「ご寛恕」の意味とは?類語や「ご容赦」との違いを例文つきで

「ご寛恕」は少しいかめしい印象を受ける言葉で、日頃あまり使われることもありません。なじみのない言葉ですが、ビジネスの場ではときおり登場することがあるので、この機会に意味をしっかり押さえておきませんか。ここからは、「ご寛恕」の意味のほか、類語や「ご容赦」との違いを例文つきで紹介しています。



「ご寛恕」の意味とは?

「ご寛恕」の意味は「寛大に許すこと」

「ご寛恕」は「ごかんじょ」と読みます。広い心で許すことを指す「寛恕」に、尊敬を表す接頭辞「ご」を付けて用いることで、「ひろい心でお許しください」という意味になっています。

「寛」は「寛大」という熟語からもわかるように、ひろくゆったりとして大きいさまを指す文字です。

「恕」は、「思いやる」「大目に見る」「許す」という意味です。意味が全く違う「怒」や「怨」と「恕」とは、見た目が似ているので書き間違えや読み間違えに注意する必要があります。

「ご寛恕」はビジネスでの謝罪表現

「ご寛恕」は相手に許しを請う言葉ですが、日常生活で使うことはほとんどありません。ビジネスでの謝罪表現として用いる言葉で、相手が広い心や情けから大目に見てくださることに恐縮しながら使うことが適切です。

相手にこちらの非を許してもらいたいときには「ご寛恕を乞う次第でございます」、相手の許しに対して感謝を述べたいときには「ご寛恕を賜り感謝いたします」というように表現します。

「ご寛恕」の類語

「ご宥恕」はとがめないこと

「ご寛恕」とは一文字違いの「ご宥恕」は、「ごゆうじょ」と読みます。「宥」という文字には「とがめない」「ゆるす」という意味があり、良くない行為や言動を許すことを指す「宥恕」に、尊敬の意味を表す「ご」が付いて「ご宥恕」となっています。

「ご宥恕」は「ご寛恕」のように許す側の寛大さを敬っているのではなく、見逃してくださいという意味合いの言葉です。

用法は「ご宥恕いただければ幸いです」「ご宥恕いただきありがとうございました」と、「ご寛恕」と同じように使うことができます。なお法律においての「宥恕」は、被害者が加害者の罪を許すという意味で用いられます。

「ご海恕」は「ご寛恕」の同義語

「ご海恕」も「ご寛恕」と一字違いの言葉で、「かいじょ」と読みます。海のような広く大きな気持ちで相手を許すことを表す言葉です。

「ご海恕」は、相手の寛大さにすがる「ご寛恕」と同じ意味合いとなるため、「ご寛恕願います」を「ご海恕願います」というように、言い換えに使うことができます。

なお、「ご海恕」と似た言葉の「ご海容(かいよう)」も「ご寛恕」の同義語で、「ご海容いただき恐縮です」というように「ご寛恕」と置き換えられます。

婉曲な断り文句としても使える「ご勘弁」

「ご勘弁」も、相手に許してもらいたいときに使うことができる言葉です。「勘」という文字には「深く考える」という意味があり、「弁」「わきまえる」「心得る」という意味の「弁」と合わさって熟語を構成しています。

「ご勘弁」は相手に許しを請うときのほかに、婉曲に断りたいときにも使うことができる言葉です。

「ご遠慮願います」や「お断りいたします」ではなく、「ご勘弁ください」とすることで不躾な感じを相手に与えることなく断ることができます。なお「ご勘弁」は、目上の方に対しても使用できる断りの言葉です。

「ご寛恕」と「ご容赦」との違い

「ご容赦」は相手の失敗を許すこと

「ご寛恕」と似た意味合いの言葉として「ご容赦」が挙げられます。「容」は受け入れる・許すということを指した文字です。

さらに「赦」にも罪やあやまちをとがめず許すという意味があるため、2つが合わさった「容赦」は相手の失敗を許すことや、手加減することを表しています。

「ご容赦」は手加減を期待する言葉

「ご容赦」は、こちらの事情を考えて手加減して欲しいという意味合いで使われています。「ご寛恕」には相手の心の広さに対する尊敬の気持ちが含まれていますが、「ご容赦」にはそのような敬意はありません。

「売り切れの際はご容赦ください」など、手心を加えて許してもらいたいといった比較的平易な気持ちで用いられる点が、「ご寛恕」とは違っています。

したがって、重大な失敗をしてしまい相手に大きな迷惑を掛けてしまったような場合は、「ご寛恕」を用いることが適切です。

「ご寛恕」を使った例文

  • この度はご寛恕を賜り、誠にありがとうございました。
  • 私どもの不手際に対して、ご寛恕を乞う次第でございます。
  • 先様には大変なご迷惑をお掛けしたが、ご寛恕をいただけたお陰で事なきを得た。

まとめ

「ご寛恕」の意味および、類語や「ご容赦」との違いを例文つきで紹介しました。「ご寛恕」は敬意をはらいながら許しを乞いたいときに適した言葉ですが、仰々しさが感じられることもあります。

行き過ぎた尊敬表現はかえって相手に対して失礼に当たる場合もあるため、適切な類語で言い換えられるようにしておきたいものです。