「ステートメント」の意味とは?企業やビジネス・ファッションでの使い方も紹介

企業が公式な発表をする際に「ステートメントを出す」と表現することがあります。「ステートメント」は英語に由来する単語ですが、日本語ではどういった意味、使い方で用いられるのでしょう。プログラミングにおける「ステートメント」や「企業のステートメント」、金融業やファッションなど様々な使用例と共に解説します。

「ステートメント」の意味とは

「ステートメント」とは「公式な声明」を意味する

日本語として用いられる「ステートメント」は一般には「公式な声明」を意味します。「声明」とは「自分の考えをはっきりと告げること」という意味で、たとえば「公式な文章、公式な発言」を指して「ステートメント」ということが多いです。

英語「statement」は「陳述・声明」という意味

「ステートメント」は英単語「statement」に由来します。英語の「statement」には、「述べること、陳述、声明」などの意味があります。また「貸借表、計算書」などの意味も持つ単語です。

  • a negative statement(否定の陳述)
  • a prepared statement(用意された声明)
  • There is a separate statement(別途記載あり)

ビジネスシーンでの「ステートメント」の使い方

「ステートメント」とは「対外的に公表したもの」を指す

「ステートメント」は政府や企業が「対外的に公表したもの」に対して用いられます。たとえば、政府が発行した文書や発表した声明を指して「ステートメント」としたり、企業が従業員や株主などに向けて出した文書を指して「ステートメント」と使用したりする例が挙げられます。

例文
  • 政府が新たにステートメントを発表した。
  • ホームページに記載するステートメントを書く。

「ミッションステートメント」とは「企業の社会的使命」

企業での使用例では「ミッションステートメント」もあります。「ミッションステートメント」とは一般に、企業の社会的使命、社会的役割を明文化したものをいうことが多いでしょう。「ミッションステートメント」では株主や顧客をターゲットに難しい言葉を使わず、分かりやす文言が使用されるのが通例です。

「ビジョンステートメント」とは「未来像・理想像を明文化したもの」

「ビジョンステートメント」とは企業の「ビジョン」、つまり未来像や理想像について明文化したものです。この「ビジョンステートメント」には対外的な役割のほか、従業員が企業の目標を理解し共有するという役割もあります。

金融機関での「ステートメント」は「取引記録」

金融機関で「ステートメント」と使うと「取引記録・明細書」の意味になります。取引の内容を「詳細に述べたもの」であることから「ステートメント」の単語が用いられるようです。「口座収支報告書」も別名「ステートメント」と呼ばれる書類です。

IT・プログラミングの「ステートメント」とは

コンピュータプログラムでは命令を出すための「文」

コンピュータプログラムにおける「ステートメント」とは、命令を出すための「文」を指します。「ひとつの命令を出すための文」が「ステートメント」です。

c言語・java・vbaの「ステートメント」

たとえば、c言語では{}内に記述された「;」で終わる命令が「ステートメント」と呼ばれます。c言語の影響を受けたjavaも「;」で終わる命令がひとつの「ステートメント」となります。

一方、c言語やjavaのような特定の記号を使用しない例ではvbaが挙げられます。vbaは1行に1つの命令を記載する古い言語に基づいていることから、プログラムに記載される1行の命令が「ステートメント」であるのが特徴です。

ファッション・芸術での「ステートメント」

ファッションでは「大ぶりのデザイン」に使う

「ステートメントイヤリング」とは、耳よりも大きいものや肩につくほど長いイヤリングのことです。ファッションにおける「ステートメント」は大ぶりのデザインに対して用いられ、耳飾りに限らず「ステートメントジュエリー」という表現もあります。

芸術の分野では「作品解説・作者説明」のこと

絵画、写真などアート作品にも「ステートメント」が添付されます。この場合の「ステートメント」は、作家や作品について解説した文章を意味します。「アーティスト・ステートメント」も同じ意味の表現です。

芸術作品における「ステートメント」は興味を持ってもらうための重要なはたらきを担います。

まとめ

「ステートメント」とは一般には「声明、陳述」などと訳されます。「政府がステートメントを発表する」といった使い方の他、金融やプログラミング、ファッションなど多分野で異なる使い方をされるので、文脈に応じた解釈が求められます。

ビジネスでの最も身近な使用例は「企業のステートメント」でしょう。「ミッションステートメント」や「ビジョンステートメント」は企業の社会的な使命や未来像、目標などを明文化したものです。対外的な役割だけでなく、従業員が企業の目指すべきものを共有するという役目も担います。