「アウトプット」の意味と使い方!類語やアウトプットの方法も解説

ビジネスでは「アウトプットが大切だ」といわれることがありますが、「アウトプット」とは具体的には何を意味するのでしょう。

今回は、「アウトプット」の言葉の意味・使い方とあわせて、仕事で「アウトプット」する方法についても解説します。



「アウトプット」とは?

ビジネスシーンで耳にすることも多い「アウトプット」。まずはその言葉の意味から解説します。

英語「output」は生産品・出力

「アウトプット」は英語の「output」が語源です。「output」には、生産品・出力という意味があり、「a total output」で総生産高という意味になります。「output data(出力データ)」「an output device(出力装置)」などという使い方も可能です。

日本語では生み出すことや発信すること

日本語で「アウトプット」という場合、印刷の出力の意味で使用されることもありますが、一般には何かを生み出すこと・発信することを言います。知識や情報を目に見える形にする、という意味でも使用可能です。

実績や成果という意味での使用も

日本語の「アウトプット」は、経験などを元に生み出された実績・成果という意味で使用されることもあります。ビジネスシーンでは特に多い表現で、単に生み出す・発信するだけでなく、何らかの「結果」を求める意味合いでの使用もしばしばです。

頭の中が整理されるというメリット

ビジネスシーンで求められることの多い「アウトプット」は少なからず、その人自身にもプラスの影響があります。何かを表現する・口にする・文章にする、といった行為は、頭の中にある情報や考えをいったん整理する必要があるからです。そうして整理された情報は、その人の確かな知識となります。

ビジネスで「アウトプット(表現・発信)」が重視される背景には、知識の定着をはかったり、実力を蓄えたりといった成長を促す効果が期待できるのが大きな理由のようです。

「アウトプット」の使い方


「アウトプット」という言葉は、どういった使い方をすればよいのでしょう。例文とともに紹介します。

勉強の「アウトプット」は知識を出す

「アウトプット」という単語の最も多い使用例は「アウトプットする」という表現です。たとえば、「勉強したことをアプトプットする」というと、勉強した内容を発表する・レポートにするというように、「知識を出す」というニュアンスになります。

また、本で学んだ知識を基に、実際に英会話に挑戦するというのも「アウトプットする」の一例です。この場合、実践に活かす、という意味です。

「アウトプットのレベルが高い」はデキる

「アウトプットのレベルが高い」という表現も、ビジネスシーンでは時折耳にします。この場合の「アウトプット」は、仕事の能力や成果という意味です。「アウトプットのレベルが高い」というと、能力が高い、成果物の出来が良いというような意味で、つまりはデキる人材であるという意味になります。

一方で、「アウトプットのレベルを上げるべき」や「アウトプットレベルが低い」と言った場合には、出来が良くないので改善が必要です。

「アウトプットを出す」という言い方も

ビジネスシーンでは、「アウトプットを出す」という言い方をすることもあります。「アウトプット」には「出力」という意味もあるように、「出す」という動詞が不釣り合いなケースもありますが、ビジネスシーンでは時折使われる表現のようです。

上司に「アウトプットを出すように」と言われたら、成果や結果を出すように求められていることになります。

「アウトプット」の類語・反対語


「アウトプット」を日本語で言い換えると、出力・実績・成果といった単語が挙げられますが、ここでは反対語の「インプット」と、似た言葉「アウトカム」について紹介しましょう。

反対語は「インプット」

「アウトプット」の反対語は「インプット」です。英語の「input」には入力・投入といった意味がありますが、ビジネスシーンでは、知識(を取り入れること)や経験することといった意味で使われています。

たとえば、ビジネス書を読んだり、セミナーに参加したりというのは「インプット」に当たります。これに対し、得た知識を出すことが「アウトプット」です。

「アウトカム」は効果や成果

「アウトプット」と似た言葉に「アウトカム」があります。このふたつは似ているようで、異なるニュアンスの言葉です。

「アウトカム」には、成果や効果という意味があります。もう少し詳しく言うと、何らかの情報を読み取り、自らの解釈を加え行動した結果の成果や効果に対して使います。そのため、誰かの「アウトプット」(情報・生産物)を受けた先に得られるものが「アウトカム」なのです。

「アウトプット」と語感は似ていますが、意味が異なるため使用には注意が必要です。

仕事で「アウトプット」するには?


実際に「アウトプット」を求められたら、どうすればよいのでしょう。仕事で「アウトプット」するためのポイントをまとめました。

何事にもチャレンジする

ビジネスでは成果・結果という意味で「アウトプット」が用いられることは先述した通りです。成果を出すにはもちろん勉強も大切ですが、まずは何事にもチャレンジすることが大切です。

数をこなしていく中にも学びはたくさんありますし、何より経験がものをいうことも少なくありません。尻込みせずに、いろいろなことにチャレンジしてみるのがひとつめのポイントです。

目標を明確にする

よりよい「アウトプット」のためには、目標設定もポイントです。今すべきこと・やるべきことの目的がずれてしまうと、余計な仕事が追加されたり、回り道をすることで作業効率が悪くなったり、いいことはありません。結果として、クオリティが低くなることも多いものです。

今取り組んでいる仕事の目的を明確にし、着実に近づいていけるようなタスク管理がより良い「アウトプット」につながります。

まとめ

外に出すというニュアンスを持つ「アウトプット」は、出力という意味だけでなく、生み出すこと・発信すること、さらには実績や結果を意味する言葉として、ビジネスシーンでは幅広く使用されています。結果を出すこと、意味のあるものを発信することは簡単なことではありませんが、まずはチャレンジすることが大切です。形にとらわれ過ぎないことも「アウトプット」を生み出すためのポイントかもしれません。