「ペルセポネ」とは?「ハデス」との関係や神話での登場場面を解説

「ペルセポネ」とはギリシャ神話に登場する大地を司る女神です。ハデスに誘拐される話が有名ですが、その結果として四季ができたことを知っていますか?

この記事では「ペルセポネ」の名前の意味や「ハデス」「デメテル」との関係、神話での登場シーンを解説します。また、「ペルセポネ」の子どもについても解説しましょう。

「ペルセポネ」とは?

「ペルセポネ」はギリシャ神話の女神

「ペルセポネ」とはギリシャ神話に登場する女神です。大地を司る女神である一方で、冥府の神「ハデス」の妻として「冥界の女王」とも呼ばれています。ギリシャ神話ではハデスに好意をよせられたペルセポネが、冥府に誘拐される「冥界下り」が有名です。

「ペルセポネ」の意味は「光を破壊する女」

「ペルセポネ」の名前については諸説ありますが、「光を破壊する女」や「破壊する者」を意味すると言われています。また、「目もくらむような光」という意味もあります。本来「ペルセポネ」は「乙女」を意味する「コレー」という名がありましたが、冥界に降りるとともに「ペルセポネ」という名が付けられました。

ペルセポネは「ゼウス」と「デメテル」の子ども

「ペルセポネ」は神々の王「ゼウス」と豊穣の女神「デメテル」の間に生まれた子どもです。様々な女神と交わるゼウスと異なり、デメテルにとってはペルセポネが唯一の子どもでした。そのため、ペルセポネが冥府に誘拐されたときは激しく怒り、天界を捨ててまでゼウスに抗議したのです。

「ペルセポネ」は英語で「Persephone」

「ペルセポネ」の英語表現には「Persephone」が当てはまります。日本語では「ペルセポネ」の他に「ペルセポネー」や「ペルセフォネー」「ペルセフォネ」と呼ばれることもあります。

神話での「ペルセポネ」と「ハデス」の関係

ペルセポネはハデスに誘拐されて妻になる

「ペルセポネ」は冥界の王「ハデス」の妻です。ギリシャ神話では、ペルセポネに恋したハデスが、彼女を冥界へ連れ去る様子が描かれています。大切な娘が奪われたことに母であるデメテルは激怒しますが、父であるゼウスはハデスの力を見込んで結婚を許可したのです。

ザクロを食べて冥界に残ることになる

無理やり連れ去られたペルセポネですが、冥界では丁重に扱われます。しかし、結婚を望んでいないペルセポネがハデスの誘いに乗ることはありません。痺れを切らしたハデスはザクロの実を渡し、空腹に耐えかねたペルセポネに食べさせます。

神々の間には「冥界の物を口にしたものは冥界に住まなければならない」という掟があるため、ザクロを口にしたペルセポネは冥界に残ることになったのです。ちなみに12粒あったザクロの実のうち、ペルセポネは4粒を食べたため1年のうち4カ月を冥界で過ごします。

ペルセポネとハデスに子どもはいない

ペルセポネはハデスの丁寧な扱いから、妻になることを次第に受け入れます。「冥界の女王」としてハデスのそばにいる様子が多く描かれており、ときにはハデスの浮気相手を厳しく罰します。しかし、ペルセポネとハデスの間に子どもはいません。

子どもがいない理由として、冥界は死後の魂が集まる場所であるため、新しい生命が生まれなかったという説があります。

「ペルセポネ」の神話での登場シーン

「ペルセポネ」は四季をつくった女神

ペルセポネは四季をつくった女神であり、「春をもたらす農耕の女神」とも呼ばれています。きっかけはペルセポネの誘拐にあり、母であるデメテルは娘を探して各地を歩き回ります。豊穣の女神であるデメテルがいなくなると、大地は荒れ果ててしまいました。

ペルセポネが冥界から地上へ戻ることで、荒れ果てた大地が蘇り草木が芽を出します。しかし、ペルセポネが冥界へ戻ると、再び大地が荒れ果ててしまうのです。この出来事が四季の始まりと言われており、ペルセポネは「春の女神」と呼ばれるようになりした。

「メンテー」はペルセポネに草へと変えられる

ギリシャ神話では、ハデスの浮気に嫉妬するペルセポネが描かれています。ハデスは地上の精霊「メンテー」の美しさに惹かれます。それに嫉妬したペルセポネは「お前なんて雑草になってしまえ」とメンテーを踏みつけたのです。

踏みつけられた結果メンテーの姿は草に変わり、それを「ミント」と呼ぶようになりました。話の結末は諸説あり、メンテーを踏みつけたのはペルセポネではなくデメテルだという説や、自分のように攫われる未来を察したペルセポネが、メンテーを草に変えて姿を眩ませてあげたという説があります。

ペルセポネとアフロディーテが男を取りあう

ギリシャ神話では、ペルセポネが人間の少年を溺愛する話があります。アフロディーテは不幸な子ども「アドニス」に恋をし、彼の世話をペルセポネに頼みます。あまりに美しい少年をペルセポネも愛してしまい、迎えに来たアフロディーテと奪い合いになりました。

結果、1年のうち3カ月はペルセポネと、次の3カ月はアフロディーテと、残りの3カ月を自由に過ごすという案で落ち着いたのです。

「ザグレウス」はペルセポネが生んだ子ども

「ザグレウス」はペルセポネが生んだ唯一の子どもです。ペルセポネの父であるゼウスは、蛇の姿に化けて娘に近づき子どもをもうけます。ゼウスの後任としてザグレウスを大切にしていることに、妻であるヘラは激怒しました。

ヘラは復讐としてザグレウスを殺します。しかし、ゼウスがザグレウスの心臓を食べて他の女神と交わることで、ザグレウスの心臓を受け継いだ子ども「ディオニューソス」が生まれたのです。

まとめ

「ペルセポネ」とはギリシャ神話に登場する女神で、「大地の女神」や「農耕の女神」と呼ばれています。ハデスに無理やり誘拐されたペルセポネですが、ザクロの実を食べて冥界に住まうことが決まった後は、状況を受け入れて「冥界の女王」となります。

神話の中では、ハデスに誘拐された話や、その結果として四季がつくられた話が有名です。

ABOUT US

hana
大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。