「倹約」の意味とは?例文と類語「節約」との違い・対義語解説

無駄を省いて生活する人のことを「倹約家」や「節約家」といいますが、この「倹約」と「節約」の意味や使い方に違いはあるのでしょうか。本記事では、「倹約」の詳しい意味とその使い方について例文で解説します。また、「節約」をはじめとした類義語や対義語、英語訳についても紹介します。

「倹約」の意味と使い方

「倹約」とは「無駄を省いて出費を減らすこと」を意味する

「倹約(けんやく)」とは、「無駄を省いて、出費をできるだけ少なくすること」「出費を少なくする様」を指します。「倹約」の「倹」には、「つつましい、質素」という意味があり、「約」にも「控えめにする」という意味があります。この二つの漢字を重ねることで、「無駄や贅沢をせずに出費を控える様」という意味になるのです。

「倹約家」「倹約令」などの表現でも用いられる

「倹約」は「倹約する」という表現のほか、「倹約家」「倹約令」などの使い方をよくします。「倹約家」とは端的に言うと「無駄遣いをしない人」のことで、無駄を省いた上手なお金の使い方ができる人、またはそうしようと努める人などを指します。

一方「倹約令」とは、元々は江戸時代に強制的に倹約させるために幕府が出した法令のことですが、現代では歴史に捕らわれずに用いられることもあります。たとえば、会社で備品の削減・節制などを求められた際に「社長から倹約令が出た」という表現も可能です。

「倹約」の例文

  • もう少し倹約したほうが将来のためだよ。
  • 倹約家といえば、山田君のことだろう。彼は無駄なお金は一切使わない主義だ。
  • 遂に我が家でも倹約令がでた。この不況では致し方ない。

「倹約」の類義語とは

「節約」との違いは対象範囲

「節約」とは、「無駄を省いて切り詰めること」という意味の単語です。「倹約」と「節約」はどちらも「無駄を省く」というニュアンスを持つ点では共通していますが、「節約」の方が使用できる範囲が広いのが特徴です。

「節約」は「時間の節約」「電気の節約」などお金以外においても使うことができます。たとえば「この方が時間の節約になる」というと「この方が時間が省略できる=短時間で済む」ことを意味します。

一方の「倹約」は、一般にお金にしか使わない表現で、「時間の倹約」などとは使用しません。仮に「電気の倹約」と使った場合は「電気代を切り詰める」という使用料金に言及した表現となります。

「質素」「慎ましやか」なども似た意味を持つ表現

「節約」の他、「倹約」と似た意味を持つ単語には「質素」や「慎ましやか」などが挙げられます。「質素」とは「贅沢をせずに、簡素に生活すること」という意味です。「飾り気がないこと」という意味もあります。

「慎ましやか」とは「いかにも慎ましい様」という意味で、「贅沢ではない様・質素な様」を表します。また、「慎ましい」という単語には「遠慮深い態度・控えめな様」などの意味もあります。

「倹約」の対義語とは

「倹約」と反対の意味の単語は「浪費」

「倹約」と反対の意味を持つ表現では、「浪費」が挙げられます。「浪費」とは「無駄な出費をすること」を意味する単語で、金銭以外にも物などを無駄に使う様に対しても使うことができます。

例文
  • 彼女は浪費癖がある。
  • 浪費した時間は二度と取り戻せない。

「贅沢」「奢侈」も対義的表現

「出費をできるだけ少なくする」という意味に着目すると、「贅沢」や「奢侈」も反対の意味を持つ表現と言えるでしょう。「贅沢(ぜいたく)」「奢侈(しゃし)」はいずれも「分不相応な消費・無駄遣い」を意味します。

例文
  • 贅沢ばかりせず、少しは倹約することも考えてはどうだ。
  • 世界中の美術品に囲まれた奢侈な生活をするのが私の夢だ。

「倹約」の英語訳

英語では「frugal」「economy」で表現する

「倹約」を英語で表現する際には「frugal」や「economy」などの単語を使用します。たとえば、「He is very frugal.」は「彼はとても倹約家だ」、「the frugal man」で「倹約家な男性」と和訳することができます。

「economy」は「経済」を意味する単語としてよく知られていますが、「節約・倹約」という意味もあります。たとえば、「practice economy」は「倹約する」と和訳することができるでしょう。動詞「economize(経済的に使用する・節約する)」を用いて「to economize expenses(経費を節約する)」などの表現も可能です。なお「economize」は「金銭の倹約」に限らず、時間を節約する・有意義に使うというニュアンスでも使用できます。

例文
  • You will have to economize now.(君は今すぐ倹約しなければならない)
  • Let’s economize on time.(時間を節約しよう/時間を有効に使おう)

まとめ

「倹約」とは「無駄を省き、出費をできるだけ少なくすること」を意味します。類義語「節約」との一番の違いは対象の範囲で、「倹約」は主に金銭に使うのに対し「節約」は金銭以外の時間や労力など幅広い事柄の「無駄を省くこと」を意味する点で異なります。「倹約」の方が「無駄」に対してより厳しい印象を受ける、という人もいるようですが、一般には対象によって使い分けが必要と覚えておくとよいでしょう。