「黄泉(よみ)」の意味とは?語源や黄泉の国・神について解説

「黄泉(よみ)」とは「死者の世界」を意味する言葉です。日本神話ではイザナミを連れ戻す話が有名ですが、どこにある世界なのか気になる人もいるでしょう。

この記事では「黄泉」の読み方や語源(由来)、天国や地獄との違いを解説します。くわえて黄泉の国との境目と言われる「黄泉比良坂」や、英語表現も解説しましょう。

「黄泉」の意味と読み方とは?

「黄泉」の意味は「死者の世界」

「黄泉(よみ)」とは日本神話に登場する「死者の世界」です。日本神話では、多くの神を生みだした女神「イザナミ」が、大やけどにより黄泉へと旅立つ物語があります。このことから、人間や神に関わらず、死んだ後に送られる世界だと言われています。

「黄泉」の読み方は「よみ」

「黄泉」の読み方は「よみ」です。「こうせん」や「よみじ」などの読み方もあり、意味は変わらず「死者の世界」を表します。ただ、「よみじ」と読む場合「黄泉への道」という意味が加えられるため、単に「死者の世界」を表す場合は「よみ」と読むのが一般的です。

「黄泉」の語源・由来は「漢語」にある

「黄泉」の語源・由来には漢語が関係しています。日本では「死者の世界」という意味で「よみ」という言葉が使われており、そこへ古代中国から伝わった「黄泉」という漢語を当てはめました。

漢語の「黄泉」は「こうせん」と読み、「地下の泉」を意味します。ただ、「黄泉」の語源は諸説あり、「夜見(よみ)」が由来しているという説や、「闇(やみ)」の音が変化したという説などもあります。

「黄泉国」や「黄泉の国」とも言う

「黄泉」は「黄泉国(よみのくに/よもつくに)」や「黄泉の国」とも呼ばれます。『日本書紀』では死者の世界を「黄泉」と、『古事記』では「黄泉国」と記されています。名称に差はありますが、どれも「死者の世界」を表す言葉です。

「黄泉」の場所やそこにいる神とは?

「黄泉」は地下にあるとされる

「黄泉」は地下にある世界だと言われています。理由は「黄泉」の語源となった「黄泉(こうせん)」が「地下の泉」を意味することから、黄泉も地下にあると言われているのです。ただ、『古事記』や『日本書紀』には黄泉の場所についての詳しい情報が記されていないため、地下にあるとは言い切れません。

また、「やま(山)」の音が変化して「よみ(黄泉)」と呼ばれるようになったという説もあるため、黄泉は山にあるという考えもあります。

「黄泉比良坂」は黄泉と現世の境目

「黄泉比良坂(よもつひらさか)」は、黄泉と現世の境目にあるとされる坂です。日本神話では、大やけどを負って亡くなった「イザナミ」を追いかけ、夫「イザナギ」が黄泉へ向かう様子が描かれています。ともに帰ろうと説得を試みるイザナギですが、腐ったイザナミの体を見て、彼は逃げ出してしまいます。

生と死の境目までなんとか逃げたイザナギは、黄泉に繋がる道を大きな岩で塞ぎ、イザナミが追いかけてこないようにしたのでした。神話に登場する「生と死の境目」が「黄泉比良坂」のことであり、現在では石碑が置かれています。

「黄泉」は「天国」や「地獄」とは違う

「黄泉」は「天国」や「地獄」とは別の世界です。「天国」はキリスト教から、「地獄」は仏教から取り入れられた世界であるため、日本神話に登場する「黄泉」よりも後に日本に広まりました。

「黄泉」と「地獄」は混同されがちですが、「黄泉」は「死者の魂が行く世界」であるのに対し、「地獄」は「悪い行いをした者が罰を受けるために送られる場所」という違いがあります。

「黄泉神」は黄泉にいる神

「黄泉神(よもつかみ)」とは、黄泉にいるとされる神です。日本神話では、現世へと帰りたいイザナミが、そのことを黄泉神に相談する様子が描かれています。その後の物語では、イザナギが恐れをなして逃げ帰ったため、イザナミは「黄泉津大神(よもつおおかみ)」に名を変えて黄泉に残りました。

「黄泉」に関連するワードを紹介

「ヨモツヘグイ」は黄泉のモノを食べる行為

「ヨモツヘグイ」とは「黄泉のモノを食べること」を意味します。黄泉の食べ物を口にすると黄泉の住人として認められ、現世へ帰れなくなると恐れられていました。日本神話のなかでは、イザナミがイザナギとともに帰れなかった理由は「ヨモツヘグイ」を行っていたからだと記されています。

以下の記事では「ヨモツヘグイ」について詳しい解説をしているので、あわせて参考にしてみてください。

「ヨモツヘグイ」とは?漢字や桃との関係性・海外の似た話も解説

「よみがえる」の語源は「黄泉」にある

「死んだ人が生き返ること」を意味する「よみがえる(蘇る)」の語源は「黄泉」にあります。「よみがえる」は本来「黄泉帰る」と表し、「黄泉から生きて帰ってくること」を意味していました。

その後、「蘇生」などで使われる「蘇」という漢字が当てられ、「蘇る」という形で使うようになったのです。

「黄泉」は英語で「Yomi」

「黄泉」は英語で「Yomi」と表します。固有名詞である「黄泉」には適した英語表現がないため、ローマ字で表すことになるのです。また「Yomi」では伝わりにくいと感じる場合は、「Hades」が使われることもあります。

「Hades」とはギリシャ神話に登場する死者の世界「冥府」を表しており、「黄泉」と類似した世界であることから「Hades」と表されます。

まとめ

「黄泉」とは日本神話に登場する「死者の世界」です。語源となった「黄泉(こうせん)」が地下の泉を意味することから「黄泉」も地下にあると言われていますが、諸説あるため真偽は不明です。「天国」や「地獄」とは別の世界であるため、混同しないようにしましょう。

ABOUT US

hana
大阪在住の新人ライターです。学生時代にビジネスマナーや医療事務・秘書などの検定を取得し、前職は医療秘書として医院勤めでした。料理とスポーツが得意なので、いつか記事にできたらなと思っています。よろしくお願いします。