「工程」と「行程」の意味と違いとは?使い分けのポイントも解説

「工程」と「行程」はともに「こうてい」と読み、似た意味合いで用いられている語句です。しかし作業の進捗管理で使用されるのは、「行程」ではなく「工程」です。この記事では、「工程」と「行程」の使い分けのポイントや語句を使った例文の紹介を行うことで、「工程」と「行程」の意味と違いをわかりやすく解説しています。



「工程」と「行程」の意味とは?

「工程」の意味は作業の順序

「工程」とは、作業や業務などを進める順序のことや、進捗具合のことです。製造業の場合、原材料を加工して製品を作製するまでに数多くのステップを踏みます。

各作業の順序や所要時間を「工程」としてあらかじめ決めておき計画通りに進めることで、理想的な品質と効率を維持することができるようになります。そのため「工程」の進捗状況は細かくチェックされ、厳しく管理されているのです。

「行程」の意味は道のり・日程

「行程」の意味は、道のりや日程のことです。目的地に到達するまでの距離やスケジュールのことを指しますが、特定の場所へ実際に移動するときのことだけでなく、目標や目的へ向かって進む場合にも比喩的に用いることができます。

つまり「距離」「道のり」「通過点での予定」などのほか、人生における目標達成までの計画についても「行程」と表現されるものです。

「工程」と「行程」の違いとは?

「工程」は作業順序「行程」は距離や日にちが対象

「工程」と「行程」の違いは対象とするものにあります。熟語の意味の違いは、語句を構成している漢字の「工」と「行」に表れているのです。

「工」という文字には「仕事」「作業」という意味があるため、「工程」は作業の順序を表しています。一方の「行程」で用いられている「行」には、「進む」「道」「旅」という意味があることから、「行程」においては進んだ距離や旅に掛かる日数などが対象となっているのです。

「工程」「行程」はともに段取りを表したもの

「工程」と「行程」は、「程」という文字が共通しています。ものごとが進行するみちすじのことを表す「過程」という熟語からもわかるように、「程」という文字には「みちすじ」「予定」という意味があります。

したがって「工程」と「行程」は、作業やものごとの進行における段取りのことを表しているという点において共通しているのです。

「工程」と「行程」の使い分けのポイント

「工程」は作業に対して使う

「工程」は、作業の具体的な内容と順序に対して使います。「工程」を分かりやすく表すため、多くの場合でチャート図などを使用してビジュアル化します。

「工程表」はマニュアルとして現場で共有したり、作業の確認を行ったりするだけではなく、製品の品質維持や納期の管理にも役立てられているものです。

「行程」は距離や日数に使う

原則として「行程」という語句を作業に対して使うことはなく、距離や日数で表される旅行や移動のようなものに対して用いられます。

また、大まかで長期的な計画に対しても「行程」が使用され、「行程表」と訳される「ロードマップ」は、企業や個人の将来設計などを時系列で表したものです。

「工程表」の作り方

「工程表」は製造業以外でも有効

製造業だけにとどまらず、ステップを踏んで進行していく各種プロジェクトなど、工程管理が必要な作業において「工程表」は大変有効です。

作業のプロセスを可視化することで、作業の最適化や効率化を実現できます。また、「工程表」を活用することで、チームのメンバー全員がタスクやプロセスを共有しやすくなる点もメリットです。

「工程表」に必要な細分化と時系列

「工程表」を作製する前に、まず必要な作業をすべてピックアップし、それぞれの作業を細分化した「工程」を順番に並べて縦軸に配置します。続いて各「工程」に必要な時間を割り出します。

横軸には作業に応じた時間単位で、それぞれの「工程」の開始と完了を記入するのです。見やすいように色分けすると、なおよいでしょう。

もし「工程表」に不要な空きや重なりがみられるようなら、「工程」の配置や時間配分に無理や無駄があることがわかります。作業開始前の段階で不具合を発見できる点も、「工程表」を活用するメリットです。

「工程」と「行程」を使った例文

「工程」の例文

  • 工程を工夫することで、品質が飛躍的に向上した。
  • 工程の無駄を発見するためにも、工程表は役に立つ。
  • 納期に間に合わなくなったのは、工程管理を怠ったためだ。

「行程」の例文

  • 目的地までは約2時間の行程だ。
  • 目標達成までの行程を考えてから行動を開始しよう。
  • 出張の行程に合わせてホテルを予約した。

まとめ

「工程」と「行程」の意味や違いとともに、使い分けのポイントなども解説しました。「工程」は作業の段取り、「行程」は距離や過程のことと理解すれば、適切に使い分けることができます。

あるいは「工程」はタスクや時間を細かく管理したもの、「行程」は大まかで長期的な見取り図と理解してもよいでしょう。