「徴収」の意味とは?類語「徴集」「請求」との違いや対義語も

給与に関して「源泉徴収」「特別徴収」などのワードを耳にすることがあります。「徴収」は主に税に関して用いられることが多いですが、単語としてはどのような意味を持つのでしょう。本記事では「徴収」の意味と使い方を例文で解説しました。同じ読みの「徴集」のほか「請求」「領収」などとの違いについても触れています。

「徴収」の意味とは

「徴収」とは「人から金銭を集めること」

「徴収」とは、「人から金銭を催促し、集めること」という意味です。「徴」の字には「呼び出す・取り立てる」などの意味があり、「収」には「取り入れる・おさめる」などの意味があります。

特に「徴収」は、「行政機関が税金や手数料などを国民から取り立てる」という意味で用いられるのが特徴です。一方で、行政機関に限らず、組織・団体などがその規定に従って金銭を取り立てる場合にも使用されます。

「徴収」の使い方と例文

「徴収する」「徴収金」と使う

「徴収」は「(税金などを)徴収する」や「徴収金」の形で用いられます。また、税金以外でも会費などを催促して集める場合にも使うことができます。

例文
  • 税金の徴収。
  • 町内会費を徴収する。
  • 教材費等は学校徴収金として現金で集金します。

「徴収」は敬語として使う場合には配慮を

先述したように「徴」の字には「取り立てる」という意味があるため、「徴収」にはやや強制的・威圧的なニュアンスが生じます。そのため、特に目上の人に使う場合にはあとに続く言葉に配慮する、あるいは柔らかい表現に言い換えるのがベターです。

例文
  • 会費は後日徴収させていただきます。
  • 町内会費を集金します。
  • 会費を集めますのでご用意をお願いします。

なお「徴収する」を「集金する」「集める」などに言い換えた場合には強制的なニュアンスが失われてしまうため、「(任意ではなく)支払わなければならないお金」ということを強調したい場合には「徴収させていただきます」と言葉を変えない表現がよいでしょう。

「徴収猶予申請書」「徴収引受通知書」は納税用語

「徴収」は様々なシーンで用いられますが、最も多いのが税関係です。たとえば、「徴収猶予申請書」とは何らかの要因で収入が大きく減少するなどしたことを理由に、本来の納付期限を猶予するための申請書のことです。一方、「徴収引受通知書」とは「徴収権限」が異動したことを通知する書類のことで、たとえば地方税の滞納により、徴収権限が市長から地方税滞納整理機構に異動した場合などに送付されます。

このように、税に関するあらゆる文書で「徴収」の文字を見かけますが、「税金の取り立て」に関する文書だということができるでしょう。

「徴収」の類語

「徴収」の言い換えは「集金」「回収」

「徴収」は「集金」や「回収」などの単語に言い換えることができます。

「集金」には本来強制のニュアンスはありませんが、「会費を集金する」のように「払わなければいけないお金」に対してもしばしば用いられます。一方、「回収」には「(一度相手に渡したものを)再び集める」という意味があり、貸したお金を返してもらう場合のほか「債権回収」のように「取り立てる」の意味でも用いられる表現です。

「徴集」は「人や物を集めること」を意味する

「徴集」は「ちょうしゅう」と読み、「人や物を集める」という意味です。たとえば、「軍人を徴集する」のように強制的に人を集める場合のほか、何か目的があって人・物を集める際に用いられます。読みは「徴収」と同じですが、意味は異なります。

「請求」との違いは強制のニュアンスがあるかどうか

「請求」は「正当な権利として求めること」という意味の表現で「請求書」のように金銭を求める場合に使用することができます。一方の「徴収」は、「お金を集める」という意味では似ていますが、支払う必要がある・強制の意味を含むという点で異なります。

「領収」は「お金を受け取ること」

金銭の受け渡しに関係するワードでは「領収」もよく耳にします。「領収」とは、「支払われたお金を受け取ること」を意味し「代金を領収する」や「領収書」などの表現でもちいられます。「徴収」とは異なる意味の表現です。

「徴集」の対義語

反対の意味を持つのは「納付」や「納入」

「徴収」と反対の意味を持つ単語は「金銭を収める」という意味を持つ「納付」や「納入」が挙げられます。「納付」は「支払わなければならないお金を収める」という意味で、「税金を納付する」などといった使用が可能です。

一方、「納入」とは「品物や金銭をおさめること」を意味します。「納入」は金銭とは限らないという点が相違点です。また、「支払いの義務」というニュアンスがない点でも「納付」とは異なります。

「徴収」の英語訳

「徴収」は英語では「collect」

「徴収」は英語では「collect」を使用します。「税金を徴収する」は「collect taxes」となります。同じく、「徴収」の意味で用いられる単語には「levy」もあります。「to levy taxes(税金を徴収する)」といった使い方が可能です。

まとめ

「徴収」は「人から金銭を催促し、集めること」という意味で、「取り立てる」というニュアンスを含む表現です。主に「税金を徴収する」のように、行政機関や組織がその規定に従い金銭を取り立てる場合に用いられます。税に関する用語では頻繁に用いられる単語です。