「モンテーニュ」とは?思想の特徴や名言の意味・著書『エセー』も

世界史に登場する人物のひとりに「モンテーニュ」が挙げられます。彼は何を成した人物なのでしょう。モンテーニュの主著『エセー抄』をはじめ、彼の思想や名言について紹介します。



「モンテーニュ」とは?

モンテーニュとはどういった人物なのでしょう。まずはその生涯から見ていきます。

モンテーニュはフランスの哲学者

「ミシェル・ド・モンテーニュ」(1533年~1592年)は、16世紀のルネサンス期を代表する哲学者のひとりです。フランスのボルドーに近い「モンテーニュ城」に生まれました。

哲学者として以外にも、モラリスト(道徳哲学者や文学者の意)や懐疑論者、人文主義者(ユマニスト、ヒューマニストとも)とも呼ばれます。

モンテーニュは高等法院に勤務、侍従や市長も経験

裕福な家に生まれ育ったモンテーニュは、幼い頃から家庭教師にラテン語を教わるなど当時としては珍しい教育の下に育てられています。そして、成長したモンテーニュは、フランスの法官になり、高等法院に勤務することとなりました。

1570年、37歳の時に法官を辞任し、主著『エセー』の執筆を始める一方で、一方で、カトリックのシャルル9世、アンリ3世などから侍従を任されたり、プロテスタントのアンリ4世の侍従にも任命された経験を持ちます。また、1581年より2期にわたり、ボルドーの市長も務めました。

宗教戦争では穏健派、ユグノー戦争を調停

モンテーニュが活躍した16世紀のフランスで欠かせないのがカトリックとプロテスタントによる「宗教戦争」です。当時フランスでは、「シャトーブリアン勅令」(1551年)によってプロテスタントが全面的に禁止され、それにより、プロテスタントとカトリックが争う「ユグノー戦争」(1562年~1598年)と呼ばれる宗教戦争が続いていました。

元来、モンテーニュはカトリックの立場ですが、戦争で人々が血を流すことを悲しみ、その人脈を生かし、融和に努めたとされています。中でも、ユグノー派(プロテスタント)であるのちのアンリ4世とカトリックの国王との調停を図ったという逸話は有名です。また、ボルドーの市長としてもカトリックとプロテスタントの仲介を行ったとされています。

「モンテーニュ」の思想と著書『エセー抄』

「モンテーニュ」は自らの考えを随想録として『エセー抄』にまとめました。彼の思想の特徴と『エセー抄』について紹介します。

『エセー抄』はモンテーニュの主著

『エセー抄(エセー)』は、1580年に刊行されたモンテーニュの随想録です。

1570年頃から執筆を開始したとされていて、1580年の初版は2巻本で、1588年に全3巻を刊行しますが、その後も、生涯にわたって、加筆・改訂を続けたとされています。モンテーニュの『エセー抄(エセー)』は、自らの経験や古典からの引用をもとにした随筆による構成が特徴で、「人間」を率直に記すことを目的とした一冊です。

また、「エセー(Essais)」とは、フランス語で「試み」や「企て」という意味の言葉ですが、このモンテーニュの『エセー抄(エセー)』によって、「特定の話題に関する主観的な短い文章」を「エッセイ」と呼ぶようになったとされています。

『エセー抄』は聖書からの引用が少ない

多くの引用をもとに記された『エセー抄』は、聖書からの引用が少ないのも特徴のひとつです。プラトンやアリストテレスなどの古典・古代文献からの引用が多く用いられています。

のちの哲学者「デカルト」や「パスカル」にもモンテーニュの『エセー抄』は大きな影響を与えたとされていますが、それ故に「無神論」の書物として、禁書となった時代もあります。1676年のことでした。

モンテーニュの名言「クセジュ」は自問の言葉

『エセー』に記されたモンテーニュの名言のひとつに「クセジュ?(Que sais-je?)」があります。これは、「私は何を知っているだろうか」という意味のフランス語で、モンテーニュ自身が常に自問したとされる言葉です。

先述した宗教戦争で、カトリックとプロテスタントの両者に人脈を持っていたモンテーニュは、間に立つ身として、人間の愚かさや醜さを痛感していました。それゆえ、自分が正しいと思い込み、相手を認めようとしないことこそが悪習と感じていたようです。

「クセジュ?(私が何を知っているのだろうか?)」は、現実を冷静に観察し、互いを認め合うモラリストとしてのモンテーニュを表した一言です。

モンテーニュは懐疑論と寛容の精神で平和を願う

モンテーニュの哲学者としての考えは、「懐疑主義」と「寛容の精神」で成り立っています。

「クセジュ?」に代表されるように、自らを正しいと思い込むのではなく、常に物事を疑い、独断的な思考を避けながら真理を追い求めたモンテーニュは、懐疑主義・懐疑論者と言われます。この思想は、哲学者としてだけでなく、人としても謙虚な姿勢につながっています。

モンテーニュは、宗教戦争に代表される数々の戦争や残虐的な行為は、人々の偏見や度量の狭さが成したものだと批判します。独断的な思考に陥らないためにも、寛容の精神こそが必要であると説いたのです。

まとめ

モンテーニュはフランスを代表する哲学者のひとりで、16世紀のルネサンス期に活躍した人物です。ヨーロッパ史では欠かせない「宗教戦争(ユグノー戦争)」においては、カトリックとプロテスタントの間に立った経験から、独断に陥らず、互いを認める寛容な精神こそが人間には必要だと説きました。人の愚かさを知りつくしたモンテーニュだからこその主張だったのではないでしょうか。