退職する人へのメッセージ文例集!書き方のポイントとお礼の挨拶

退職する上司や先輩、同僚に、カードや色紙にメッセージを書いて渡すことがありますが、メッセージはどのようなことに気を付けて書くといいのでしょうか。

この記事では、退職する人へのメッセージの書き方のポイントと相手別の例文を紹介します。また退職先で挨拶を求められたときの挨拶の仕方や英語表現も解説します。

退職する人へのメッセージの書き方とは?

退職する人にメッセージを書くときには、どんなことに気を付けるといいのでしょうか。退職者へのメッセージを書くときのポイントを見ていきましょう。

相手を思いやりながらメッセージを書く

退職する人へメッセージを書くときに何よりも気を付けたいことは、相手を思いやることです。退職する人を思いやることで感謝の気持ちや尊敬する気持ちなどが自然と湧いてくるのではないでしょうか。その気持ちを言葉にして綴ってみましょう。

思い出したくないような過去の記述や、転職理由で退職するなら転職を否定するような内容など、くれぐれも相手を嫌な気持ちにさせるようなメッセージは書かないようにしましょう。

個人的なエピソードは相手の心を動かすメッセージになる

メッセージの内容に退職する人との個人的な思い出やエピソードを書き添えると、よかったことが思い出されて相手の心を動かすようなメッセージになります。印象に残った出来事などを思い出してみましょう。

言葉遣いに気を付けて丁寧に書く

退職者に送るメッセージでは、相手に合せて敬語を使うなど言葉遣いに気を付けましょう。親しい同僚ならいつも通りの言葉づかいになっても構いませんが乱暴になりすぎないように注意します。

また誤字脱字なく丁寧に書くことも大切です。心を込めて書くことで、想いが伝わるいいメッセージになるでしょう。

【相手別】退職メッセージの例文

結婚を理由に退職する女性へのメッセージ

結婚を理由に退職される女性には、結婚をお祝いする気持ちを伝えるメッセージにします。出産については人によってはデリケートな事柄になるので触れないことが無難です。

例文

この度はご結婚おめでとうございます。長い間大変お世話になりました。退職されるのは寂しいですが、新生活でのご多幸を心よりお祈りしています。

退職する上司や先輩へのメッセージ

敬語を使い、退職する上司や先輩との関係を考えながらメッセージを書きます。ただし、親しくしてもらった上司や先輩なら、話すときと変わらないような調子でメッセージを書いてもいいでしょう。

例文

〇〇部長、長い間ご指導いただき本当にありがとうございました。部長の下で働かせていただいて、業務に関することや社会人としての自覚ついても学ばせていただきました。どうもありがとうございました。

体調を崩されることのないようご自愛ください。

退職する同僚や後輩へのメッセージ

退職する同僚や後輩との思い出や印象に残っている出来事などを盛り込むと、より親密なメッセージになるでしょう。

退職する後輩へのメッセージ例文

〇〇君、お疲れさま。私たちの部にやってきたことのことを今でも覚えています。後輩ながら頼れる○○君がいなくなってしまうのは正直寂しいです。今後も充実した日々が送れるようにお祈りしています。

転職理由で退職する同期の同僚への例文

長い間お疲れさま。ずっと一緒にやってきたのに、いなくなってしまうなんて想像できないよ。でもこれから〇〇君は新天地に旅立とうとしているんだよね。ちゃんと旅立たせてあげなくちゃ。

これからも元気で。無理しないで頑張ってね。

定年退職される先生への退職メッセージ例文

退職する先生へのメッセージ例文

先生、ご退職おめでとうございます。先生からたくさんのことを教わり、教えていただいたことすべてが財産です。これからも体に気を付けて、ますますご活躍されることをお祈りしています。

接点がない相手への退職メッセージ

あまり接点がなく思い出となるエピソードなどがない人でも、同じ会社で働いた人ですから、感謝の気持ちや今後の生活を応援するようなメッセージを書いてみましょう。

例文
  • お疲れさまでした。新天地でのさらなるご活躍をお祈りいたします。
  • 短い間でしたが、お世話になりました。ご一緒に仕事ができなかったのが残念ですが、新しい職場で無理せず頑張ってください。

退職時のお礼のメッセージの伝え方と例文

退職時のお礼のメッセージは短めに

退職時に「お礼の一言をお願いします」と職場で求められることがあるかもしれません。そんな時は手短でいいので挨拶の言葉を言いましょう。

その内容は、退職すること、今までお世話になったお礼、そして職場の上司や同僚に送る励ましの言葉などです。ポジティブな内容でまとめると、気持ちのいいお礼のメッセージになるでしょう。

お礼のメッセージの例文

ここでは退職時のお礼のメッセージとして、職場での挨拶の例文と、取引先での挨拶の例文を紹介します。

職場でのお礼のメッセージ例文

本日付けで退職することになりました。今までご指導いただき大変感謝しております。今後とも、皆様方のご活躍をお祈りしています。どうもありがとうございました。

取引先でのお礼のメッセージ例文

短い間でしたが、○○様には大変お世話になりました。今月末を持ちまして、退職することになりました。
これからは○○(後任者の氏名)が引き継ぎますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今後とも弊社を引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

また退職の挨拶の仕方については下記のページで詳しく解説してありますので、ご参照ください。
「退職挨拶」の仕方とは?スピーチ・メールや手紙の書き方と例文

英語の退職メッセージの書き方と例文

退職メッセージは英語で「retirement message」

「退職」は英語で「retirement」なので、「退職メッセージ」は英語で「retirement message」です。

英語で退職する人へのメッセージの書くときも日本語の場合と同じで、相手への感謝の気持ちや思い出に残るエピソードなどを書きます。

退職メッセージに使えるフレーズ例

ここでは退職する人に送るメッセージに使えるフレーズをいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

退職メッセージに寄せるフレーズ例
  • “Thank you for all the hard work.”
    「大変お疲れさまでした」
  • “Thank you for the good times.”
    「楽しい時間をどうもありがとう」
  • “I wish for your success in the future.”
    「成功を祈っています」
  • “I’m so glad that I could work with you.”
    「一緒に働けて嬉しかったです」

まとめ

退職する人に送るメッセージでは、これまでお世話になったことのお礼や感謝の気持ちを伝えます。個人的なエピソードなどを付け加えると、より思い出深いメッセージになるでしょう。相手を気遣いながらメッセージを書くと、自然と言葉遣いも気をつけられるはずです。退職者のことを考えながら、メッセージを書いてみましょう。