「離職票の発行」の流れとは?発行の条件とトラブル対処法を紹介

離職票は失業手当の手続きに必要な書類ですが、どのような流れで発行されて、いつもらえるのか、また受け取るまでにどれほどの期間がかかるのでしょうか。

今回は、離職票の発行の流れや受け取りまでの期間のほかに、発行の条件を解説します。また、会社が離職票を発行してくれないときの対処法など、離職票の発行に関するトラブル対処法を紹介します。

離職票発行の流れとは?いつもらえるのか?

「離職票」とは「失業手当の手続きに必要な書類」

「離職票」とは再就職まで受け取れる失業手当(失業給付金)の受給手続きに必要となる公的な書類で、ハローワークによって発行されます。失業手当は失業保険とも呼ばれ、加入していた雇用保険による失業中に受けられる給付金のことです。給付金額や給付期間は退職者の年齢や退社した会社の勤務期間のほかに離職理由などによって決まります。

退職者が会社に依頼すると離職票の発行手続きに入る

離職票の発行は、退職者が会社に離職票の発行を依頼することから始まります。離職票はハローワークが発行する書類なのですが、離職票の依頼はハローワークではなく退職予定の会社で行います。

離職票発行の流れ

  1. 退職者が会社に離職票発行を依頼します。会社が退職者に離職票をいるかどうかを確認する場合もあります。
  2. 会社は「離職証明書」と「資格喪失届」を作成してハローワークに提出します。ハローワークは受け取った書類を基に離職票を発行します。「離職証明書」は離職票を発酵するために必要な書類であり、「資格喪失届」は健康保険や厚生年金といった社会保険の資格喪失の手続きに必要な書類です。
  3. ハローワークは離職票を作成して発行します。
  4. 離職票は会社に送付され、会社から退職者に届けられます。一般的には郵送ですが、退職者が会社に取りに出向く場合もあります。

離職票を受け取るまでの期間は2週間が目安

離職票が手元に届くのは、退職した日の翌日から数えて2週間以内が一般的ですが、会社やハローワークの繁忙期と重なるなどして発行手続きに遅れが生じることもあります。

もしも2週間経っても離職票が届かない場合には、退職した会社またはハローワークに問い合わせましょう。

離職票の発行の条件とは?

雇用保険に加入していること

離職票が発行される条件とは、雇用保険の加入です。離職票は失業手当の受給手続きに必要な書類であり、その失業手当は雇用保険の加入者に対して給付される手当だからです。

アルバイトやパートも雇用保険に加入しているならば失業手当の給付対象者となるので、会社は退職者の求めに応じて離職票の発行手続きを進めなくてはなりません。

離職票を必ず発行しなくてはならない場合とは?

退職者が59歳以上の再就職希望の場合

退職者が59歳以上で再就職を希望している場合、退職者からの依頼の有無とは関係なく離職票が必要になります。退職者が再就職をすると、再就職した会社は「六十歳到達時等賃金証明書」をハローワークに提出しなくてはなりません。その際の添付書類として離職票または雇用保険受給資格者証を求められるからです。

「六十歳到達時等賃金証明書」とは、60歳以上の労働者が雇用継続または再雇用された際にハローワークに提出する書類です。この書類によって、給与が一定以上よりも下がった場合に高年齢雇用継続給付が受けられるのですが、「六十歳到達時等賃金証明書」はその高年齢雇用継続給付を受けられるかどうかの判断や賃金月額の登録に用いられます。

退職者の依頼があればいつでも発行する

退職者が離職票を依頼すれば、会社はそれに応じる義務があります。雇用保険法により正当な理由なしに離職票の依頼を拒否すれば、その会社または事業主は6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられることになっています。

退職時に離職票はいらないことが確認されていても、後日、退職者から離職票の依頼受けた場合でも離職票の発行手続きを行います。

離職票の発行に関するトラブルと対処法は?

離職票を発行してくれないときはハローワークに相談

会社が離職票の発行を拒否した場合には、ハローワークに相談します。本人に代わり、ハローワークが会社に離職票発行のための離職証明書等の書類の作成と提出を促します。

発行済みの離職票の訂正は「離職票記載内容補正願」を提出

発行済みの離職票の訂正には、雇用保険被保険者離職票記載内容補正願をハローワークに提出します。この内容補正願はや離職証明書の記載内容に訂正および加筆がある場合にも用いられます。

添付書類として、訂正内容が正しいことを証明できる書類や事業主が保管していた離職証明書などもあります。

離職票の再発行はハローワークに請求する

失くした離職票の再発行は退職した会社かハローワークで請求できます。退職した会社なら再発行を依頼すると、再発行されるまで約1週間かかります。

短期間で離職票を再発行してもらいたいのなら、ハローワークでの申請がいいでしょう。免許証などの写真付きの身分証明書と印鑑を持参して、「雇用保険被保険者離職票再交付申請書」を提出します。ハローワークが混んでいなければ、最短だと即日で離職票を受け取ることができます。

参照:「離職票の再発行」とは?紛失時の対応方法や手続きの方法を解説

まとめ

離職票は失業手当の手続きに必要な書類で、厚生年金に加入している退職者は会社に依頼して一般的には2週間以内に受け取れます。会社は会離職票発行の手続きを吸勧める義務があるのですが、もしも会社に離職票の発行を拒まれたらハローワークに相談して対処してもらいましょう。