「短気は損気」の意味とは?慣用句の類語や使い方も(例文付き)

「短気は損気」は、時代劇で喧嘩っ早い江戸っ子をなだめるときによく登場しますが、現在もよく使われていることわざです。穏便にすませることを美徳とする日本ですが、短気を起こすとどのような損失が起きるのでしょうか。この記事では、「短気は損気」の意味のほか類語や使い方を解説し、例文も紹介しています。



「短気は損気」の意味とは?

「短気は損気」とは短気の戒め

「短気は損気」は「たんきはそんき」と読む語呂の良い慣用句で、短気を起こすと自分が損することになるという、短気を戒めている言葉です。

短気とは、忍耐力がなく我慢ができない性質や、ちょっとしたことですぐ頭に血が昇ったり、喧嘩っ早かったりすることや人を指します。損気は、短気と音を合わせて「損」に「気」を添えた語で、損失を招きやすい気質のことです。

短気による損失は大きい

短気を起こした状態は、感情が高ぶり理性的な判断ができなくなっています。あとさき考えずに言ってはならないことを口走ってしまったり、無用な喧嘩を吹っかけてしまったりすることで、人間関係が悪くなり後に禍根を残す元にもなりかねません。

ビジネスだけでなくプライベートな付き合いでも、良好な人間関係を構築するまでには長い時間と努力が必要です。ところが短気によって、せっかく築き上げた人間関係が一瞬で壊れてしまうこともありえます。

短気による損失は想像以上に大きく、取り戻すことが難しいため、昔から「短気は損気」と戒められてきたのでしょう。また短気は身体にも悪く、心臓や脳に負担を掛けてしまいます。脳卒中や高血圧のリスクが高まる危険もあるため、注意が必要です。

「短気は損気」の由来は浄瑠璃

「短気は損気」は、近松門左衛門の人形浄瑠璃が由来です。演目のひとつに「冥途の飛脚」という作品があり、そのなかに「短気は損気の忠兵衛」があります。

飛脚屋の主人である忠兵衛が、短気な性格が災いして公金を使い込み身の破滅を招いてしまうといったストーリーですが、客へ金を届ける飛脚屋が自らを冥途へ送ることになってしまったわけで、短気が死罪という割に合わない損失につながってしまう、怖い事例でもあります。

「短気は損気」の類語

「癇癪持ちの事破り」は怒りで事が決裂すること

「癇癪持ちの事破り」は、「短気は損気」の同義語です。癇癪持ちとは、自分の感情を抑えることができずに些細なことですぐに怒りを爆発させるような性格の人を指す言葉です。

物事をまとめるためにはある程度の譲歩や妥協が必要で、お互いに多少の我慢をしあいながら進めていくものです。しかし、癇癪持ちの人にはそのような大人の対応ができず、せっかくまとまりかけた計画などを台無しにしてしまうことがあります。

結果的に自分の癇癪のせいで損をすることになり、「短気は損気」の同義語として用いられる言葉です。

「短気は身を滅ぼす腹切り刀」は短気によって自滅すること

「短気は損気」よりもっと物騒なことわざに、「短気は身を滅ぼす腹切り刀」があります。腹切り刀とは切腹するための刀で、9寸5分(約30センチ)と短めのサイズです。

この刀は他人ではなく自分自身に向けられるもので、短気も腹切り刀と同様に自分自身に向けられることになるとたとえたことわざです。短気は損をする程度ではすまない自滅の元であるといっており、かなり強い戒めが込められています。

「走れば躓く」は急ぐと失敗するという意味

「走れば躓く」は、あわてて走ると躓いて転びやすいことを表しています。物事を急いで行うと失敗することが多いということのたとえで、落ち着いてじっくり行動することをすすめたことわざです。

「短気は損気」での短気は、気が短いことや怒りっぽい性格を指す言葉で、急いだりあわてたりしていることととは意味合いが異なります。

そのため、「走れば躓く」は「短気は損気」に似た言葉ではありますが、言い替えに用いると意図が正確に伝わらないかもしれません。

「短気は損気」の使い方が分かる例文


「短気は損気」の使い方が分かる例文を紹介しましょう。

  • 昔から「短気は損気」と言われているが、瞬間湯沸器とあだ名される彼を見ていると大いに納得させられる。
  • 江戸っ子気質の祖父に「短気は損気」と言ったところ、余計なお世話だと怒られてしまった。
  • ついカッとなって暴言を吐いてしまい大喧嘩になってしまったが、「短気は損気」はお互い様だ。
  • 「短気は損気」となだめられ不承不承で矛を収めたが、あのとき抑えてもらえたことに今は感謝している。

まとめ

「短気は損気」の意味を由来や類語のほか、使い方が分かる例文を挙げながら解説しました。短気を戒める「短気は損気」は、自分に対しても他人に対しても用いることができる便利なことわざです。

特に短気を自認している方は、座右の銘として日頃から心掛けておくことで無用なトラブルを回避でき、ひいては自らを守ることにもつながります。円満な人間関係を維持するために、ぜひお役立てください。