「見てください」の敬語と類語!ビジネスでの使い方を徹底解説

「見てください」は、ただ「見る」だけでなく、確認やチェックの意味でも使える大変便利な表現です。しかし「見てください」は敬語表現ではないため、上司や取引先相手に使うのは失礼になることもあります。具体的な使い方や便利な類語について解説します。

「見てください」を敬語にすると?

「見てください」という言い方は丁寧な表現に思えますが、「見て(見る)」という言葉は敬語ではありません。それぞれの敬語表現についてご紹介します。

「見てください」の尊敬語は「ご覧ください」

「見てください」という場合、相手が主体となりますので、敬語の中でも「尊敬語」を用います。「見る」の尊敬語は「ご覧になる」ですので、「見てください」は「ご覧ください」が適切です。

「この写真を見てください」という言い方を敬語(尊敬語)にすると、「こちらの写真をご覧ください」となります。

英語では「Please have a look at~」

英語で「見てください」という場合には、「Please look~」や「Please see~」を使います。また、「Please have(take)a look at~」も、見てください・ご覧くださいという意味の表現です。「Please have a look at this diagram.(この図を見てください)」という使い方をします。

また、「添付資料をご覧ください」とメールに書く場合には、「Please take a look at the attached file」という表現が一般的です。ビジネスではよく使う表現なので覚えておくと便利です。

「見てください」は意味によって敬語が変わる

「見てください」を文字通り「見る」という意味で使う場合には、先述の「ご覧ください」という言い方でよいのですが、文脈によって「見てください」のニュアンスは異なります。たとえば、「誤りがないか確認してください」という意味で「見てください」ということもあります。

「見てください」の使用シーンや文脈によって敬語表現も使い分けが必要です。

「見てください」の言い換え・類語表現

「見てください」の敬語表現は、「ご覧ください」だけとは限りません。文脈に応じて正しい意味の敬語が使えるよう、ビジネスで便利な言い換え・類語表現を覚えておきましょう。

書類を見てもらう場合

書類の内容を確認してほしいという意味で「見てください」を使う場合には、ストレートに「ご確認ください」という敬語表現がベターです。たとえば、「明日の営業資料です。ご確認ください」というように使います。

「ご確認ください」という表現には、必ずそうするように強制するようなニュアンスが含まれるため、「M社の提案資料をご確認いただけますか?」という風にすると、より丁寧な印象になります。

内容を把握してもらいたい場合

「こちらの書類を見てください」というように、「読んでおいてください」「知っておいてください」という意味で使うことがあります。この場合は、「お読みください」「ご参照ください」と言い換えが可能です。

たとえば、「詳しくはこちらの資料をお読みください」「詳しくは添付の資料をご参照ください」という風に使います。参考程度に見てほしい時にも便利な表現です。

「目を通してください」の敬語

書類などを見ることは「目を通す」とも言います。これを敬語にすると「お目通し頂く」となり、「見てください」の言い換え表現としても使用可能です。

たとえば「次回の提案資料を作成しましたので、お目通しいただけますでしょうか」という風に使います。「お目通しください」という言い方もありますが、相手に見てもらうよう依頼する表現なので、「お目通し頂けますでしょうか」としたほうが丁寧です。

ビジネスメールで使える類語表現

「見てください」はメールでもよく用いられる表現です。口頭で伝える場合とは異なり、ニュアンスがつながりにくいこともあるため、メールではより一層注意が必要です。

添付ファイルは「確認してください」がベター

メールでは、添付ファイルを「見てください」というシーンが多々あります。この場合、「確認してください」という意味で使っている例が大半ですので、「添付ファイルをご確認ください」や「添付資料をご確認いただけますでしょうか」といった表現が適切です。

また、相手に書類を提出する場合には、「ご査収ください」という言い方を使うこともあります。「ご査収」とは、「確認して受け取る」という意味で、「今月分の請求書を送付させていただきます。ご査収の程、よろしくお願いいたします」や「本日の議事録を送付いたしますので、ご査収ください」というふうに使います。

「ご査収」の使い方は以下の記事も参考にしてください。
「ご査収」の意味と返事の仕方とは?使い方の例文と類語も解説

履歴書を送る際は「お目通し」や「ご一読」

書類を送るシーンでもとりわけ気を遣うのが履歴書を提出する場合です。

履歴書をメールで送付する場合には、「お目通しください」や「ご一読ください」といった表現を使います。応募する場合はより丁寧に、「お目通しの程、何卒よろしくお願いいたします」「ご一読くださいますようお願い申し上げます」などとします。

なお、応募者の履歴書を社内選考にかける場合などには、「明日の面接来場者の履歴書です。ご覧ください」や「明日の選考参加者です。ご確認ください」といった表現でも問題ありません。

「様子を見てください」は「確認」の意味

「様子を見る」とは、一旦は保留にして成り行きや状況を見守るような場合に使う表現です。ビジネスシーンでは、案件を保留にしたり、部下の仕事ぶりを見守ったりする際にも使われます。

「様子を見てください」という場合、「ご確認ください」や「ご確認いただけますでしょうか」といった表現が目上の人には適切です。たとえば、「売り上げ動向について、経過をご確認いただけますでしょうか」「販促結果についてご確認ください」といった使い方になります。

一方、自分が「様子を見たい」という場合には、「様子を見させてください」「このまま様子見とさせていただきたく存じます」という表現も可能です。

まとめ

「見てください」は丁寧な表現に聞こえますが、ビジネスシーンで使う際には敬語表現に言い換える必要があります。「見てください」の直接的な敬語表現は「ご覧ください」ですが、文脈によってさまざまな意味になるので、「ご確認の程お願いいたします」「お目通し頂けますでしょうか」など言い換えたほうが適切です。状況に応じて正しく使い分けることで、誤解のないやり取りにつながります。