「承諾書」の意味とは?効力・書き方や「同意書」との違いも解説

「承諾書」とは依頼や要求を受け入れることを確認する書類ですが、一度サインをしてしまったら絶対に破棄できなくなるような法的効力のある書類なのでしょうか。

今回は「承諾書」の意味や使い方の他に、「承諾書」の法的効力や書き方をテンプレートと併せて説明します。また承諾書に似た「同意書」との違いも解説します。

「承諾書」の意味と読み方とは?

「承諾書」とは依頼や要求を受け入れることを確認する書類

「承諾書」とは、承諾書の作成者側からの依頼や要求を受け入れることを確認する書類です。「承諾」とは相手からの依頼や要求に同意して引き受けることを意味していて、「承諾書」では相手の示した条件を引き受けたことを書面上で伝えます。

「承諾書」の読み方は「しょうだくしょ」

「承諾書」は「しょうだくしょ」と読みます。「承諾」は「じょうだく」と濁った読み方もされていましたが、「しょうだく」と読まれるのが一般的です。

また「承諾」という言葉の意味や使い方に関しては、下記のページに詳しく解説してあるのでご参照ください。
「承諾」の意味とは?様々な使い方と用例、「承認」との違いも

「承諾書」は英語で「written consent」

「承諾書」は英語で「written consent」と言います。「written」とは「書かれた」という意味で、「consent」は「承諾」の意味です。「consent」は特に相手からの要求に従うことに同意するという場合に用いられる英単語です。

「承諾書」は他にも「written acceptance(直訳:書かれた受諾)」や「written approval(直訳:書かれた承認)」という英語表現もあります。

「承諾書」の使い方と効力とは?

「内定承諾書」や「入社承諾書」のように使われる

承諾書の代表的な例として「内定承諾書」や「入社承諾書」が挙げられます。

「内定承諾書」とは「内定誓約書」とも呼ばれていて、企業が内定を出す予定の内定候補者が内定を承諾する意思があるかどうかを内定承諾書で伝えます。内定承諾書によって内定候補者の意志が確認されたら、会社は正式に内定を出します。

このような手続きを踏むのは、企業としては内定を出した後に内定者から拒否の意向を受けるトラブルを避けるためです。

「承諾書」の法的効力はない

承諾書には法的効力はありません。しかし内定承諾書により企業側が労働契約が結ばれたと解釈して労働基準法を適用する可能性があります。労働委順豊が適用されれば、入社が2週間以内に迫っているタイミングで内定辞退をすれば損害賠償を請求されるかもしれません。

トラブルを避けるためには、軽い気持ちで「承諾書」にサインをすることはやめましょう。

「承諾書」の書き方とテンプレ―ト

「承諾書」の必須事項と書式

「承諾書」は一般的に承諾を依頼する側が作成する書類で、書式に決まりはありません。承諾する内容と承諾書が交わされる当事者の氏名等が明記されていれば「承諾書」として成立します。

承諾書の必須事項
  • タイトル
  • 宛名
  • 日付
  • 承諾内容
  • 承諾する側の氏名、住所、捺印

「承諾書」のテンプレート

ここでは一般的な承諾書のテンプレートを紹介します。承諾される内容に関しては案件に応じて誤解のないようにわかりやすく記述しましょう。

承諾書のテンプレート

〇〇年〇月〇年

株式会社〇〇〇〇
代表取締役 〇〇〇〇殿

承諾書

件名:

私は表記の案件に関して、下記のとおり承諾いたします。

  1. (承諾されるべき内容について箇条書きで記載)

以上

現住所               
氏名              捺印

内定承諾書を送るときのマナーとは?

承諾書を返送するときは「添え状」をつける

承諾書を返送するときには添え状を付けることが一般的です。添え状は正式な手紙の形式に則って書かれます。日付、宛名、差出人の他に、本文は時候の挨拶に始まり頭語と結語も忘れることなく、同封される書類についても書き入れます。

添え状のテンプレート

〇〇年〇月〇年

株式会社〇〇〇〇
人事部 採用担当者様

住所:東京都〇〇区〇〇1-2-3
電話番号:〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇
Email:aaa@aaa.jp
氏名:(送り主の氏名)

内定承諾書の送付

拝啓

立冬の候、貴社におかれましてはますますのご繁栄を心よりお喜び申し上げます。

この度は、採用内定のご連絡をいただきまして誠にありがとうございました。つきましては、ご指示いただきました下記の書類を送付させていただきますので、ご査収ください。

敬具

  • 内定承諾書 1通

以上

封筒は書類を折らないサイズの白封筒を用意

返信用の封筒は、あらかじめ返信用封筒が内定承諾書と一緒に送付されていればその封筒を使います。

返信用封筒が同封されていなければ、内定承諾書を折らずに入れられる大きさの白封筒を使います。表書きの左下に「内定承諾書在中」と記入しておくと受取人に対して丁寧です。

「承諾書」と「同意書」との違い

「同意書」とは「提示された内容に同意するための書類」

「同意書」とは、条件などを確認したうえで、その内容に同意することを確認するための書類です。同意書にサインをする段階ではすでに条件等の確認は済んでいます。そのため、同意書のサイン後に条件等が変更されることは原則的にありません。

「同意書」は携帯電話や銀行の口座開設などの契約において個人情報の取り扱いに関して同意する場合や、未成年者のアルバイトや宿泊施設での宿泊などで保護者の同意を得る場合などに使われています。

参照:「同意書」の書き方とテンプレートを紹介!承諾書との違いも解説

「承諾書」では新たな希望や要望などを提示できる

「承諾書」は承諾書の作成者側から提示された条件などに合意できるかを確認する書類のため、「承諾書」の段階では提示された条件に対して反対意見や更なる要望などを提示できます。一方「同意書」では条件等の変更はできないという点で「承諾書」とは違います。

まとめ

「承諾書」とは相手からの依頼や要求を受け入れることを確認するための書類です。法的拘束力はないものの、受け手としては承諾書を受け取ればその内容に合意したと受け取られることもあるため慎重にサインをすることが大切です。