「斡旋」の意味とは?類語との違いや使い方も解説(例文つき)

「斡旋」は人材紹介業者が行っている業務ですが、言葉の意味や「仲介」との違いについて、正確に理解できているでしょうか。ビジネスの現場では「斡旋」や「仲介」を区別しておかなければ、法的な責任を問われることにもなりかねません。この記事では、「斡旋」の意味を類語との違いを交え、分かりやすく解説しています。

「斡旋」の読み方と意味は?

「斡旋」は「あっせん」と読む

「斡旋」は「あっせん」と読みます。熟語を構成している「斡」という漢字は「つかさどる」「めぐる」とも読み、「とりしきる」「めぐらす」という意味があります。

もう一つの構成文字である「旋」は「めぐる」とも読み、意味は「めぐる・まわる」「かえる・もどってくる」です。「旋回」「旋盤」「旋風」という熟語からも、「旋」が持っているぐるりと回るという意味合いが伺えます。

「斡旋」の意味とは「とりもつこと」

「斡旋」の意味は、双方の間に入り関係がうまくいくようにとりもつことです。よく労務関係などでよく耳にしますが、求人側と求職者の間に入って仲立ちすることを指す場合が多くみられます。具体的には、ハローワークや職業紹介業が行っている業務のことです。

また、労使間で争議が起きた場合などで、当事者の間に入って争議の解決を図るために、労働委員会の指名によって立ち働く人のことを斡旋員と呼びます。その他、公益事業用地の取得で起きた当事者間の紛争解決のために行われる行政法上の手続きのことも指す言葉です。

「斡旋」の類語とそれぞれの言葉の違い

「斡旋」の類語は「紹介」「仲介」「仲裁」「周旋」など

「斡旋」の類語には「紹介」「仲介」「仲裁」「周旋」などがあります、意味は少しずつ異なっていますが、ビジネスにおいては業務内容が明確に異なってきます。

それぞれの言葉が意味する内容についてきちんと理解していなければ、契約違反を問われて訴訟問題に発展するようなトラブルにつながることもあるため、注意が必要です。

「紹介」は単なる引き合わせやお知らせ

「紹介」には、「未知の人どうしの間に入って引き合わせること」や、「まだ知られていない物事を世間に知らせること」という意味があります。

「紹介」は「斡旋」と違い、単に引き合わせたり知らせたりするだけで、良い結果になるようにかかわるようなことまではしません。また、仕事を斡旋する仕事のことを職業紹介業といいますが、有料・無料を問わず仕事の斡旋には厚生労働大臣の許可が必要です。

実際には知人の紹介で再就職するようなことはよくありますが、就職後のトラブルについての責任は問われません。このように、結果にまでかかわるかどうかという点が、「斡旋」と「紹介」の違いです。

「仲介」は不動産業でよく使われる言葉

「仲介」も当事者間に入って話を取りまとめることを指す言葉ですが、不動産業者が行う物件の売買契約や、金融機関が行う金融仲介などのような専門的知識が必要であるケースでよく用いられます。

「斡旋」と違い、「仲介」では問題解決や契約締結などのようなはっきりとした目的があり、その実現のための専門的知識があり代理人として活動できることが求められています。

「仲裁」は和解させること

一般的に「仲裁」は、揉め事を起こしている当事者の間に入って和解させることを指します。夫婦喧嘩の仲裁に大家さんが一肌脱ぐ場面が落語などで描かれていまが、「仲裁」のよい事例です。

なお、夫婦喧嘩のような牧歌的な揉め事ではなく、民事紛争を解決するための手続きとして「仲裁法」があり、法的に仲介措置を取り民事訴訟を解決しています。

「周旋」は「斡旋」の同義語

「周旋」は「しゅうせん」と読み、売買や交渉などの際に当事者間に立って世話をすることを指す言葉です。ここまでに挙げた類語のなかでは「斡旋」に最も意味が近い言葉であり、同義語といえます。

なお、「周旋」は 国際法で使われる言葉でもあり、国際紛争を平和的に解決するため、第三国が当事国の交渉をとりもち外部から援助することを指します。その他、「ぐるぐると巡り歩く」という意味もあります。

「斡旋」の使い方と例文


「斡旋」を使った例文を挙げます。

  • 早く再就職したいため、人材紹介業者に就職の斡旋を依頼した。
  • 薬品は職場の斡旋販売で安く購入できるので、よく利用している。
  • 労使間のトラブル解決のため、労働委員会に斡旋申請書を提出した。
  • 実子斡旋行為の法的問題と人道的問題について討論した。

ビジネスの場で使う場合には、前の項で紹介した類語との違いをよく理解して、間違えないようにしておくことが大切です。一般的には「紹介」<「斡旋」<「仲介」の順に責任が重くなるため、引き受ける場合は慎重にされることをおすすめします。

まとめ

「斡旋」の読み方と意味について、および類語との違いや使い方と例文などを紹介しました。なんとなく同じような意味合いに受け取られがちな「紹介」「仲介」「仲裁」「周旋」ですが、ビジネス現場などの契約がかかわってくる場合には大きな違いが生じてくるため、きちんと区別して取り扱う必要があります。