一考に値する」などの使い方を例文で紹介するとともに、「検討」「思案」などの類語や「一考」の英訳についても触れています。

「一考」の意味とは

「一考」の意味は「一度考えてみること」

「一考」とは、「一度考えてみること」という意味の単語です。漢字からも推測できますが、「少し考え、はかること」を意味して「一考」と使います。

「一考」の読み方は「いっこう」が正、「いちこう」は誤り

「一考」は、「いっこう」と読みます。「一考」の「考」は、「思考」のように音読みで「こう」と読むのが正しい読み方です。また、「一考」の「一」はつまるのがポイントで、「いちこう」は誤った読み方です。

「一考」のビジネスシーンでの使い方と例文

「一考する」「一考した」と使う

「一考」は、「一考する」あるいは「一考した」と使います。たとえば、「決断を急がずに一考するべきだ」や「一考した結果がこれだ」といった使い方ができるでしょう。また、一旦考えたい、という場合に「一考させていただきます」といった使い方をすることもあります。

ビジネスメールでは「ご一考ください」もよく使う

「一考」の最も多い使用例では「ご一考ください」が挙げられます。「一度考えてみてください・検討してみてください」というニュアンスで使用される表現で、取引先とのメールでもよく用いられる表現です。この「ご一考ください」のニュアンスでは、より丁寧な言い回しもいくつかあります。

例文
  • お忙しいところ恐縮ではございますが、本件についてご一考いただけますと幸いです。
  • 提案書を送付させていただきます。ご一考の程、宜しくお願い申し上げます。
  • ○○様にも、ご一考いただければ幸いに存じます。

「一考に値する」は「採用の可能性・考える意味」を示唆する

「一考に値する」とは、直訳すると「少し考えてみる価値がある」という意味になり、つまり「(物事を)採用する可能性がある・考える価値がある」というニュアンスで使用されます。たとえば、「もう少し考えれば採用されるかもしれない企画」などに対して「この企画書は一考に値する」と使ったり、「採用の可能性・役に立つ可能性がある」というニュアンスで「B社の提案書は一考の価値がある」と使ったりすることができるでしょう。

一方で、「一考の価値もない」と否定形で使うと「検討する余地は全くない・考えるに値しない」というニュアンスになります。

「一考を要する」は「考える必要がある」の意味

「一考を要する」とは、「考える必要がある」という意味です。「改めて考えた方が良い」というニュアンスでも使用されます。たとえば、「本件は、予算面で一考を要する」というと、「予算について考え直した方がよい」という意味です。

「一考の余地がある」は検討不足のニュアンスにも

「一考の余地がある」とは、「まだ考える(検討する)だけのゆとりがある」という意味で、「まだ考えが足りない」「もっとよく考えるべきだ」といったニュアンスにもとることのできる表現です。また、「もっと良い結論があるのでは?」と疑問を提議するような場面でも使われます。それゆえ、目上の人に対してはあまり使わない表現でもあります。

例文
  • この件については、私自身はまだ一考の余地があると思っています
  • まだ一考の余地があるはずだ、来週までに企画書を修正しておくように

「一考を投じる」は「考えさせた」の意味に

「投じる」とは、動詞「投ずる」の変化形で、「なげる・投げ込むように入れる・投げかける」などの意味を持ちます。「一考を投じる」と使うと、「一度考えてみるよう投げかける・はたらきかける」といったニュアンスにとることができるでしょう。

例文

彼女の発言は、多くの人に一考を投じることとなった

「一考」の類語

「一考」と似た意味の単語は「検討」

「一考」と似た意味の単語には、「検討」が挙げられます。「検討」とは、「調べたずねること・詳しく調べ考えること」という意味の単語で、「良いかどうか考えるというニュアンスを持ちます。目上の人に対し、「ご検討ください」などとよく使われますが、ただ「考える」というニュアンスの「一考」に対し、「よく調べてよいかどうかを考える」という点で意味合いが異なります。

「思案」も似た意味の表現

「思案」とは、「思いを巡らすこと・考えること」という意味の単語です。「思案する」という風に使いますが、「思案」には「どれが最善の策なのかを考える・最善である方法を考える」というニュアンスがあります。「ご一考ください」のように、「ご思案ください」とも使えますが、「ベストな方法」について考えるのが「思案」の特徴です。

「一考」の英語訳

「一考」は英語では「検討する」と表現する

「一考」を英訳する場合は、「検討」という意味の単語「consideration(名詞)」が適切でしょう。たとえば、「Thank you for your consideration.」は「ご一考の程よろしくお願いいたします」という意味の定型表現です。また、「考え・思考」という意味の「thought」を使い、「give it a thought(考慮する)」とすることもあります。

例文

It would be much appreciated if you could give it thought.(ご一考いただければ幸いです)

まとめ

「一考」とは、読んで字のごとく「一度考える・少し考えはかる」という意味を持ちます。「ご検討ください」のように「ご一考ください」「ご一考いただければ幸いです」のような締めの言葉としてもよく用いられますが、厳密には「検討」とはニュアンスが異なります。「一考」の使用例と併せて、類語も覚えておくと活用の幅が広がります。