「山々ですが」の意味とは?失礼のない使い方・例文と言い換えも

「行きたい気持ちは山々ですが…」とは誘いを断る際に使えるフレーズですが、この「山々ですが」は目上に使っても失礼にならないのでしょうか。「山々ですが」の意味をはじめ、その使い方を例文で解説します。またビジネスで使える類語・言い換えについてもあわせて見ていきましょう。

「山々ですが」の意味と由来・語源とは?

「山々ですが」とは「実現できないがそう願う」気持ちを表す

「山々ですが」とは「(そうあってほしいと)願っていますが」という意味です。実現できない事柄について「心からそうしたいと思っているがそうはできない」という意味で用いられます。

「山々」は「願う気持ちがたくさんある様」を意味する

「山々ですが」は「山々」という熟語の意味に由来します。「山々」とは「あちこちの山」という意味のほか、「たくさんある様」「そうしたいと願う様」という意味があります。この後者の意味を使った表現が「山々ですが」です。

なお、「山々ですが」はひらがなで「やまやまですが」と書かれることもあります。どちらも誤りではありません。

「山々ですが」は「多く見積もっても」と程度を表す意味も

「山々ですが」には上記以外にも「多く見積もっても、せいぜい」という意味もあります。「多く見積もってもその程度、それが限度」と“程度”を指す意味でも用いられます。

「山々ですが」の使い方とビジネス例文

「行きたいのは山々ですが」と誘いを断る

「山々ですが」の使用例の中でもよく耳にするのが「行きたいのは山々ですが」という言い回しです。「行きたい気持ちはあるのですが、行きたいと願っているのですが」という意味になり、誘いを断る際に使用します。「行きたいのは山々ですが…」と後に続く言葉を濁らせることで暗に「行けません」と断ることも多いです。

例文
  • 行きたいのは山々ですが、先約がありまして…
  • 行きたいのは山々ですが今回はご遠慮します。

「〜したい気持ちは山々ですが」とあらゆる状況に使える

「行きたいのは山々ですが」以外にも、「〜したい気持ちは山々ですが」とあらゆる状況で使用することができます。たとえば「協力したいのは山々ですが、今はこっちの仕事で手一杯なんです」というと「協力したい気持ちはあるが今は難しい」と断るニュアンスになります。

メールではなく会話で使う表現

「山々ですが」は、一般には会話で使う表現です。「行きたいのは山々ですが…」と後に続く言葉を濁すことが多いのも会話ならではの使い方と言えるでしょう。

一方、文章として用いられることは一般的ではなく、メールで使う人もいますが避けた方が無難です。メールなど顔の見えないコミュニケーションでは「大変申し訳ないのですが…」と謝罪の言葉を添えて断る方が気持ちが伝わります。

「せいぜい」というニュアンスで使う例

先述のように「山々ですが」には程度を表し「せいぜい」という意味で使う用法もあります。例えば次のような使い方が可能です。

例文

うちの部は4~5番手が山々ですが、今期はもう少し上が目指せそうです。

「山々ですが」は目上に失礼?

「山々ですが」は敬語と共に使える

「山々ですが」という言い回しは敬語表現と共に、目上に対して使うことも可能です。「山々ですが」をもう少し丁寧な印象にしたいなら「山々ではございますが」とする例もあります。

また、「行きたいのは山々ですが」は「ご一緒したいのは山々ですが」など前後の言い回しを変えることでも敬意を持った表現とすることができます。

何度も使うのは避けたい表現

「山々ですが」は「〜したいができない」という意味で主に相手の申し出を断る際に使用します。そのため、多用するといつも遠回しに断っている印象を与え、不信感や不快感を招きかねません。やむを得ず、何度も断らざるを得ない場合は謝罪の言葉を足すなどの配慮が必要です。

「山々ですが」の類語・言い換え

「山々ですが」の類語は「〜とは思ってはいますが」

「山々ですが」と似た意味の表現では「〜とは思っていますが」が挙げられます。たとえば「手伝いたいのは山々ですが」は「手伝いたいとは思っていますが」というニュアンスです。また、「行きたいとは思っているんですがちょっと先約が…」などの使い方でも、「山々ですが」と似たニュアンスになります。

ビジネスでは「あいにく」「せっかくですが」に言い換えも

「行きたいのは山々ですが」に代表されるように「山々ですが」は断り文句として用いられることを考えると「あいにく」や「せっかくですが」という表現に言い換えることもできるでしょう。

たとえば「あいにく今は手一杯でして…」「せっかくですが今回はご遠慮します…」などといった言い回しはビジネスシーンでもよく耳にします。相手を不快にさせないクッションフレーズとしても役立ちます。

「山々ですが」の英語訳とは

英語では「As much as I would like to do」

「山々ですが」は英語では「As much as I would like to do」という表現が使用できます。「As much as I would like to go…」は「行きたい気持ちは山々ですが…」という意味になります。「As much as I would like to help…(手伝いたいのは山々ですが…)」といった使い方も可能です。

「I’d really like to do, but~」と英訳も可

「山々ですが」の英語訳では「I’d really like to do, but~(本当に〜したいのですが)」と表現することもできます。たとえば「I’d really like to help you but I have to go .(手伝いたいのは山々ですが行かないといけないんです)」といった英文例が挙げられます。

似た英語表現では「I’d very much like to do but~」もあります。

まとめ

「山々ですが」は「そうしたいと願っていますが」という意味で、実現できないもののそう願っている様を表します。よく使うのが「行きたいのは山々ですが」という言い回しで、「行きたいけど行けない」と断る際の常套句です。他にも「手伝いたいのは山々ですが」などあらゆる状況で相手の誘いや申し出を断る際に使用できます。