「定石」の意味とは?「定石通り」などビジネス例文と類語解説

「定石の通りに行う」「定石を踏む」などに使われる「定石」は本来は囲碁用語ですが、ビジネスシーンでも用いられる表現です。本記事では「定石」の意味に始まり、その使い方を例文で詳しく解説します。また、類語や英語訳についても紹介します。

「定石」の意味とは

「定石」の意味は「決まったやり方」、囲碁用語に由来

「定石」とは、「物事を行う上での決まった方法」「昔から最も良いとされてきた定番のやり方」という意味です。この「定石」とは、囲碁用語に由来し、「双方にとって最善とされる打ち方」が「定石」と呼ばれます。囲碁においては、長年培われてきたそのやり方(定石)に従えば互角になる場合が多いとされています。

読み方は「ていせき」ではなく「じょうせき」

「定石」は、「じょうせき」と読みます。「定」の字は通常「てい」と読むことが多いですが、「定石」を「ていせき」と読むのは誤りです。「定規(じょうぎ)」のように、「じょう」と読むと覚えておきましょう。

なお、「定石」は囲碁だけでなくオセロや将棋などでも用いられる表現です。囲碁やオセロでは、一度置かれた石は(裏返す以外)移動することがないのに対し、将棋では駒を移動させます。そこから、「もっともよいとされる軌跡通りに駒を進める」という意味で「定跡」の字が用いられることもあります。同様の理由で、チェスでも「定跡」の表記が使用されています。

「定石」の使い方と例文

ビジネスでは「定石通り」の表現でよく使う

ビジネスシーンでは「定石通り」という表現をよく用います。「定石通り」とは、「定番のやり方・最善とされているやり方」という意味、つまり「いつも通り」「これまで通り」というニュアンスで使用されます。

例文
  • 定石通りにやればこんなことにはならなかったのに
  • 定石通りではもう古いのではないだろうか

「定石を踏む」とは「定石通りのやり方をすること」

「定石を踏む」もまた、「いつものやり方で行う」という意味になります。「定石通りに行う」ことを「定石を踏む」とも表現できるのです。

例文
  • 定石を踏むことはとても大切だ
  • 定石を踏めば必ず成功するというわけではない
  • 定石を踏むことはチームの暗黙のルールとなっている

「定石的」や「定石をうたがう」という表現も

「定石」の使用例では、「定石的」という表現も挙げられます。たとえば、「定石的にはB案だが、たまには思い切った方向転換も必要だ」というと「定石通りのやり方はBだが~」という意味です。

また、従来のやり方に疑問を呈するような言い回しでは「定石をうたがう」という表現もあります。この「定石をうたがう」や「定石をうたがえ」とは、「これまでのやり方に従っているだけでは勝てないので、自分で考えるべきだ」という意味も含む表現です。

例文
  • 定石を疑うことで新しい道が開ける
  • 歴史に名を刻んだ人物の多くは、定石をうたがった人たちなのかもしれない

「定石」の類語

「定石」の類語は「定法」や「王道」

「定石」と似た意味の単語には、「定法」が挙げられます。「定法(ていほう)」とは、「いつものやり方・決まった法則」のことです。日常会話では、「王道(おうどう:安易に成功につながる方法)」や「お決まりのやり方」という表現も、「定石」と似たような意味で使える表現です。

「定石」をカタカナ語にすると「セオリー」

「定石」は「セオリー」とも言い換えることができます。「セオリー」とは、「理論・仮説・確立された方法」の意味を持つカタカナ語です。「セオリー通り」というと、「理論通り」「定石通り」という意味になります。「セオリー」はビジネスシーンでよく用いられるカタカナ語のひとつですので、これを機に覚えておきましょう。

「定石」の英語訳

「定石」は英語で「standard tactics」

「定石」は英語で、「standard tactics」と表現することができます。直訳すると「基本戦術」という意味になり、「定石」の和訳が宛てられる表現です。たとえば、「It’s standard tactics to~」とすると、「~するのが定石だ」という意味になります。また、「established tactics(確立された戦術)」といった表現も、「定石」の意味で使用が可能です。上記以外にも、「定石通りに行う」という意味では「go by the book」「do by the book」が用いられます。なお、囲碁における「定石」は、「the standard moves in the game of go」と表現されます。

まとめ

「定石(じょうせき)」とは、「物事を執り行う上での決まったやり方・最善とされているいつものやり方」という意味です。元々は囲碁の打ち方に関する表現ですが、ビジネスシーンでも「定石通り」「定石的には~」などといった形で用いられることがあります。カタカナでは「セオリー」と同義になりますので、併せて覚えておくと良いでしょう。