「ブレイク」の意味は?ビジネスから音楽・ダンスまで使用例解説

人気のある芸能人を「ブレイクしている」と言ったり、「ブレイクタイム」として休憩を取ったり、日常会話でも「ブレイク」というワードは比較的なじみがあるのではないでしょうか。ビジネスでは「ブレイクスルー」「ブレイクダウン」などの表現でも耳にする「ブレイク」について、その意味と使い方、関連用語を解説します。

「ブレイク」の意味とは?

「ブレイク(英語break)」は「割れる・壊れる」や「中断する」という意味

「ブレイク」という単語は、元々は「割れる・壊れる・砕ける」や「中断する」という意味を持つ単語です。英単語の「break」がそのままカタカナ語として定着したもので、「She broke the cup into pieces.」で「彼女はカップを粉々に割った」という意味になります。

尚、英単語の「break」は動詞として単体で用いられるよりも、他の語と組み合わせた慣用表現としての使用が多いのも特徴で、カタカナで用いられる場合も同じ傾向にあります。

「ブレイクする」は「爆発的に人気がでること」の意味に

「ブレイク」は「割れる・壊れる」などの意味ですが、「ブレイクする」は一般に「爆発的に人気が出ること・急激に人気が出て引っ張りだこの様」を意味します。主に話題になった著名人・芸能人によく用いられる表現です。

この場合の「ブレイク」は、英語の慣用表現「break through」に由来すると言われています。「break through」は「押し通す・突破する」などの意味を持つ慣用表現です。

例文
  • 今年ブレイクしたタレントと言えばあの人気女性ユーチューバーだろう。
  • その親しみやすさから、特に若い世代でブレイクした。

「ブレイク」を使ったビジネス用語

「ブレイクスルー」は「従来にはなかった方法で問題を突破すること」

ビジネスシーンで用いられる「ブレイクスルー」とは、「目の前にある課題や障壁を、従来にはない方法で突破すること」を意味します。「困難や障害を突破すること」あるいは「その突破口」を指して「ブレイクスルー」と言います。単に「課題を解決する」のではなく、「従来にはない方法、斬新な方法で突破する」というニュアンスを持つ点が特徴です。

例文
  • 新社長は、製造過程の大半を変更するというブレイクスルーを実施した。
  • ブレイクスルーによってわが社のピンチはチャンスへと変わった。
  • 状況を変えるためには何らかのアクションやブレイクスルーが必要だ。

「ブレイクダウン」は「下部組織に伝達する」「概要を細分化する」

「ブレイクダウン」とは、「上位組織における決定を下部組織に伝達・指示すること」あるいは「概要を詳細に落とし込み、細分化すること」を意味します。たとえば、大枠が決められたものに対し、作業ができるレベルまで細かく詳細化することなどを指して「ブレイクダウン」と言います。

例文
  • 営業目標の達成には、各人の作業レベルにまでブレイクダウンすることが必要だ。
  • ブレイクダウンすることで会社としての方針を一貫化することができる。

「ブレイクアウトセッション」は「分科会」

「ブレイクアウトセッション」は「テーマ別の分科会」の意味での使用が多いでしょう。イベントなどで同時間に複数のセッションが開催される場合などに用いられる表現で、テーマ別に行われるのが通例です。参観者が自分での興味に合わせたセッションに参加できるなどのメリットが挙げられます。

また、ウェブ会議システムでは、全体会議から退室することなくグループに分かれてディスカッションができる機能に対し「ブレイクアウトセッション」のネーミングが用いられることも多いです。全体から少人数に分かれた「グループミーティング」のニュアンスともいえるでしょう。

例文
  • ここからはブレイクアウトセッションとなります。
  • 全体会議が煮詰まったのでとりあえずブレイクアウトセッションとなった。

「ブレイク」を使った様々な表現

「ブレイクタイム」は「休憩」のこと

「ブレイクタイム」とは「休憩時間」のことです。英語では「have a break」で「休憩する」を意味する他、「ブレイク」だけでも「休憩」のニュアンスで用いられることもあります。

例文
  • そろそろブレイクタイムとしましょう。
  • 今日のブレイクタイムはお気に入りのカフェにしよう。

音楽用語としての「ブレイク」は「曲の途中の空白」のこと

音楽用語として用いられる「ブレイク」は、「曲の途中の空白部分」のことで、一時的にリズムやメロディが停止した部分を指します。演奏の際に、意図的に無音の状態を作ることを意味する場合もあります。

「ブレイクダンス」はダンスジャンルのひとつ

ダンスジャンルのひとつ「ブレイクダンス」は、1970年代のアメリカで発祥したと言われています。争いが絶えないギャング達をこの「ブレイクダンス」のバトルで競わせたことをきっかけに、大きく広まったと言われています。

「ブレイクダンス」の一番の特徴は床を使って体を回転させたりくるくると回ったりする点で、様々なポーズを決める様も象徴的です。

まとめ

「ブレイク」は爆発的な人気を意味する「ブレイクする」という表現に始まり、ビジネスシーンでは「ブレイクスルー」や「ブレイクダウン」などの表現で用いられます。ほかの言葉と組み合わせて使うことが多いため、使用例毎に異なるニュアンスをもって使用されるのも大きな特徴と言えるでしょう。単語との組み合わせで覚えておくと便利です。