「羨望」の意味とは?「羨望の眼差し」など使い方と類語・対義語

「羨望の眼差しで見つめる」「彼は羨望の的だ」など、「羨望」という単語には様々な使い方があります。本記事では「羨望」の意味とともに、その使い方を例文で詳しく解説します。また、「羨望」と似たニュアンスの「嫉妬」との違いをはじめ、類語・対義語や英語訳など関連用語も記載しました。

「羨望」の意味とは

「羨望」の意味は「うらやましく思うこと」、読み方は「せんぼう」

「羨望」とは、「うらやましく思うこと」という意味で、「せんぼう」と読みます。他人の能力や環境、財産などに対して「うらやましい」と思う気持ちを表す際に使用します。

「羨望」の「羨」の字は、訓読みでは「うらやましい・うらやむ」と読み、「望」は訓読みで「のぞむ」と読みます。その読み通り、「うらやましいと思い、そうなりたいと望む」ことが「羨望」です。

「羨望」の使い方と例文

「羨望の眼差し」は周囲のうらやましい気持ち

「羨望の眼差し」とは、周囲がうらやましく思う様を表す際に用いられる表現です。周囲からの憧れ・羨む気持ちが眼(視線)に宿る様を「羨望の眼差し」あるいは「羨望の目」などと言い表します。

例文
  • 同僚の熱い羨望の眼差しを感じる
  • 幸せ溢れる新婦の笑顔に羨望の目を向けた

「羨望の的」は「うらやましいと思われる対象」のこと

「羨望の的」とは、「うらやましいと思われる対象」を意味します。たとえば、「彼は羨望の的だ」というと、「彼は(周囲の人に)うらやましがられている」という意味になります。

例文
  • 友人の中でも結婚が早かった私は、当時羨望の的だった
  • 社長賞を受賞し破格の賞与を手にした彼は羨望の的だ

「羨望する」の形でも使われる

「羨望」は、「羨望の的」「羨望の眼差し」のように慣用表現として使われることが多いですが、「羨望する」と動詞として使うことも可能です。「羨望する」とは、「うらやむ・うらやましいと思う」という意味です。また、「羨望に耐えない」とすると、「羨望の気持ちを抑えることができない」という意味になり、より強い感情を表す表現となります。

例文
  • 友人の成功を羨望する
  • 同期の栄転を聞き、羨望に耐えない

「羨望心」は「うらやむ心」のこと

「羨望心」とは、読んで字のごとく「うらやむ気持ち・心情」を表します。たとえば、「羨望心を抱く」「羨望心を持つ」といった使い方が可能で、いずれも「羨望する」と同じ意味で使用することができます。

「羨望」と「嫉妬」の違いとは

「嫉妬」は「うらやましくもねたむこと」

「嫉妬(しっと)」とは、「自分より優れた人を妬む(ねたむ)こと」や「やきもち」を意味する単語です。「嫉妬」は、「嫉妬心」という表現でもよく用いられます。たとえば、「出世した友人を嫉妬する」や「彼と親し気な女性に嫉妬する」などといった使い方が可能です。

「羨望」と「嫉妬」との違いはネガティブなニュアンス

「羨望」と「嫉妬」は、いずれも「うらやましい」という感情を含む表現ですが、「嫉妬」の持つ「妬む(ねたむ)」という意味には「うらやましくも憎む」というニュアンスが含まれます。つまり、「嫉妬」がネガティブな意味を含む「うらやましい」という感情であるのに対し、「羨望」はあくまでも純粋に「うらやましく思う」感情である点で異なります。「羨望」がやがて「嫉妬心」に変わることもありますが、両者はニュアンスの全く異なる表現です。

「羨望」の類語

似た意味の単語は「憧れ」「憧憬」

「羨望」と似た意味の単語は「憧れ」「憧憬(しょうけい)」です。「憧れ」とは、「思い焦がれたり、理想として思いを寄せたりする様」を表します。たとえば、理想とする人に対して、「自分もそうなりたい」と強く思うこと・惹かれることが「憧れ」です。「憧憬(しょうけい)」もまた、「憧れること」を意味する単語です。

「憧れ」「憧憬」は「理想とする人」に対する感情というのが特徴で、「羨望」は「自分よりも恵まれた境遇にある人」に対する感情である点で異なります。どのような人に対する感情なのかで、使う単語が変わってきます。

目上の人には「羨慕」を使う

「目上の人に対してうらやましく思う」という意味では「羨慕(せんぼ)」という単語があります。「羨慕」は、「うらやみ、したうこと」という意味です。「羨望」が「自分よりも優れた人」という幅広い対象に使えるのに対し、「羨慕」は「目上の人の見識・学識・人格」などに対して使うやや限定的な表現と言えるでしょう。

「羨望」の対義語

「羨望」と反対の意味の単語は「幻滅」

「羨望」と反対の意味を持つ単語には「幻滅」が挙げられます。「幻滅(げんめつ)」とは、「幻想からさめ、現実に戻りがっかりすること」という意味の単語です。たとえば、自分が思い描いていた事柄が、現実には幻に過ぎなかった・そうではなかったということを悟った場合に「幻滅」と表現します。

例文
  • 入社早々、激務な先輩社員の姿に幻滅した。ホワイトな職場には程遠い会社だった
  • 悠々自適な田舎暮らしを夢見ていたが、幻滅することばかりだ

「羨望」の英語訳

英語では「envious」「jealous」を使う

「羨望」を英語で表現する場合には、「envious(形容詞)」を使用します。「envious」とは「うらやましい」という意味の英単語で、「うらやむ」という動詞では「envy」があります。「I envy you.」「I’m envious of you.」で「うらやましいです」という意味になります。日本語の「羨望」のように、単に「(相手の持ち物などを)うらやましい」という意味で使われます。

「うらやましい」という気持ちを表す英単語には「jealous」もあります。「jealous」は「嫉妬深い・やきもちを妬く」などの和訳で知られていますが、会話表現として「うらやましい」という場合には、「envy」や「envious」よりも「jealous」の方が好んで使われるようです。たとえば、「I’m jealous of you!」で「うらやましい!いいな!」という意味です。ネガティブな感情を表す際にも「jealous」を使うことがありますが、日常的な軽い表現としても使えるのが特徴です。

まとめ

「羨望(せんぼう)」とは「うらやましく思う気持ち」という意味の単語で、「羨望の眼差し」「羨望の的」などの表現でよく知られています。これに対し、同じ「うらやましい」というニュアンスを含む単語でも「妬む・憎む」という意味を持つのが「嫉妬」です。似ているようで意味合いが大きく変わるため、区別して覚えておきましょう。