「照会」の意味と使い方とは?「照合」との違いや類語も解説

「照会」はビジネスの現場でよく用いられる言葉ですが、「残高照会」などは日常生活でもしばしば使われています。しかし似た言葉である「照合」もよく用いられるため、違いを確認しておくとよいでしょう。この記事では「照会」の類語についても述べながら、「照会」の意味や使い方を解説しています。

「照会」の意味と使い方とは?

「照会」の基本的な意味は確認すること

「照会」とは、確認するということを指した言葉です。熟語に使われている「照」には、「つき合わせる」「見くらべる」という意味があります。

もう一つの文字である「会」には、人に会うということのほかに「当てはまる」「一致する」という意味があり、両者が合わさって「照会」という熟語を構成しています。

「照会」の意味は問い合わせて確認すること

「照会」の主な意味は問い合わせることにあり、疑問などを問い合わせることも「照会」といいます。「照会」という言葉は「残高照会」という形もよく使われていますが、金融経済用語としての「残高照会」は預金やローンなどの残高を確認することを指すものです。

しかし利用者側にとっては、金融機関に問い合わせることで残高を確認できるようになり、ここに「照会」が持っている「問い合わせる」という意味がよく表れています。

「照会」とは比べて確認すること

警察では、身元や指紋などの「照会」がしばしば行われています。この場合の「照会」は、警察がアクセスできる情報と比較することによって身元などを確定するものです。

したがって「照会」には、問い合わせたり比較したりすることでものごとを確認するという意味合いがあることになります。

「照会」の使い方(例文)

  • ご照会いただいた件については確認後、折り返しご連絡いたします。
  • 個人情報の照会手続きは、情報管理の観点から慎重に行う必要がある。
  • 身元照会のために、警察官から運転免許証の提示を求められた。

「照会」と「照合」との違いとは

「照合」とは照らし合わせて確認すること

「照会」とは一字違いの「照合」は、照らし合わせて確認することを表した言葉で、熟語をそのまま読み下すことで意味が理解できます。

「原本と照合する」というように、書類や帳簿などのような資料とつき合わせながら内容を確かめるという意味合いで使われる言葉です。

「照合」は複数のもので確認すること

「照会」「照合」の目的は、いずれもものごとを確認することにありますが、確認のしかたに違いがあります。

「照会」は問い合わせることによって、「照合」は複数のものをつき合わせることによって確認するものです。また、「照会」では疑問点をなくすための確認、「照合」では複数のものの間に相違点がないかの確認という点でも異なっています。

しかし警察で行われる「照会」は、実質的には「照合」にあたるものであることから、「照会」と「照合」は同じ意味合いで使うことができるケースもあるといえます。

「照会」と「紹介」との違いとは

「紹介」は仲立ちすること

「照会」と読みが同じ言葉として「紹介」があります。しかし、「紹介」は人と人との間に入って仲立ちすることを表したもので、「照会」とは意味は全く異なるものです。

熟語に用いられている「紹」という文字には「引き合わせる」「間をとりもつ」という意味があります。もうひとつの文字である「介」にも同様に「間に入る」という意味があり、似た意味を持つ文字があわさってできた言葉が「紹介」です。

なお「自己紹介」というように、紹介する人と紹介される一方の人が同一である場合もあります。

「紹介」するものは人に限らない

「紹介」にはものごとを広く知らせるという意味もあり、「おすすめの店を紹介する」「新しいサービスを紹介する」というように使われています。

人と人とを取り持つのではなく、ものごとを誰かに知らしめる場合も「紹介」にあたるものです。なお「紹」と文字が似ていることから、「招介」と書き誤らないように注意が必要です。

「照会」の類語とは

「質問」とは疑問について問いただすこと

「質問」とは、わからないことや知りたいことを問いただすことや、その問いそのもののことを指す言葉です。

「照会」が持っている「問い合わせる」という意味合いと似ていますが、「照会」に比べると日常における個人的な興味・関心について使われることが多い言葉です。

「調査」とは詳しく調べること

「調査」とは、ものごとの実態や動向などを明らかにするために調べることを意味する言葉です。

「調査」の手段としては既存の資料を集めるほか、モニターやアンケートなどさまざまなものがありますが、ものごとを確認するために問い合わせる「照会」もそのなかの一環として活用されます。

「参照」とは資料を照らし合わせること

「参照」とは、ものごとと文書やデータなどの資料を照らし合わせて考えることを表した言葉です。

「照会」では電話などによる問い合わせも含まれますが、「参照」では目に見える文書などを用いることが一般的です。また、「照会」では単に確認するだけにとどまり、考えることまでは含みません。

まとめ

「照会」の意味と使い方のほか、「照合」との違いや類語も解説しました。「照会」はビジネスでよく用いられることから、正確な意味や使い方を理解しておく必要があります。

加えてより正確さを期すなら、わかりやすい言葉で言い替えた方がよいこともあるため、類語も押さえておくと心強いでしょう。