履歴書での写真のサイズと服装は?スマホの自撮りでの注意点も

履歴書に貼る写真は、選考に大きな影響を与えます。不適切な写真が貼られた履歴書は、目を通してもらえないこともあるそうです。この記事は、履歴書での写真のサイズやふさわしい服装についてのほか、スマホの自撮りするときの注意点についても紹介しており、ベストな履歴書用写真を撮るために役立つ内容となっています。



履歴書での写真のサイズは?

写真のサイズは縦40mm×横30mm

履歴書には写真を添付する枠が設けられており、サイズは「縦36~40mm、横24~30mm」と指定されています。この範囲の大きさであれば問題にはなりませんが、余白なしで枠にぴったり収まるサイズは「縦40mm×横30mm」です。

写真館やスピード写真を利用するときには、最も美しくみえる「縦40mm×横30mm」のサイズを指定して撮影することをおすすめします。

有効期限にも注意が必要

履歴書に使用する写真は、提出日の3ヵ月以内に撮影したものと指定されています。3カ月以上時間が経つと、髪型や体重の変化によって現在と顔の印象が変わってしまっていることが考えられるためです。

履歴書の写真は書類選考に影響を与えるものですが、「盛り過ぎ」の写真を貼ることは避けてください。面接のときあまりにも写真と印象が違い過ぎていると、かえってマイナス評価を受けてしまうからです。

背景色はブルー・グレー・白

履歴書に使用する写真での背景の色は、「ブルー・グレー・白」のいずれかが無難です。応募先の会社から色を指定されている場合には、それに従ってください。

グラデーションや他のカラーを選ぶこともできますが、履歴書の写真で個性をアピールすることは得策といえません。シンプルな背景で撮影しましょう。

写真の裏には名前を記入

履歴書に写真を貼るときには、枠からはみ出たりゆがんだりしないように注意して、しっかりと糊付けします。このとき、あらかじめ写真の裏にボールペンで名前を書いておいてください。

名前を書いていないと、万一写真がはがれてしまったときに誰の写真がわからなくなり、選考担当者の手をわずらわせてしまうからです。

履歴書写真での服装は?

面接に行くときの服装がベスト

履歴書用の写真を撮影するときの服装は、面接に行くときに着ていく服がベストです。高校生なら制服、大学生や社会人なら黒またはネイビーのスーツがよいでしょう。

スーツの場合、シャツやネクタイにも気を配る必要があり、シャツは白無地、ネクタイは派手過ぎないものがおすすめです。シャツのボタンがきちんと留まっているか、ネクタイが緩んでいないかもチェックしてください。

髪型は健康的な清潔感がポイント

履歴書の写真では髪型にも注意が必要ですが、一般的に茶髪は不可と考えておくと間違いありません。アレンジのしすぎや派手なアクセサリーを付けているなど、目立つ髪型は書類選考で落とされる可能性が高くなります。

顔に髪の毛が掛かったり、影ができたりするような髪型もよくありません。ワックスやクリームなどで控えめな艶を出しながらコンパクトにまとめると、健康的な清潔感を演出することができます。

メガネのデザインやメイクは控えめに

メガネを掛けている方は、メガネのデザインにも気を配ってください。あまり主張の強いデザインであったり、レンズに色がついていたりするとよくありません。

女性の場合、濃すぎるメイクもノーメイクもいけません。肌色を自然に整えたうえで、ポイントメイクの色は肌の色に近いナチュラルなものを選びましょう。

履歴書写真をスマホで自撮りするときの注意点

スマホ用三脚を活用

スマホを持った腕を伸ばしての自撮りで、履歴書用の写真を撮ることは避けましょう。距離が近すぎてゆがみが生じることに加え、不自然な姿勢で映ってしまいます。

シャッターを押すときに手ブレが起きやすい点も問題ですが、スマホを専用の三脚で固定してからセルフタイマーを活用することで、これらの問題は克服可能です。

背景や照明にも気を配りたい

夜間に自宅で撮影する場合、照明は天井の蛍光灯というケースが多いと思われますが、上からの照明は顔に影ができやすくなり、蛍光灯の光は顔色が悪く映りがちです。レースのカーテンなどで調整した太陽光のもとで撮影できれば、自然な写真が撮れます。

壁紙の色や模様も、証明写真にふさわしくないかもしれませんが、これらの条件をクリアできれば、スマホでの自撮り撮影にチャレンジできるでしょう。

印刷用紙は光沢紙を使用

条件がそろってよい写真を自撮りすることができたら、パソコンとプリンタ使って印刷します。このときに使用する用紙は、写真用の光沢紙を選んでください。

もし適切な用紙がない場合には、CD・USBメモリー・SDカードなどにデータを移してからコンビニエンスストアの印刷機を使えば大丈夫です。コンビニプリント対応スマホアプリで証明写真プリントサービスを利用すれば、面倒な設定をしなくても証明写真として使えるサイズに割付印刷してくれます。

まとめ

履歴書での写真のサイズと服装のほか、スマホの自撮りでの注意点を紹介しました。本来なら履歴書用の写真は、写真館で撮ってもらったものがベストですが、費用の負担が大きくなるため、一般的にはスピード写真で撮影したものが使用されています。

必要な条件を満たしていれば、スマホでの自撮り写真でも履歴書に使えないことはありません。しかし、自撮りで履歴書に貼れる写真を撮ることはかなり難しいため、時間的な余裕がないなど緊急を要するときでなければ、自撮り以外の方法をおすすめします。