「別添」の意味とは?「別紙」との違いや「添付」との使い分けも

「別添」とは「別に添え(られ)ること」という意味の言葉ですが、似たような言葉に「別紙」や「添付」もあり、どのように違い、どのように使い分けるべきなのでしょうか。

今回は「別添」の読み方と意味にはじまり、「別紙」との違いや「添付」との使い分け方を解説します。また「別添」の英語表現についても紹介します。

「別添」の読み方と意味

「別添」は「べってん」と読む

「別添」とは「べってん」と読みます。「別」の音読「べつ」と「添」の音読「てん」が連続して読まれることで、「べつ」の「つ」が詰まるような音となる「っ」となり「べってん」となります。この詰まるような音への変化を促音化と言います。

「別添」とは「別にして添えること」という意味

「別添」とはなにかを別にして添えることという意味です。なにか主となるものがあり、それとは別に補助的なものを付け加えることです。

ビジネスシーンで使われることがよくあり、メインとなる資料があり、それに補助的な資料を添えるようなときに使われます。またビジネスでは特に、その補助的な資料が外部資料の場合に「別添」が用いられます。

「別添」の例文

  • 「別添の書類に目を通す」
  • 「資料を別添する」
  • 「別添された書類の多さに驚いた」

「別添」と「別紙」の違いとは?

「別紙」とは「補足として付ける紙」のこと

「別紙」とはメインとなるものに補足的につけ添える紙のことです。「別紙」にはもう一つの意味として単に別の紙もあるのですが、「別添」と混合されやすい言葉として「別紙」を考える場合には補足的につけ添える紙の意味でとらえられています。

使い方としては、メインとなる資料を補足するために添えられた紙を見るように指示するときなどに使います。

「別紙」を使った例文
  • 「詳しくは、別紙をご覧ください」
  • 「当商品のテスト結果の詳細については、別紙をご参照ください」

「別添」と「別紙」の違い①:「行為」と「もの」

「別添」と「別紙」の違いには二つあり、1つ目の違いは「別添」とはメインのものに対して添える行為を指しているのに対して、「別紙」は添えられるものそのものを指すという違いがあります。そのため「別添」は「別添する」のように動詞として用いられることがあるのに対して、「別紙」は動詞として使われることはなく名詞として使われます。

「別添」と「別紙」の違い②:「外部資料」と「自作資料」

「別添」と「別紙」のもう一つの違いは、ビジネスシーンで「別添」や「別添参照」というと外部資料のことが多く、一方「別紙」や「別紙参照」は自社資料や自作資料であることが多いことです。

「別添」と「添付」の使い分け

「添付」とは「補足として付け添えること」

「添付」とは主となるものに補足として付け添えることという意味です。例えば「パーティの案内状に招待券を添付する」のように使われます。

「添付」は「添付資料」のように名詞として使われるだけでなく、「添付する」のように動詞として使われることも多い言葉です。

「添付」はメイン資料に関連しているだけでいい

「添付」として付け添えられる資料は、メインの資料に関連している資料ならばどんな資料でもいいというオールマイティーな使われ方をしています。

ビジネスシーンでは「別添」は外部資料で「別紙」は自作資料など資料によって使い分けされているのに対して、「添付」は補足される資料を限定しません。そのため様々なタイプの資料を付け添えるときには「添付」という言葉が重宝します。

メールに資料を付け添えるときには「添付」を使う

「添付ファイル」や「資料を添付しました」など、メールに資料を付け添える場合には「添付」が使われています。「添付」は主題に関連していればどのようなタイプの資料にも使えることから、メールでも使われているのです。

メール以外でも、紙の資料や書類などでも補足資料を付け添える場合は「添付」が使われることが多いでしょう。

参照:「添付」の意味とは?メールでの使い方・例文と類語「送付」も解説

「別添」の英語表現

「別添」は英語で「appendix」や「attachment」

「別添」の英語表現には「appendix」や「attachment」が使われます。

ただし英語には「別添」「別紙」「添付」のように添付される資料に応じて言葉を使い分けることはないので、「appendix」と「attachment」の両方とも「別添」だけでなく「別紙」や「添付」と訳されることがあります。

例文

“The checklist is found in Appendix A.”
「チェックリストは別添Aにてご確認いただけます」

メールには「attachment」を使う

メールで添付された資料については「attachment」が使われています。「attachment」「appendix」よりも広範囲で使われている言葉で、動詞の「attach」も含めてメールだけでなくカジュアルなシーンからビジネスシーンまで用いられています。

例文

“Please see an attached document.”
「添付した資料を見てください」

まとめ

「別添」とは「補足的に付け添えられること」という意味で、添付される資料でも特に外部資料の場合に用いられる言葉です。「別紙」は自作資料を指すことが多く、「添付」は外部資料や自作資料などの垣根がないなど、それぞれの言葉には異なる使い方がありますから、それらを把握してビジネスでも積極的に活用していきましょう。