「カフェオレ」「カフェラテ」の違いとは?区別のポイントも解説

カフェのメニューには、「カフェオレ」や「カフェラテ」といった名前の飲み物が並んでいますが、名前以外の違いをはっきり理解できているでしょうか?この記事では「カフェオレ」「カフェラテ」の違いを作り方から紹介し、見た目で区別するポイントや「カフェラテ」に似ている「カプチーノ」についても解説しています。



「カフェオレ」「カフェラテ」の違いとは?

「カフェオレ」はフランス語、「カフェラテ」はイタリア語

「カフェオレ(café au lait)」も「カフェラテ(caffè latte)」も、コーヒーに牛乳を加えた飲み物です。「カフェオレ」はフランス語、「カフェラテ」はイタリア語で、「レ」「ラテ(ラッテ)」ともに牛乳という意味を表しています。

日本語ではいずれも「コーヒー牛乳」となりますが、「カフェオレ」も「カフェラテ」も基本は温めた牛乳を使って作ります。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いはコーヒーにもあり

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いは、名前だけでなくコーヒーにもあります。「カフェオレ」に用いられるコーヒーは一般的なドリップコーヒーですが、「カフェラテ」ではエスプレッソが使われているのです。

エスプレッソは、一般的なコーヒー豆より深煎りした豆を極細挽きしたものを使用します。さらに高い圧力をかけて短時間で抽出する、エスプレッソ専用のエスプレッソマシンを使って作るのです。

「カフェオレ」と「カフェラテ」は牛乳の量も違う

厳密に決められているわけではありませんが、一般的に「カフェオレ」に加える牛乳の量は全体の50%程度で、「カフェラテ」では80%程度です。

エスプレッソはかなり濃く抽出されているため、たくさんの牛乳を加えることで飲みやすい味となっています。なお、「カフェラテ」の泡は牛乳を泡立てたものではなく、エスプレッソの泡が残ったものです。

「カフェオレ」と「カフェラテ」は牛乳の温め方も違う

「カフェオレ」は火にかけて温めた牛乳を加えますが、「カフェラテ」はエスプレッソマシンから出る蒸気で牛乳を温めたスチームミルクを使います。

「カフェラテ」の表面に模様を描いたラテアートの影響によるためか、「カフェラテ」は泡立っているものと思われがちですが、本来は泡立たないように温めた牛乳を注いで作るものです。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の区別のポイント

「カフェオレ」は「カフェラテ」よりカップが大きい

かつてフランスの家庭では、大きなスープボウルにたっぷりと入れた「カフェオレ」に、パンを浸しながら食べていました。現在使われているカフェオレボウルは少し小さくなりましたが、現在でも「カフェオレ」は大きめのカップで提供されています。

「カフェラテ」はエスプレッソマシンで抽出したエスプレッソに4倍量の牛乳を加えますが、「カフェラテ」で用いられるエスプレッソの量は30cc程度と少量であるため、全体の量もさほど多くはありません。そのため、「カフェラテ」は「カフェオレ」より小さめのカップで提供される傾向があります。

「カフェオレ」より「カフェラテ」は味が濃厚

「カフェオレ」と「カフェラテ」は、味も違います。エスプレッソの濃さは同じ量のコーヒー豆を使った場合、ドリップコーヒーの5倍程度です。

ドリップコーヒーの5倍濃いエスプレッソを4倍量の牛乳で割った「カフェラテ」のコーヒーと牛乳の濃度は、単純に計算しても薄めのコーヒーを同量の牛乳で割った「カフェオレ」より高くなります。したがって飲んだときに感じる味わいは、一般的に「カフェラテ」のほうが「カフェオレ」より濃厚です。

「カフェラテ」と「カプチーノ」は同じもの?

「カフェラテ」と「カプチーノ」の違いは泡の量

「カフェラテ」も「カプチーノ」も、ベースとなるコーヒーはエスプレッソで、加える牛乳は蒸気で温めたものです。しかし、加える牛乳の量と状態に違いがあります。

本来の「カフェラテ」は、泡立てない牛乳を加えて作りますが、表面に泡立てた牛乳を加えた「カフェラテ」もみられるようになりました。しかし「カフェラテ」の泡は表面に少し乗っているだけであることに対し、「カプチーノ」は泡が全体の1/3を占めています。

そのため「カプチーノ」の実質的な牛乳の量は「カフェラテ」より少なく、エスプレッソの深みと苦みをより一層味わうことができるのです。

「カプチーノ」とはカプチン会の修道士のこと

「カプチーノ」は「カフェラテ」と同様に、イタリア発祥の飲み物です。カトリック教会の一派のカプチン会の修道士である「カプチーノ」たちが着る修道服の色や帽子の盛り上がりと似ていることから、「カプチーノ」という名前が付けられたといわれています。

まとめ

「カフェオレ」「カフェラテ」の違いについて、作り方や見た目での区別のポイントなどを交えて解説しました。「カフェラテ」はお店によって違いが大きく、「カプチーノ」と同じように見えるものもありますが、泡の量とみれば違いがはっきりわかります。

似てはいるものの味わいに差がある「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」ですが、違いを理解しておけば好みに合ったドリンクをオーダーできるでしょう。