「イモリ」と「ヤモリ」の違いとは?見分け方と覚え方・特徴も

「イモリ」と「ヤモリ」はそれぞれ両生類と爬虫類ですし、見た目も違うのですが、名前が似ているので一緒になりやすいですよね。理科のテストでも問われることのある「イモリとヤモリの違い」。

この記事では、イモリとヤモリの違いやその覚え方を紹介します。また、それぞれの特徴も紹介しますので、参考にしてみて下さい。

「イモリ」と「ヤモリ」の違いとは?

「イモリ」と「ヤモリ」は見た目が違う

「イモリ」と「ヤモリ」の大きな違いは、その見た目です。「イモリ」のお腹が赤いのに対して、「ヤモリ」のお腹は赤くありません。

お腹以外の色については、「イモリ」は黒っぽいものが多く、「ヤモリ」は灰色や茶色などイモリほど色が濃くない色合いが多いのですが、どちらにしても種類によってさまざまな色があります。しかしお腹の部分に関しては、イモリのお腹は赤いという特徴があり、ヤモリには赤いお腹をした種類はいません。

「イモリ」は両生類、「ヤモリ」は「爬虫類」

「イモリ」は両生類で、「ヤモリ」は「爬虫類」です。両生類と爬虫類の大きな違いは、両生類は水辺または水中で生活するのに対して、爬虫類は主に陸上で生活します。つまり、イモリは水辺に生息していますが、ヤモリは主に陸で生活しています。

また、両生類のイモリは水辺で暮らすのに適した粘膜に覆われた皮膚をしていますが、爬虫類のヤモリはうろこに覆われているという違いもあります。

「イモリ」は瞼があるが、「ヤモリ」にはない

「イモリ」には瞼(まぶた)があるので瞬きができますが、「ヤモリ」に瞼はありません。例外的に、トカゲモドキという種類のヤモリには瞼があります。

イモリとヤモリの違いの覚え方

「井守」と「家守」という漢字の違いから覚える

イモリとヤモリは漢字でそれぞれ「井守」と「家守」と書きます。この漢字表記から、イモリの「井守」という字から、イモリは井戸の水の中に住んでいて、皮膚の湿っている両生類と覚えることができます。一方、ヤモリは「家守」なので、イモリは家の乾燥した場所にいても皮膚を湿らせる必要がないので爬虫類と覚えられます。

「井守」と「家守」の語源

イモリは、井戸にいる守り主という意味から「井守」という漢字が使われるようになりました。一方、ヤモリは、家やその周辺に生息することから「家にいる守り主」という意味で「家守」という漢字が当てられました。

「イモリ」と「ヤモリ」の共通点

「イモリ」と「ヤモリ」は外温性

「イモリ」と「ヤモリ」のどちらも外の気温に体温が左右される外温性の動物です。恒温動物と違い、外気温の変化に反応して体温も上がったり下がったりするので、ペットとしてイモリまたはヤモリを飼うときには気温管理が大切です。

「イモリ」と「ヤモリ」は脱皮する

「イモリ」と「ヤモリ」は脱皮をします。ただし、脱皮の頻度はまだわかっていません。ヤモリの場合、幼体時には2週に1回程度の脱皮をして、成長するにつれて、脱皮の頻度が減っていくことはわかっています。

「イモリ」の特徴と習性

「イモリ」は「お腹の赤い両生類」

イモリの背面は黒っぽいものが多く、腹部は赤い色をした四つ足の両生類です。全長は10センチ前後で、メスよりオスの方が小さめです。ヨーロッパからアジア、アメリカ北部に生息していて、日本でも本州から九州にかけて分布しています。

水のきれいな川や池、湿地帯などで住んでいて、皮膚にはぬるっとした粘着性のある湿り気があります。

「イモリ」は肉食性で冬眠をする

イモリは、ミミズや貝、昆虫などを食べる肉食性です。

ほとんどの季節は水中で生活しますが、冬は水底、または陸に上がって枯れ葉の下や石の間などで冬眠をします。

「イモリ」は毒をもつので扱いには注意

イモリの特徴である赤い腹部は、テトロドキシンという毒を持っているのが原因です。その毒性のためイモリを触るときには注意が必要で、触った後は手を洗うようにしましょう。

「ヤモリ」の特徴と習性

「ヤモリ」とは「全身にうろこのある爬虫類」

「ヤモリ」は全身がうろこで覆われている爬虫類です。熱帯から温帯地域まで生息できるので、南極を除く広い場所に分布しています。約650種あると言われていて、大きいものでは30㎝にもなるトッケイと呼ばれるヤモリもいます。

「ヤモリ」の手は吸盤になっている

ヤモリの指はひだ状になっている「趾下薄板(しかはいばん)」があり吸盤の役目をするので、壁や窓ガラスなどに張り付くことができます。瞼がなく夜行性で、暗闇でも食べるための昆虫などを探せます。

まとめ

「イモリ」と「ヤモリ」は見た目が似ていますが、イモリは両生類で、ヤモリは爬虫類です。イモリの腹部は赤いですが、ヤモリは赤くないなどの違いがあります。イモリとヤモリは、漢字にすると覚えやすく、「井守」と書かれる「イモリ」は水辺に生息し、表皮はヌルヌルしているという特徴があります。一方、「ヤモリ」は「家守」なので陸上に生息しているので、うろこに覆われた全身は乾燥しています。

ABOUT US
Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。