6月25日は何の日?誕生花や誕生石・有名人の誕生日も紹介

6月25日だと制定されている記念日のひとつが「指定自動車教習所の日」です。由来の1つが語呂合わせだと言われています。どのような語呂合わせの記念日なのかご紹介しましょう。その他にも、この日に起きた事件・できごとや、この日に生まれた有名人についてもご説明します。

6月25日は日本で何があった日?

1641年:出島にオランダ商館が移転した日

1641年6月25日(当時の暦では寛永18年5月17日)、「出島(でじま)」にオランダ商館が移転しました。「出島」とは、江戸時代の鎖国中に、ヨーロッパに対する貿易の窓口として唯一開かれていた場所です。

当時、日本を治めていた江戸幕府は、海外とのやり取りを厳しく制限する鎖国政策を行いました。交流を許可された数少ない国のひとつがオランダになります。しかし、そのオランダ人も、出島から移動することが禁止されていました。

1973年:競走馬ハマノパレードが屠殺された日

1973年6月25日、競走馬ハマノパレードの屠殺(とさつ)について問題になりました。屠殺とは、動物を食べたり皮・牙などを利用するために殺すことです。ただ屠殺したのではなく「痛みを和らげる処置をせず、助かる見込みがないほどの怪我で苦しむ馬を一晩放置してから屠殺した」ことに批判が集まりました。これをきっかけに、助かる見込みがない場合は速やかに安楽死させるよう、規則が整備されたと言われています。

なお、ハマノパレードは当時の日本記録を塗り替えるほどの名馬でした。そのため、事件の報道も大々的に行われたそうです。

6月25日は世界で何があった日?

1947年:アンネの日記が出版された日

1947年6月25日、ドイツ系ユダヤ人のアンネ・フランクが書いた「アンネの日記」が出版されました。第二次世界大戦中、ユダヤ人迫害を避けるために隠れ住んでいた時期のできごとが記されています。

アンネは戦争体験記として日記を出版するつもりで、登場人物を仮名で書いていました。しかし、15歳のときに強制収容所で亡くなったため、自らの手で出版することは叶いませんでした。生き残った父親が出版した日記は、多くの国で読まれました。戦争体験記という価値だけでなく、日記文学としても優れていると評価されています。

6月25日は何の日?

6月25日は指定自動車教習所の日

6月25日の記念日は「指定自動車教習所の日」になります。日付の由来は2つあるとされています。1つ目は「1960年(昭和35年)6月25日に道路交通法が制定された」ため。もう1つが「無事故(6[む]、2[じ]、5[こ])の語呂合わせ」です。

指定自動車教習所は、運転免許証を取得するための施設です。さまざまな講習を受けられます。

6月25日は詰め替えの日

6月25日は「詰め替えの日」です。2014年(平成26年)に制定されました。日付の由来は、1974年(昭和49年)のこの日に、日本初の「詰め替え化粧品」が誕生したからです。きっかけは前年のオイルショック(原油の価格急騰による経済混乱)です。さまざまな資源が不足したことから、容器を再利用する「詰め替え商品」が開発されました。

オイルショックの後も、エコの観点から詰め替え商品は定着していきました。また、安価で買えることから、節約のために購入する消費者もいることでしょう。

6月25日が誕生日・命日の有名人

1799年没:天文歴学者の麻田剛立

1799年6月25日に亡くなった有名人は、天文歴学者の麻田剛立(あさだ・ごうりゅう)です。当時の暦では寛政11年5月22日のことでした。江戸時代中頃の、天文歴学者です。大阪で医者をしながら、天文や暦の研究をしていました。本人が執筆したものは残っていませんが、弟子の著作から多くの発見をしたことが明らかになっています。

麻田剛立の名は月にも残っています。クレーターのひとつに「Asada」というものがあるのです。麻田剛立は日本で初めて月のクレーターを観測、スケッチしました。後にその功績が称えられ、他の名前で呼ばれていたクレーターを「Asada」に変更しました。

1852年生誕:建築家のアントニオ・ガウディ

1852年6月25日に生まれた有名人は、建築家のアントニオ・ガウディです。「アントニ・ガウディ」と記載されることもあります。曲線を活用した高名な建築家で、特に有名なのは現在も建設中の「サグラダ・ファミリア」です。2026年頃に完成すると考えられています。

名誉を得ていたガウディでしたが、身なりに気を使わないタイプだったと言われています。その結果、路面電車にはねられた際に不審者と間違えられ、速やかに手当てしてもらえなかったそうです。3日後の1926年6月10日に亡くなった彼の遺体は、サグラダ・ファミリアに埋葬されています。

6月25日の占い

6月25日生まれの星座は「かに座」

6月25日に生まれた人の星座は「かに座」です。代表的な占いでは、優しい性格で家庭を大事にする人が多いと言われています。

6月25日の誕生花は「アガパンサス」

6月25日の誕生花は、「アガパンサス」になります。花言葉は「恋の訪れ」「愛のはじまり」などです。

なお、誕生花は多くの説があります。そのため、誕生日プレゼントに違う花を受け取っても、疑問に思う必要はありません。

6月25日の誕生石は「マラカイト」

6月25日の誕生石は「マラカイト」です。直観力・洞察力を高めると言い伝えられています。

なお、6月全体の誕生石は「真珠」と「ムーンストーン」です。「富」や「健康」を意味します。

まとめ

6月25日は「無事故(6[む]、2[じ]、5[こ])」の語呂合わせから、「指定自動車教習所の日」とされています。また、この日に生まれたアントニオ・ガウディは交通事故で命を落としています。今日をきっかけに、交通安全について考えてみるのも良いかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

「いず あむ」と読みます。 一般事務、営業事務としてビジネスメールを送信する機会が多くありました。複雑な事柄でも、分かりやすく説明することを目標としております。