「顕学」の意味とは?類語「碩学・博学」との違いや英語表現も

「顕学」とは、ゲームでも用いられたことのある単語ですが、本来は、学問に関する単語のひとつです。本記事では「顕学」という言葉の意味をはじめ、使用例について詳しく解説します。また、「碩学」や「博学」といった類語との違いや「顕学」の英語訳についても紹介します。

「顕学」の意味とは

「顕学」の意味は「有名な学問・学者」

「顕学」は、「有名な学問・名高い学問」あるいは「有名な学者」を意味します。「勢力のある学問・学派」あるいは「高名な学者」という意味で用いられることもあります。

「顕学」の「顕」の字は、音読みでは「けん」と読み、訓読みでは「あきらか・あらわれる」という読みを持ちます。その読みの通り、「はっきりしている」「あきらかにする」と言った意味もありますが、「顕学」のように「名高い・地位が高い」という意味も持つ漢字です。

「顕学」の使い方と例文

「顕学」はその意味から、学問分野を指して使われる他、「名高い学者」を指しても使うことができます。この場合、「顕学者」とはいわず、「顕学」と呼ぶのが特徴です。

例文
  • 顕学と呼ばれる研究分野の話を聞くことができ、大変うれしく思う。
  • この道の顕学である○○教授の意見なのだから、誰も反対はしないだろう。

また、中国戦国時代の法家である「韓非」による思想書『韓非子』にも、「顕学篇」と呼ばれる章があります。この「顕学篇」では、当時非常に大きな位置を占めていた「儒家」と「墨家」というふたつの学派を「顕学」と位置づけながらも、その批判などが語られています。

「顕学」の類語「碩学」の意味と違いとは

「顕学(けんがく)」と「碩学(せきがく)」は似て非なる言葉

「顕学」と「碩学」は似た意味をもつ言葉・類語としてしばしば紹介されますが、厳密には意味の異なる単語です。

「顕学」が、「高名な学問・学派、有名な学者」と名声や知名度に関して言及する単語であるのに対し、「碩学」は「広く深く学問を修めた人」と学問の広さと深さを意味します。「顕学」では学問の広さは問われないことが大きな違いです。

「碩学」とは「様々な学問を修め、広く深い知識を持つこと」

「顕学」とよく比較される類語のひとつに「碩学」があります。「碩学(せきがく)」とは、「様々な学問を修め、広く深い知識を持つこと」という意味です。また、「学問が広く深いこと」「広く深い学問を修めた人」という意味もあります。

「碩学」の「碩」は、訓読みでは「おおきい」とも読み、「優れている・立派な・大きい」といった意味を持つ漢字です。そこから、「学問が広く深い」という意味で「碩学」と称するようになったと考えられます。広く浅くではなく、広く深い知識を持っていること・人を指す単語が「碩学」です。

「碩学の○○」の形でよく使われる

「碩学」という単語は、「碩学の○○」という形でもよく用いられます。たとえば、「碩学の徒」というと、「広く深い学問を修めた人・知識が広く深い人」という意味です。他にも、「碩学の学者」などといった表現も可能です。また、「徒」や「学者」のように特定の人を表す単語を用いなくても、「広く深く学問を修めた人」という意味で「碩学」と使うこともできます。

例文
  • 文学者でありながら、翻訳家や詩人としても活躍する彼は、我が国を代表する碩学のひとりだ
  • プロスポーツ選手としての活躍も記憶に新しいが、次は医学の道に進むときいて、碩学とは彼のことだと頷いている

「顕学」のその他の類語

「博学」とは「幅広い分野の豊富な知識を持っていること」

「顕学」と似た表現に「博学」が挙げられます。「博学(はくがく)」とは、「幅広い分野にわたる豊富な知識を持っていること」という意味です。日常的にも耳にすることのある身近な単語ですが、「顕学」とは意味合いが異なります。「顕学」は「有名な学問・勢いのある派閥・高名な学者」といった意味であり、知識の量・幅は問題ではありません。また、「顕学」のように「学者」の意味はなく、「博学な人」は「博学者」と呼ばれる点も相違点です。

「有識」は「知識が広いこと・学問のある人」

「有識者会議」などに使われる「有識」もまた、「顕学」と似た意味の単語としてしばしば紹介されます。「有識(ゆうしき)」とは、「知識が広いこと・学問があり見識が高いこと」という意味です。「学問・見識のある人」という意味も持ちますが、「有識者」という単語でもよく知られています。

「有識」もまた、知識の幅や学問の程度に関して言及した表現で、「顕学」とは少々ニュアンスが異なります。しかし、場合によっては、「顕学(有名な学者)」が「有識者(学問があり、広い知識を持つ人)」であるというケースもあります。

「顕学」の英語訳

「顕学」は英語で「eminent scholar」

「顕学」のような「著名な学者・優れた学者」は英語で「an eminent scholar」と表現します。「eminent」とは、「地位の高い・高名な・優れた」などの意味を持つ単語です。「学問のある人」という意味では、「a person of knowledge」という表現も可能です。

また、「顕学」を「高尚な(気高く立派な)学問」という意味で使う場合には、「profound studies」と表現することもあります。「profound」とは、「心からの・重大な」などの意味のほかに「学識の深い」という意味も持つ単語です。

まとめ

「顕学」とは、「有名な学問・高名な学者」という意味の単語で、しばしば「勢いのある学問・学派」といった意味でも使用されます。類語として紹介した「博学」や「有識」のように日常会話で見聞きすることは少ない単語でしょう。また、「顕学」は「碩学」と混同しやすいので、類語を分けて覚えておくと良いでしょう。