「露呈」の意味とは?使い方・例文と類語「露見」との違いも解説

「人気俳優のスキャンダルが露呈した」のように、これまで明らかではなかった事柄があらわになる様は「露呈する」と表現されます。ここでは「露呈」の詳しい意味とその使い方、使用例について例文で詳しく解説します。また類語「露見」との違いやその他の類語、対義語、英語訳といった関連用語についても紹介しましょう。

「露呈」の意味とは

「露呈」とは「隠れていたことが表面に出ること」

「露呈」とは「隠れていたことが表面に出ること、外から見てわかるほどあらわになること」という意味です。「さらけ出すこと」という意味もあります。

「露呈」の読み方は「ろてい」

「露呈」は「ろてい」と読みます。「露」の字には「つゆ・水滴」という意味もありますが、「露呈」の「露」は「あらわ、あらわれる」という意味で用いられています。一方の「呈」も「しめす、あらわす」という意味を持つ漢字です。つまり、「露呈」は似た意味の漢字を二つ重ねた熟語ということになります。

「露呈」の使い方と例文

「露呈する」の形が一般的

「露呈」は「露呈する」の形で用いられるのが一般的です。たとえば「矛盾」「本性」などできれば隠しておきたい事柄、不都合な事柄が明らかになってしまう様を指して「露呈する」と使うことが多いです。

例文
  • 本性が露呈する日もそう遠くはないだろう。
  • 今回の一件で公約上の矛盾が露呈した。

「露呈してしまう」「露呈される」などの表現も

「露呈」は「露呈してしまう」や「露呈された」といった言い回しでも用いられます。いずれも、これまで隠されたいたことが明らかになった、というニュアンスになります。

例文
  • 政治家の不用意な発言で内情が露呈してしまった。
  • 不用意な発言で内情が露呈された。

「露呈」と類語「露見」の違いとは

「露見」とは「秘密や悪事があらわれること」

「露見(ろけん)」とは「秘密や悪事などが表に現れること」という意味です。「露呈」と同様に「隠されていた事柄が明らかになること、ばれること」という意味を持つ点で、類語と言えるでしょう。

例文

政治家の汚職が露見した。

「露見」は悪い事柄に限定されるのがポイント

「露呈」と「露見」は似た意味を持つ語ですが、厳密には違いがあります。「露呈」が「隠れていた事柄が現れる」というニュアンスであるのに対し、「露見」は主に悪い事柄や意図的に隠していた事柄が明らかになる、という意味で用いられるのがポイントです。

そのため、単に「隠しておきたかった事柄があらわになった」という場合には「露呈」を、明らかな悪事が「ばれた」という場合には「露見」を使用することが多いでしょう。

「露呈」のその他の類語は「発覚」

「露呈」のそのほかの類語では「発覚」が挙げられます。「発覚(はっかく)」とは、「かくしていた事柄が現れ出ること、ばれること」という意味です。「発覚」は悪事、陰謀のような悪い事柄が現れ出る、というニュアンスを持ちます。たとえば「嘘が発覚する」などの表現が可能です。

「表ざたになる」「明るみに出る」への言い換えも

「露呈する」という表現は「表ざたになる」「明るみに出る」といった言い回しにも言い換えることができます。いずれも「公になる」という意味を持つ表現です。たとえば「不正が表ざたになる」「悪事が明るみに出る」などといった使い方をします。

「露呈」の対義語とは

「露呈」の対義語は「隠ぺい」

「露呈」と反対の意味を持つ語では「隠蔽」が挙げられます。「隠蔽(いんぺい)」とは「故意に覆い隠すこと」という意味です。都合が悪いことを隠す、という意味で「証拠を隠蔽する」などと使います。

「隠匿」「秘匿」も対義表現のひとつ

「隠蔽」と同様に「隠す」というニュアンスを持つ表現では「隠匿」や「秘匿」が挙げられます。

「隠匿(いんとく)」とは「見つかっては困るものを人目に触れないよう隠すこと」を、「秘匿(ひとく)」とは「こっそり隠すこと」という意味です。「秘匿」は文字通り「秘密を」というニュアンスの強い表現です。

「露呈」の英語訳

「露呈する」は英語で「disclosure」

「露呈する」は英語では「disclosure」が使用できます。「disclosure」は「公表、露見、発覚」などの意味を持ち、たとえば「the disclosure of information」は「情報の露呈」という和訳が可能です。

また、「exposure」も「さらすこと、露見、曝露」などの意味を持つ英単語で、動詞「expose(露呈する)」を使った英訳もできます。

例文

I’m going to expose your past.(君の過去を露呈してやる)

まとめ

「露呈」とは「隠れていたことが表面に出ること、外から見てもわかるほどあらわになること」を意味します。一般に「本性を露呈する」など「露呈する」の形で用いられることが多いです。

「露呈」と似た語では「露見」があり、非常によく似た意味を持ちますが、「露見」は「悪い事柄がバレる」というニュアンスを持つのがポイントです。対する「露呈」は悪事にかかわらず「隠しておきたかった事柄があらわになる」という意味合いになります。