「マトリクス」の意味とは?図・表などビジネスでの使用例を解説

ビジネスシーンでは分析や情報整理の手法として「マトリクス図」を使用することがあります。また、「マトリクス組織」「マトリクス認証」などもビジネスで用いられる表現です。本記事ではこの「マトリクス(マトリックス)」という単語の意味をはじめ、使用例について解説しています。また、「マトリクス図」と呼ばれる表の書き方についても触れています。

「マトリクス」の意味とは

「マトリクス」とは一般に「数学の行列」のこと

「マトリクス」とは、元々は「母体」「基盤」という意味で、一般には「数学の行列」を意味します。ただし、ビジネスシーンにおいては「マトリクス図」と呼ばれる表を指す表現として広く定着していて、分析手法や論理的思考を助ける手法として知られています。

英単語の「matrix」に由来、「マトリックス」とも

「マトリクス」というカタカナ語は、英単語の「matrix」に由来します。「matrix」には、「物を生み出す母体・基盤」という意味があり、「鋳型」「発生源」などの意味でも用いられる単語です。その発音から、「マトリックス」と表記されることもありますが、いずれも同じ意味を持つカタカナ語として使用することができます。

「マトリクス図」とは?その作り方

「マトリクス図・表」とはデータ分析に用いられる表

「マトリクス図」とは、ある事柄を細かく掘り下げる際に用いる表のことで、縦軸と横軸に情報を分類することで関係性や相関関係をとらえるために用いられます。マーケティングの分野でよく用いられる手法で、「マトリクス=マトリクス図(表)」を意味する単語として用いられることも多いでしょう。

例文

視覚的に把握するためにもマトリクスによる分析が不可欠だ。

各要素の関係を整理・分析する際に用いられる

「マトリクス図(表)」は、縦と横の行列形式の表で、行と列が交差する箇所に書き込みをすることで各要素の関係を整理したり、分析したりするのに役立ちます。情報を書き込むことで、視覚的に整理することができるのも「マトリクス図」の大きな特徴です。事象のパターンを見分ける際、あるいは複数の要素を網羅的に比較したい場合や論理的アプローチを求める場合にも重宝されます。

行に検討したい項目を、列に関係性を整理したいものを書く

「マトリクス図」では一般に、行に検討したい項目を、縦に関係性を整理したいものを書くことが多いでしょう。たとえば、行には対策案A・B・Cを並べ、列にはコスト・期待できる効果・実現性などの懸念材料を並べます。項目を書き出したら、行と列がぶつかる箇所に、それぞれの評価(◎・○・△・×など)を記入し、分析します。

「マトリクス図」の作成では目的をはっきりさせるのも重要

「マトリクス図」を作成する際は、目的を明確にし、そのために必要な項目をすべて記入することがポイントです。「マトリクス図」は2×2の構図でも有効ですが、必要であれば列をどんどん増やし、検討することが可能です。

「マトリクス」を使った言葉

「マトリクス組織」は縦軸と横軸の2つの指揮命令系統を持つ組織

「マトリクス組織」は、組織構成を意味する表現で、「縦軸と横軸の2つの指揮命令系統」を持つ組織を意味します。「職能別組織形態」とも呼ばれます。この「マトリクス組織」においては、従業員は「営業」と「関西エリア」のように2つの部門に属することになります。

これに対し、従来のいわゆる「ピラミッド型」と呼ばれる組織体系では、従業員が属するのは縦割りの1系統のみです。この場合、トップからの指令が現場に到着するのに多くの段階があったのに対し、「マトリクス組織」の場合は伝達スピードが速まるのが大きな特徴です。

その一方で、「マトリクス組織」の場合は、命令系統が複数あることから権限の所在が分かりにくいというデメリットも挙げられます。

「マトリクス認証」はワンタイムパスワードの一種

「マトリクス認証」とは、セキュリティ認証の手法のひとつで、画面に表示された数字の表から、あらかじめ設定しておいた位置と順番で決まるワンタイムパスワードを入力する手法のことです。

「マトリクス認証」では、利用者はあらかじめ設定した位置と順番に従い、画面上の数字を入力します。画面に表示される数字の並びはアクセスする度に変わるため、入力した数字はあくまでもその時だけの(ワンタイム・一時的)パスワードとなります。読み取られるリスクが少ないこと、また流出の危険性が低いことなどのメリットでも知られる認証方法です。

まとめ

「マトリクス」は元々は「うみだすもの」を意味する単語で、「母体」「基盤」や「数学の行列」を意味する英単語に由来します。ただし、ビジネスシーンで用いられる際は、物事の関係性を整理するための「マトリクス図」の意味がほとんどです。「マトリクス図」は、情報分析の手法としてもよく知られていて、視覚的にも判断できる点は大きなメリットと言われています。