「簡潔」の意味は?「簡潔明瞭」など使い方と類語・対義語や英訳

「簡潔に教えてください」「簡潔に言うと」など、ビジネスシーンでは「簡潔」という単語を用いて表現することは少なくありません。ここでは、「簡潔」の詳しい意味をはじめ「簡潔明瞭」や「簡潔でわかりやすく」など実際の使用例を紹介します。また、「簡潔」の類語・対義語や英語訳など関連用語についても触れています。

「簡潔」の意味とは

「簡潔」は「簡単で要領を得ていること」という意味

「簡潔」とは、「簡単で要領を得ていること・無駄がないこと」という意味です。一般に、「簡単に」を「簡潔に」と置き換えられる場合が多く、手短ではっきりしている様を表す際にも用いられます。

ただし、単に「簡単」というわけではなく、「要領を得ていて無駄がない・わかりやすい」というニュアンスを含む点がポイントです。

「簡潔」の使い方と例文

「簡潔に書く」など「簡潔に~する」が一般的

「簡潔」という単語は、情報を伝える際などに「簡潔に~する」の形でよく用いられます。たとえば、「簡潔に伝える」「簡潔に話す」「簡潔に書く」がその代表例です。

例文
  • できるだけ簡潔に記載してください
  • 簡潔に伝えることが理解してもらうための第一歩だ
  • だらだらとした前置きはいいから、要点のみを簡潔に話してくれ

一方で、情報伝達以外ではあまり用いられないのも特徴で、たとえば「簡潔に作業する」「簡潔に終える」などといった使い方はしません。

「簡潔に言うと」と文頭で使うこともある

「簡潔」は、文頭などで「簡潔に言うと」と前置きする形で用いられることもあります。たとえば、「簡潔に言うと、この企画書では通らない」などと使うことができます。理由や経緯を長々と話す前に、先に結論や核心を述べたい場合にも使える表現です。

例文

簡潔に言うと、今回の件は君に非はない

「簡潔明瞭」とは「単純ではっきりしていること」を表す

「簡潔明瞭(かんけつめいりょう)」とは、「単純ではっきりしていること」という意味の四字熟語です。「明瞭」には「見やすく、はっきりしている様・明らかであること」という意味があり、「簡潔」とつなげて用いることで「単純ではっきりしていてわかりやすい」という意味になります。

「簡潔でわかりやすい」は好まれるが「簡潔すぎる」は△

ビジネスシーンでは「簡潔」であることは相手に興味を持ってもらうためにも重要視されます。たとえば、資料の限られたスペースで的確に伝えるため、あるいは面接など限られた時間内で自分について正しく知ってもらうためなど、あらゆるシーンで「簡潔さ」がプラスにはたらくでしょう。

ただし、「簡潔さ」が過ぎると単に言葉足らず・説明不足に陥る懸念もあります。単に情報量を減らすのではなく、要点をしっかりとおさえながら無駄なくまとめるのが「簡潔」のポイントです。

「簡潔」の類語

「簡潔」と似た意味の単語は「端的」「簡明」

「簡潔」と似た意味の単語は「端的」や「簡明」が挙げられます。「端的」とは、「明白な様・手っ取り早く要点だけをとらえる様」という意味を持つ単語で、ビジネスシーンではとりわけ「手短にまとめた」という意味で用いられることが多いでしょう。たとえば、「端的に言うと」は「簡潔に言うと」と似た意味で用いることのできる表現です。一方、「簡明(かんめい)」とは「簡単ではっきりしていること」という意味で、先述した「簡単明瞭」と同じ意味で使うことができます。

「簡潔」の対義語

「簡潔」と反対の意味の単語は「冗長」

「簡潔」と反対の意味を持つ単語は「冗長(じょうちょう)」です。「冗長」とは、「(文章や話などに)無駄が多く、長いこと」という意味です。たとえば、話が重複していたり、不必要に長かったりする無駄の多い文章・スピーチなどに対して「冗長表現」などと使われます。

「簡潔」の英語訳

「簡潔」は英語で「brief」

「簡潔」を英語で表現する場合には「brief」という単語を使用することが多いでしょう。「brief」には「簡単な・簡潔な」という意味の他、「短時間の・手短な」といった意味もあります。たとえば、「a brief note(簡潔な手紙)」などの使い方ができます。また、「簡潔に言うと」は「in brief」や「briefly」「briefly speaking」などと表現します。

例文
  • to write a brief summary.(要点を簡潔に書く)
  • That’s it in brief.(簡潔にいうと、そうなります)
  • He gave some reasons in brief.(彼は簡潔に理由を説明した)

まとめ

「簡潔」とは、「簡単で要領を得ていること・無駄がないこと」を意味します。ビジネスシーンでは「簡潔に説明する」などの使用例からもわかるように、「簡潔」であることはしばしば重宝されますが、「簡潔すぎる」のは好まれません。「簡潔」では、要点を抑えていることが大きなポイントとなることは覚えてきましょう。