「エクスキューズ」の意味は「言い訳」?ビジネスでの使い方も紹介

「エクスキューズ」は英語の「エクスキューズ ミー」として馴染みがありますが、ビジネスの現場でも枕詞のように使われるようになったカタカナ語です。ここからは、「エクスキューズ」の意味とは何か、ビジネスでの使い方や注意点なども紹介します。



「エクスキューズ」の意味とは?

「エクスキューズ」の意味は「言い訳」「弁明」

「エクスキューズ」という言葉を聞くと、英語の「エクスキューズ ミー」が思い浮かぶでしょう。日本で用いられるカタカナ語の「エクスキューズ」は、「エクスキューズ ミー」の「エクスキューズ」で、言い訳や弁明のことを意味しています。

日本語の「言い訳」や「弁明」は、ネガティブなイメージが強くありますが、カタカナ語の「エクスキューズ」にすると、ネガティブさが少し和らいで感じられます。

英語「excuse」の発音は動詞と名詞で異なる

英語の「excuse」は、動詞と名詞の両方で使われています。動詞の場合は、許す・弁解する・辞退する・免除するという意味になり、名詞の場合は容赦・弁解・辞退・免除となります。

カタカナ語としてはどちらも「エクスキューズ」でよいのですが、英語で発音するときには動詞の場合「エクスキューズ」、名詞の場合は「エクスキュース」となり語尾が濁らないので、混同しないように注意が必要です。

「エクスキューズ」の使い方の注意点

「エクスキューズ」は謝罪には使えない

「エクスキューズ ミー」の和訳は、たいていの場合「すみません」となっています。日本語の「すみません」は、「ありがとう」「ごめんなさい」「ちょっと失礼します」などのようにさまざまな意味合いで使われるため、「エクスキューズ」も同じようにとらえてしまいがちです。

しかし、英語の「エクスキューズ」に感謝や謝罪の意味合いはなく、カタカナ語の「エクスキューズ」を「ありがとう」「ごめんなさい」という意味で使っても、相手には伝わらないので注意が必要です。

「エクスキューズ」は軽い事柄にしか使えない

言い訳や弁解の意味で「エクスキューズ」を使うときには、軽い事柄に対してだけにします。重大なミスやトラブルを起こしたときなどに「エクスキューズ」と言ってしまうと相手の怒りは倍増し、深刻な事態を招くでしょう。

重大なミスを犯してしまったときは、うっかり「エクスキューズ」と言ってしまわないように気をつけなければなりません。

「エクスキューズ」であいまいさを伝えられる

人に何かを伝えるときには、できるだけあいまいさをさけた表現を用いることが求められています。

しかし、現時点で100%確実といえないことを伝えざるを得ないようなときには、あらかじめ「まだ確定していないことをエクスキューズしておきますが…」とすることで、相手に注意をうながすことができるのです。

「エクスキューズ」を免罪符にしすぎない

「エクスキューズ」は、「ご容赦のお願い」というニュアンスでよく使われます。最初に「エクスキューズ」と断りを入れておくことは、その後に起こりうる不手際や不始末に対して目こぼしをよろしくということと同じ意味合いになるのです。

謙遜の意味で使うならまだしも、お粗末なものに対する容赦を願うための免罪符として「エクスキューズ」を使いすぎると、信用を失う元になります。

「エクスキューズ」のビジネスでの使い方


ビジネスの現場で使うときの「エクスキューズ」には、以下のようなバリエーションがあります。

「エクスキューズをつける」は前もっての弁解

あまり望ましくないことを相手に伝えなければならないときなど、弁解の言葉を前置きしたい場合に「エクスキューズをつける」ことがよく行われます。

たとえば、売れ行きが思わしくないことを上司に報告する場合に、同僚たちとの間で「前もってエクスキューズをつけておいたほうがいいだろう」というように使います。

上司に心の準備をしてもらうためのクッションのような役割をしてくれて、言いづらいことを言わなければならないときに重宝する言葉です。

「エクスキューズが多い」は言い訳が多いこと

言い訳や弁明が多い人を評して、「彼はエクスキューズが多い」というように使います。本人は単に事実を説明しているつもりかもしれませんが、周囲から弁解がましいように受け取られてしまうなら改めなければなりません。

言い訳に使った事象を改善への課題とする姿勢をアピールすれば、「エクスキューズが多い」と評価されることは少なくなるでしょう。

「エクスキューズを求める」は相手への助け舟

何らかの報告を受けたとき、何か食い足りないような気分になることがあります。文書に別添される特記事項のような部分が見えないというケースです。このようなときに「エクスキューズを求める」と、相手は言い出しやすくなります。

いわば相手を話しやすくさせるための助け舟のようなひとことで、言いにくいことを上手に引き出すことができれば問題の早期発見につながり、傷が浅いうちに対処できるでしょう。

まとめ

「エクスキューズ」の意味や、ビジネスでの使い方と注意点について解説しました。カタカナ語にすることで抵抗感が少なくなったとはいえ、「エクスキューズ」は言い訳と受け取られて当然の言葉です。

「エクスキューズ」は適切につかわなければ、弁解の多い人だと判断されます。しかし、言いにくいことを言うための前置きとしてや、今後の課題としての表明として使えば、ネガティブな印象を抑えることも可能です。