「ダビデ」とは?聖書の物語やミケランジェロのダビデ像も解説

ミケランジェロの「ダビデ像」や、ゴリアテの首とともに描かれる「ダビデ」は、西洋美術で人気のあるモチーフです。「ダビデ」は『聖書』に登場する人物ですが、どのような物語が書かれているのでしょうか?

この記事では、「ダビデ」について書かれた『聖書』の内容や、ソロモン王との関係、ダビデをモチーフとした有名な作品などについて解説します。



「ダビデ」とは?

まずはじめに「ダビデ」が登場する『聖書』について解説します。あわせてダビデに由来するとされる「ダビデの星」の図像についても、補足として紹介します。

『旧約聖書』「サムエル記」にダビデの物語が記されている

『旧約聖書』に収められた歴史書の「サムエル記」に「少年ダビデ」が登場します。のちにダビデはイスラエル王となりますが、その物語は「サムエル記」に続く「列王記」に記されます。

『旧約聖書』は、「創世記」などが記された「モーセ五書」、「サムエル記」「列王記」などが記された「歴史書」、さらに「文学書」と「預言書」で構成されています。

「ダビデ」は、モーセの時代が終わったあとに続く、イスラエル王の歴史を描いた歴史書に登場する人物です。

「サウル」に仕える少年として登場する「少年ダビデ」

初代イスラエルの王となったサウルは、羊飼いの息子であった少年ダビデを見い出します。竪琴の名手であるダビデは、琴を弾いて歌い、王に仕えます。

敵国ペリシテ軍の怪力を持つ巨人ゴリアテが一騎打ちを仕掛けてきたときには、ダビデは自ら名乗り出て戦いに挑みます。ダビデは投石の道具を使って石をゴリアテの額に命中させ、倒れたゴリアテの首を即座に切り落とします。

か弱い少年ダビデが、巨人ゴリアテに対してひるまずに挑み、勝利を収める場面が、絵画のモチーフとして人気を集めました。

「ダビデ」はイスラエルの王となり、「ソロモン」がその跡を継ぐ

成長したダビデは、その後イスラエルの2代目の王となり、イスラエルを繁栄させます。その跡を継ぐのが知恵の王ソロモンで、「ソロモンの審判」などが絵画のテーマとなっています。

「ダビデの星」とは、ユダヤ民族を象徴する「六芒星」の図像

「ダビデの星」と呼ばれる、正三角形を二つ重ねた「六芒星」の図像があります。この図像はユダヤ民族を象徴するものとしされ、イスラエルの国旗にも描かれています。

「ダビデの星」は、聖書に書かれたイスラエル王ダビデに由来するとされますが、17世紀の三十年戦争の際に、ユダヤ民兵部隊の旗印として考案されたものであるため、聖書に「ダビデの星」の図像についての記述はありません。そのため、聖書を典拠として作られる「ダビデ」図に「ダビデの星」が描かれることはありません。

「ダビデ」をモチーフとした有名な作品とは?

次に「ダビデ」をモチーフとした美術作品について紹介します。

「ドナテッロ」のブロンズ像『ダビデ』(1440年頃)

ドナテッロ『ダビデ』 バルジェロ美術館(フィレンツェ)
(出典:Wikimedia Commons User:Tetraktys)

ドナテッロ(1386年頃~1466年)がブロンズで制作した『ダビデ像』も、ミケランジェロの作品と並んでルネサンスを代表する彫刻です。ミケランジェロの彫刻よりも60年ほど早い時期に作られた彫像で、古代ギリシャ・ローマ以降に作られた、初めての裸体立像とされます。

公的なモニュメントとして作られたミケランジェロのダビデと違って、ドナテッロのダビデはメディチ家の私的な注文によって作られ、邸宅内に飾られていました。

「ヴェロッキオ」のブロンズ像『ダビデ』(1470年代初頭)

ヴェロッキオ『ダビデ』 バルジェロ美術館(フィレンツェ)
(出典:Wikimedia Commons User:Sailko)

アンドレア・デル・ヴェロッキオ(1435年頃~1488年)の制作した『ダビデ像』は、ドナテッロのダビデ像に関心を持ったピエロ・デ・メディチの発注によって作られました。

美しい美少年の姿の『ダビデ像』は、弟子だったレオナルド・ダ・ヴィンチがモデルとなったと言われています。レオナルドは実際に美しい姿をしていました。

「ミケランジェロ」の大理石像『ダビデ』(1501年~1504年)

ミケランジェロ『ダビデ』 アカデミア美術館(フィレンツェ)
(出典:Adobe Stock)

フィレンツェの市庁舎前に1504年に設置された、5メートルを超えるミケランジェロの彫刻『ダビデ像』は、ミケランジェロの代表作であるとともに、ルネサンス期を代表する卓越した大理石の彫刻です。現在はフィレンツェのアカデミア美術館に収蔵されています。

ダビデは左手に投石の道具を、右手に石を握り、ゴリアテを倒そうと狙いを定める一瞬を表現しています。ダビデはたくましい筋肉を持つ青年の姿で表現され、ミケランジェロの好んだ裸体美の傑作です。巨人に立ち向かうダビデは、フィレンツェを象徴するものだと解釈されました。

「カラヴァッジョ」の絵画『ゴリアテの首を持つダビデ』(1609年)

『ゴリアテの首を持つダビデ』 ボルゲーゼ美術館(ローマ)
(出典:Wikimedia Commons User:Ismoon)

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(通称カラヴァッジョ)(1571年~1610年)は、描く対象を理想化する古典的手法を排除した写実的な作風で、聖書を題材とした絵画を多く制作しました。

『ゴリアテの首を持つダビデ』では、ゴリアテの頭部を哀しげな表情で見つめる少年ダビデがリアリティを持って迫ってきます。ゴリアテはカラヴァッジョの自画像だとされます。

まとめ

「ダビデ」とは、『旧約聖書』の歴史書の中に勇敢な少年として登場し、やがてイスラエルの王となる人物のことです。巨人ゴリアテに挑む無垢な姿が、西洋絵画のモチーフとして好んで用いられました。

特にルネサンス期においては、同性愛文化の背景もあり、耽美的なダビデがメディチ家の注文によって作られました。

■参考記事
『旧約聖書』とは何か?「創世記」や「ヨブ記」のあらすじも解説