「警鐘」の意味とは?「警鐘を鳴らす」など例文と類語・英語表現も

何らかの危険性を伝える場合に「警鐘を鳴らす」という表現を用いることがありますが、この「警鐘」にはどういった由来・意味があるのでしょう。本記事では「警鐘」の意味や使い方について、例文で詳しく解説します。また、類語や「警笛」との違い、英語訳についても触れています。

「警鐘」の意味とは

「警鐘」とは「警告のためにならされる鐘」を意味する

「警鐘」とは、「警告のためにならされる鐘」のことです。古くは戦いや災害の際に、危険を知らせるために鐘をならしたものですが、その差し迫る危険を伝える鐘のことを「警鐘」と呼びます。転じて、現代では比喩として「良くない事態が近づいているのを知らせること」という意味で使用されています。

「警鐘」の読み方は「けいしょう」

「警鐘」は「けいしょう」と読みます。まれに「けいりん」と誤った読みをする人もいますが、そもそも「警鐘」の「鐘」はいわゆる「釣り鐘」を意味する字であるため、「りんりん」というよりは「かんかん」といった音のイメージが近いでしょう。

「警鐘」の使い方と例文

「警鐘を鳴らす」のフレーズが一般的

「警鐘」は、「警鐘を鳴らす」という表現で用いられるのが一般的です。「警鐘を鳴らす」とは、「事態が悪化していることを指摘する・危険が迫っていることを知らせ警戒させる」という意味になります。

例文
  • 今夏の猛烈な気温上昇に、医師たちが警鐘を鳴らしている
  • 警鐘を鳴らすのは有識者の務めのひとつと言えるだろう

本来、火事などを伝えるために用いられた「警鐘」ですが、昨今は火事や洪水などのように今すぐに命に係わる事柄よりも、「現在の状況やその先に起こる事柄を憂慮し、警告する」というニュアンスで用いられることが増えているようです。

「専門家が警鐘」などの形でも用いられる

「警鐘」という単語は、ニュースの見出しでもよく用いられます。たとえば、とある専門家が地球温暖化やそれに伴う気候変動を研究し、新たな見通しを発表した場合に「○○大研究チーム、気候変動に警鐘」として記事になることもあるでしょう。「警鐘」という単語を使うことで、タイトルから「事態が良くない方向へと向かっていて、その危険性を伝えている」ということが伺えます。

「警鐘する」とは使わない

「警鐘」は「警告している」という文脈で用いられる単語ですが、「警鐘を鳴らす」はあくまでも「警告するための鐘」を比喩として用いた表現です。そのため、「警鐘する」という使い方はしません。また、「警鐘を発する」という表現で使う人もいますが、こちらもメジャーな使い方とは言えないでしょう。「危険性を指摘して、警戒を促す」という意味では「警鐘を鳴らす」というフレーズで用いるのが一般的です。

「警鐘」の類語

似た意味の表現は「注意を促す」や「忠告する」

「警鐘を鳴らす」と似た意味の言い回しでは、「注意を促す」や「忠告する」が挙げられます。たとえば、「急激な気温上昇に警鐘を鳴らした」は、「急激な気温上昇に注意を促した」と言い換えることができるでしょう。また、「忠告」には、「過ちや欠点などを戒めさとす」という意味があり、「良くないことが起きそうな場合に気を付けるようにさとす」際に使用できます。そのため、「市民に警鐘を鳴らした」は、「市民に忠告した」との言い換えも可能です。

「警笛」は「電車などの警笛音」のこと、類語ではない

「警鐘」と似た単語に「警笛」が挙げられます。「警笛(けいてき)」とは、「電車などが近づいてくる際に、それを知らせるために使われる警告音」のことです。

「危険を知らせるためのもの」という点では共通する意味がありますが、「警笛を鳴らす」は交通機関で主に使われる表現です。そのため、一般的に「警告する」や「警戒を促す」というニュアンスで使用することはできません。

「警鐘」の英語訳

「警鐘を鳴らす」は英語「warn」でも表現可能

「警鐘」は英語では「alarm bell」となり、「警鐘を鳴らす」は「sound an alarm bell」と表現します。「ring the alarm」もまた、「警鐘を鳴らす」という意味で使用される表現です。これら以外でも、「良くない方に向かっていることを知らせ、警戒を促す」という意味では、単に「warn」や「alert」を使って表現することもあります。

例文
  • その会合は地球温暖化に警鐘を鳴らした
  • The meeting sounded an alarm bell on the Global warming.
  • The meeting rang the alarm on the Global warming.
  • The experts warned against the Global warming.

まとめ

「警鐘」とは「危険を知らせ、警戒を促す鐘」のことで、現代では「良くない方向へと向かっていることを指摘する・警告する」という表現で使用されるのが一般的です。具体的には、事態が悪化していること、あるいはこの先良くない状況が待ち受けているような場合に「~に警鐘を鳴らす」あるいは「~が警鐘を鳴らした」のように用いられます。「専門家が警鐘」のニュース見出しを目にしたら、良くない事柄を想定しましょう。