「各位」の意味とは?ビジネスでの正しい使い方と間違った使い方

ビジネスメールや文書でよく目にする「各位」という言葉。「皆様」という意味で使われていますが、その正しい使い方がわかりにくい言葉のひとつでもあります。今回は「各位」の意味と、ビジネスシーンでの正しい使い方と間違った使い方をまとめました。「各位」を正しく使う参考にしてみてください。

「各位」の意味と基本的な使い方

「各位」とは「複数の人に対する敬意を示す語」

「各位」とは、複数に人に対して使いながら、その一人一人を敬った語です。個人の名前をひとつひとつ挙げられないような状況で、複数いる相手に「各位」と呼びかけて敬意を表しています。

「各位」を分解すると、「各」はおのおのやめいめいという意味で、「位」には人の敬称です。つまり「各位」とはそれぞれに対して敬うという意味になり、個々に敬意を表した表現であることがわかります。

「各位」は一つの書面を複数人に送るときに使う

「各位」は一つの書面を複数人に送る手紙や案内状などに使われます。本来ならば、宛名に一人一人の名前を書くべき状況ですが、それが難しい場合に「各位」が用いられます。

宛名を省略するため相手に失礼な印象があるかもしれませんが、「各位」という語自体に相手を敬う意味が含まれているので相手に対して失礼ではない表現です。

「各位」を目上の人に使う

「各位」は敬称的な表現ですから、目上の人に使えます。ただし個人に宛てた表現ではないという点で使い方には気を付けましょう。

「各位」は改まった席上で使う

人が集まる席でも特にあらたまった席上の挨拶で、その場に居る人たちに呼びかける表現として「各位」が使われます。

改まった席でも結婚式のようなプライベートの集まりで使われることは少なく、礼儀を重んじるビジネスでの席上などで使われます。

「各位」と「皆様」との違い

「各位」は「皆様」よりもかしこまった投げかけ表現

複数の相手に投げかける表現として「各位」のほかに「皆様」もあります。「皆様」はその場にいる複数人の人に敬意を表した表現で、「各位」の置き換え表現としても使われます。

しかし「皆様」は「各位」に比べると、もう少し和んだ状況で使われることが多く、「各位」は「皆様」が使われる状況よりもかしこまった状況で使われます。

  • 「皆様」が使われる状況:パーティでの挨拶、アナウンス、手紙
  • 「各位」が使われる状況:改まった席上、案内状、お知らせ

【ビジネス】「各位」の正しい使い方

「各位」のみを単独に使う

ビジネスレターやメールの宛名で、「各位」とだけ記すことができます。

関係者各位など「各位」の前に名称を付けた言い方が多いですが、特に該当する名称が見つからなければ「各位」として表記するだけでも相手に敬意を表しています。

「関係者各位」や「担当者各位」はビジネスレター等で使われる

「関係者各位」や「担当者各位」は「各位」の正しい使い方のひとつで、一つの案件に関係する関係者や担当者に宛てたビジネスレターや文書、メールなどで使われます。

相手に対して敬意を表した表現なので、案内状から謝罪文に至るまで、主に社外宛ての手紙等で使われます。

■関連記事

「関係者各位」とは?「関係各位」との違いと目上・社外への使い方

宛名で「各位」を使った実用例

「○○各位」のように「各位」はある名称に続けて使いますが、各位を続けられる名称には次のようなものがあります。

  • 一般的な関係者:「関係」「関係者」「参加者」「会員」
  • (ビジネス)社内関係;「課長」「部長」「管理職」「役員」「従業員」「担当」「営業部」「総務部」「支店長」
  • (ビジネス)社外関係:「取引先」「ご担当者」「販売店」「テナント」「顧客」「お得意先」「株主」
  • 子供の親に対して:「父兄」「保護者」

「お客様各位」は文法的に間違いだが使われる定型句

「お客様各位」という表現もよく見られますが、この表現も「様」と「各位」が連結した二重敬語のため、日本語として間違った表現です。しかし定型句として定着してしまったために、一般的に使われています。

■関連記事

「お客様各位」は間違い?正しい意味や使い方にメール例文も紹介

【ビジネス】「各位」の間違った使い方

一人に対しては使うのは間違い

「各位」とは複数人に宛てた手紙やメール、あいさつに使われる表現ですので、相手が一人の場合に「各位」は使えません。

相手が一人の場合は、相手の氏名の後に「様」をつけるのが敬意を表した表現です。

「各位様」や「各位殿」は間違った使い方

「各位様」や「各位殿」といった表現を目にすることがありますが、「各位」と「様」または「殿」それぞれが敬称表現なので、二重敬語となり間違った使い方です。

複数の相手に対しては「各位」を使い、個人に対しては相手の使命の後に「様」または「殿」を使うのが正しい使い方です。

「社名」のあとは「各位」ではなく「御中」

宛名に社名を使う時、敬称は「各位」ではなく「御中」を使います。「御中」は宛名に使われる敬称で、個人宛ではなく社名や組織、部署名などの団体名に対して使われます。

「各位」は複数の人に宛てたときの宛名として使われ、送り先の個人に対して送るのに対して、「御中」は送り先の個人を指名するのではなく、送り先の誰かが読んでもらえばいいという状況で使われます。

まとめ

「各位」とは複数の相手に対して敬意を表した呼びかけの言葉です。改まった表現なので、案内状などのビジネスレターやメールでよく用いられます。相手に敬意を表せるので目上の人にも使えますが、「各位様」のような誤った使い方も多いので、正しい使い方を覚えましょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。